家族

夫婦で同時期に入院された方々がいた

診断は、夫婦ともに末期ガンであった

余命としては、旦那さんの方が早いと言われていた

しかし実際は奥さんのほうが早く亡くなられた

奥さんが亡くなる前の数日間は、旦那さんや娘さんが病室につきっきりであった

旦那さんも決して状態は良くないので、点滴をしながら

自分の部屋と奥さんの部屋を往復しながらつきそっていた

そして数日後に奥さんは亡くなられた

旦那さんは病院から外泊をして、奥さんの葬儀の喪主をつとめた

そして娘さんにこう言った

「俺も少ししたらこうなっちゃうんだな。。。」

葬儀は終わり、旦那さんは病院に戻ってきた

だいぶ無理をしたのだろう、明らかに体調は悪そうな状態であった

今度は娘さんが旦那さんに付き添い続けた

その数日後、旦那さんは亡くなられた

亡くなる前の日、旦那さんは自分にこう言った

「今まで娘とは絶縁状態で、会うことすらほとんどなかったんだ。

 それがこの病気になって、こんなに話すようになるなんて。。。

 この病気になってかえって良かったことだよ。」

そう話す旦那さんの表情は笑顔であった

どんなに仲が悪くても、家族はかけがえのないものなんだとつくづく感じた

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のおとこの 看護師さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。