30歳で脳の1/5が無いことを知って、心と精神が大振れ、でも○○だったことに気付けて、人生変わったという話

1 / 9 ページ



学生を卒業した後、機械のエンジニアや設計開発の仕事を就いていました。

人よりも機械を信用していたような人間でしたが、特に不満もなく、それなりに充実していました。


それが、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロをきっかけに、いろんな人や問題意識と出会うようになります。


いつの間にか、環境や存在を変化しても、問題の解決には限界があることを感じ始めます。次第に、関心が「人の変化」へと向かうようになり、その答えを求めて、いろんなジャンルの人に話を聞いて回っていました。

ふとした出会いから納得できる教育コンテンツと出会うことになります。

この話は、人づくりの世界に転職して、3年目の年末から、一年ほど療養していた時に起きた話です。


体は丈夫だったのに、突然めまいが止まらなくなる

2006年12月のことです。

毎年この時期は一年の中で一番忙しい時期です。この年も疲労とストレスが蓄積していました。


もともと、コミュニケーションは苦手な人間です。彼女からは「何を考えているのか分からない」と言われ、感じていることを言葉にするのに、三日もかかってしまうというあり様でした。ものづくりとは畑違いという事もあり、思っている以上に疲れていたのかもしれません。


忙しい真っ只中のある日、突然、身体におかしな症状がおき始めます。

お客さんと見積もりの話しをしている最中に、目の前が回り始め、止まらなくなったんです。


お客さんはもちろん、周りの景色から、目に入るすべての認識している世界が回り始めました。

10分ほどたっても治まる気配がありません。

「これじゃぁ、仕事にならないなー」

どうしようもなく、とりあえず現場は後輩にまかせ、身体を落ち着かせようと、車の中で休むことにします。


結局、数日たってもめまいは治まらず、病院へ行くことに。

内科に行き、耳鼻科を紹介され、メニエル病と診断を受けました。

分けが分からない状態だったので、病名が特定されただけで、なんだかホッとしていました。


その後、精密検査をしたり、お薬ももらいましたが、回復しません。

結果、メニエル病ではないねと診断を受けます。

その後、数ヶ月、原因が分からないまま、過ごすことになりました。


とはいっても、ただ目が回っているだけです。負担にならない程度の簡単な業務は受けていました。

身体を休めていれば良くなるだろうと、かなり楽観的な考え方をしていました。

みんなの読んで良かった!