夢や希望は?と問われても答えることができなかった中学生を通して考えたこと

後編: 定年後うつの再燃から回復を支えたのは経済的自立をしたいと思う父の思い

中学生になったばかりの彼は 部活・試験 初めての出来事をどう頑張ったらいいのかわからない。問題を起こし、大人に否定され続けていた   


問題を起こすたび「もういいかげんにしてほしい」精神的に追い込まれた母親が言った。

学校では成績が急降下、忘れ物、遅刻、脱走、さらにどんどん授業に遅れ、学校にまで居場所がなくなった。行きつく先は繁華街、日中はゲームセンター、夜はゲーム、親はスマホをかってくれないだけど、周りは持っている。自分だけは取り残される孤独感、俺は不幸だ 俺は不幸だそう叫ぶしかできなかった。

親はこづかいもくれくなった。だから、遊ぶお金は祖父の財布から、最初は100円だったのが、お札を抜き取ることも平気になってしまった。もう止めれれない。そういってもがく彼は暴れることで、SOSをだしていた。





そんな彼は、多くの大人がかかるようになった。その中で ようやく信用できそうな大人と出会えた 一時的な出会いであったが、自分をほめてくれたのだ。

相変わらず、学校・家では 否定しかされない日々 繰り返す問題行動に、中学校教諭が「夢はないのか?」「やりたいことはないのか?」「今からコツコツがんばれば必ずできる」的な熱く素晴らしい語りに親たちはうなずいていたが、彼には伝わらなかった。


ただ今の自分を何とかしたい、自分を変えたい、どうしたらええか、教えてほしい

時間通りに学校に行くこと。授業中は座って聞くこと。と言われたらできる。具体的な指示ならこなせる、こなした数だけ誉めてくれる、ほめられると悪い気がしない、意外とおれっていいやつかな?そう少しずつ思えてくる。自室やトイレにこもっていた日々から 外へ出たくなってきた。睨みつけていた親を睨まなくてすむことが増えてきた。中間テストより期末テストのほうが、点数上がっている。勉強ちょっとおもしろいかもしれない、ちょっとだけやけど なんか面白いかも。次のテストはもっと点数あげたいと思った。


その気持ちを大人に話した。「おまえならできる!」と言ってくれた。うれしかった。


マズローの欲求段階の図が頭に浮かんだ


生理的欲求 安全欲求を満たして 人としてつながって認められて 自己実現欲求につながる。

自己実現って結構ハードル高い。

子どもの夢を応援するため、まずは「食う寝る」を見直してみませんか? 

まずは大人から  



本日も拙い文章 読んでくださりありがとうございました 


 










 





続きのストーリーはこちら!

定年後うつの再燃から回復を支えたのは経済的自立をしたいと思う父の思い

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。