【第2章】あなたを笑顔で幸せにしたい〔第1話〕

すこの話は、愛する女性を笑顔で幸せにしたいと覚悟を決めた男の恋愛ストーリーである…。



女性から「私は今、すごく幸せです」と言わせることができたのには理由があった。



それは、男が他の男には負けない自信がある理由と同じだからである。



それは何かというと、サプライズ好きで、365日を誕生日だと考える、普通が嫌いな男なのです。



だから、男は女性にあげれる物はすべてあげた。



もともと、男が持っている物をあげたので、お金をかけた訳じゃないけど、女性が欲しいと言った物や、男が女性に「これ、欲しい?」と聞いて、女性が欲しいと言った物をあげたので、とても女性は喜んだ。



あと、女性が言われたら、喜ぶような言葉をチョイスして、言ってあげたりしたので、幸せな気分にさせるのは、男は得意だった。



逆に男が幸せになるように、女性にアドバイスをしたことがある。



それは、男以外の他の人も幸せにできるアドバイスで、しかも、女性も幸せになるアドバイスをしました。



それは何かというと、『笑顔でいること』を教えました。



男は女性に初めて会った時に笑顔が印象的だった。



その衝撃は、一目惚れするほどなので、これは女性の長所であり、最高の武器であると男は考えた。



しかし、女性が笑顔の時は、自分もまわりも幸せにすることができるのに、感情が表に出やすい性格なので、不機嫌な時は態度が最悪で、まわりの雰囲気も悪くなってました。



人間なので、ずっと笑顔でいることは難しいけど、意識するだけで、だいぶ笑顔でいることができるので、男が女性に笑っていて欲しいなと思いました。



後から聞いた話、女性が笑顔でいたら最高なのにと言った人は、男以外でも多数いました(笑)



それからも、女性が笑顔で幸せになるためのアドバイスが続きます。



この話の続きはまた次回。



最後までお読みいただいてありがとうございます。    



出逢いに感謝◎    



成功伝道師☆菅野兼示    



前回の記事を見逃した方は、こちらからバックナンバーが見れます↓↓↓↓↓↓    



★アメブロ

著者の菅野 兼示さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。