【第1章】あなたを笑顔で幸せにしたい〔第3話〕

1 / 2 ページ

男には決断というか、覚悟を決めないといけない理由があった。



なぜなら、男には嫁と子供がいたのである。



だから、子供をおろすと聞いた時、子供がいる男にとっては命を消すことは信じられなかった。



男の覚悟は『遠くから見守ってアドバイスしてもダメだ、また違う男と付き合ってしまったら、一途で素直な女性だから、悪い男の影響を受けてしまう、俺と付き合って、俺の影響を受けて欲しい』そう覚悟して男が女性を食事に誘ったのは、女性が子供をおろして、病院から退院して間もない頃だった。



後から聞いた話、男からの食事の誘いの他に、他の男2人にも同時に誘われていたらしい。



さすがに魅力のある良い女には、男からの誘いが絶えない、彼氏がころころ変わるのも分かる気がした。



その中から、結婚して嫁も子供いるのに、俺を選んでくれた『ありがとう』と男は心から感謝した。



そして、初デート日、行き先も決めていないまま、ドライブした、いっぱい話をした、とにかく男は女性を笑顔にしたい、喜ばしたい、楽しませたい。



その後、カラオケもしたりして、俺の想いをのせて、笑顔で幸せな人生にするためのアドバイスが始まった。



それから、男は女性に毎日会った、男は、一緒にいる時間が長ければ長いほど、一緒にいる人の影響を受けることを知っていたのである。



もし、あの時、俺の食事の誘いを断わって、他の男のところに行っていたら、また同じことを女性は繰り返していただろう、自分が変わらなければ、また同じタイプの人を好きになってしまう、普通なら、男に嫁と子供がいる時点で、恋愛対象外だ。


みんなの読んで良かった!