☆滅ぼし物語☆1期7章

1 / 3 ページ

☆滅ぼし物語☆

第7章

シゼン村が燃えて煙があがっていた。それを見たミナは一人で村に走っていってしまった。ミナを追いかけるユーリとソルだったが、村の中にはバットデビィが数えきれない程いた。襲われている村人を助け、バットデビィを追い払うことに成功すると、少し奥の家でミナのお父さんは死んでしまい、ミナは涙を流す。宿屋で朝を迎えるとともにユーリたちは神秘の洞窟にいるバットデビルを討伐しに向かう。

この物語は魔界に連れ去られた少年の一生を描くストーリーである。

1話(神秘の洞窟)

ユーリたちは楽しく話していると竜の谷を越えて、6Km程歩くと分かれ道に到着した。右は栄える街、左が灼熱の道、真ん中が神秘の洞窟で栄える街は寄らないので選択肢は2つだった。

ユーリ「このまま神秘の洞窟に向かうぞ」

ソルとミナはうなづくと神秘の洞窟へと足を進めた。

ミナ「ユーリ、ソルの影が少し濃いような気がするのは気のせいかな?」

ユーリ「そうだな・・・不思議だ」

(タッタッタッタッ)

4Km程歩くと微かに洞窟が見えてきた。その時、地面が揺れ始めた。

1話 完

2話(察知)

地面が揺れて小さな地割れが発生するとユーリはすかさずソルとミナに逃げる準備をしろと指示する。

ユーリ「何かが来るっ!!」

ユーリが剣を抜こうと手をかけた瞬間、地面から奇妙なモンスターが姿を現した。

モンスター「キュイィィ!!」

ミナ「もうっ!休む暇も無いのね」

ソル「そうだな!」

モンスターは奇妙な動きをしながらソルに近づいていく。ユーリはなにかを察知したのか、モンスターに腕に素早く剣を一閃させた。

2話 完

3話(マリーマフの脅威)

ユーリの攻撃が効いたのか、モンスターは鳴き声を上げると5歩程後ろに下がった。ふとユーリは剣を見ると黒い血が付着していた。

ユーリ「危なそうだな。拭き取っておこう」

ユーリは黒い血を布で素早く拭き取ると、剣を再びモンスターに向ける。

ミナ「そいつはマリーマフだったと思う」

ソル「なんだそいつは?!」

話しながらソルとミナも戦闘態勢に入る。その時、マリーマフの動きが疾風の如く素早くユーリに近づくと爪で引っ掻いてきた。ユーリは軽い身のこなしで爪の攻撃をかわしていくが最後の一撃を受けてしまう。

3話 完

☆マリーマフ☆
  説明、地底で生息している獣。普段は地上には出てこないのだが、なにかの脅威を感じて姿を現す。目撃情報が多くなると世界の終わりが近いとされている。見た目はおとなしそうに見えるが非常に凶暴。主に爪で引っ掻いてきたり体当たりなどをする。怒ると素早さが凄く早くなり、標的に的確に攻撃を連続で繰り出してくる。ほとんどは回避できるが最後の一撃を逃れることはできない。遭遇する前にとおくに移動しておくのが得策。

4話(マリーマフとの戦闘「1」)

ユーリはマリーマフの攻撃を受けると後ろに倒れそうになったがなんとか堪えた。

ユーリ「くっ!!」

ミナ「援護するわっ!!」

マリーマフの爪が運良く肩辺りに当たったらしく大事に至らなかったがあと少しずれていたら頭に当たっていた。

ソル「俺も戦うっ!!」

ソルは叫び声とともに剣をもってマリーマフに突っ込んでいった。

ユーリ「爪に気をつけろっ!」

ソルは素早くマリーマフに近づくと頭に剣を振り下ろした。

4話 完

5話(マリーマフとの戦闘「2」)

運がよかったのか、マリーマフはユーリを攻撃対象にしていたのでソルの攻撃は見事に当たった。

ソル「やったか?!」

マリーマフ「キュイィィ・・・」

マリーマフが倒れてないことを確認したミナがソルの後ろから弓矢を放った。矢はマリーマフの頭に吸い込まれるように当たっていく。

ユーリ「まだだっ!油断するな!!」

ソル「わかってるっ!!」

傷ついて血が流しているにもかかわらずマリーマフは態勢を立て直すとミナに体当たりしようと突進してきた。

5話 完

6話(マリーマフとの戦闘「3」)

ミナはマリーマフの体当たりを横にステップしてギリギリかわすと素早く距離をとる。

ミナ「危なかったわ」

ユーリ「トドメをさすぞっ!!」

大声で叫びながらユーリは素早くマリーマフに近づくと剣を弧を描くように振り下ろした。不意をつかれたのか、ユーリの攻撃はマリーマフの胸の辺りに当たる。

マリーマフ「キュイィィ・・・・」

短い鳴き声を出しながら大地に伏して動かなくなった。

6話 完

7話(洞窟の中へ)

ユーリたちはほっとため息するとともに武器収めた。大地に伏しているマリーマフを見ると喜びの声が漏れる。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の高橋 ひろりんさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。