アルバム世界配信。その辺りの手続きを昨日今日してみて、今。(詳細大長編)

2 / 3 ページ

僕はそういうイベント業を本業でやりたいんです(`・ω・´)


この事業の最終地点としては、ヨーロッパらへんに、ライブハウスにも映画館にもなるハコを作りたいんです。(`・ω・´)


日本から来るバンドさんの宿泊施設にもなるハコ。




誰か手伝ってください。










お客さんのところは禁煙にしますけど。












(`・ω・´)だって。。










脱線しました。










次です。デジタルアルバム配信の値段。ドッキューン↓

単価$27。還元が$24.57。(以前も、このアルバム出すバンドYellow Studsさんと僕の会社との利益配分率を書きましたが、誰かがアルバム買ってくれると[広告とかの費用引くんですけど] このうち70%がYellow Studsさんに、30%がぼくの会社に行くって寸法です。)


あと、デジタル配信の方にも『誰かにプレゼントすると半額になる』的なのがあればなぁと思ったのですが、無いです。僕はめげません。





次です。一曲ごとのお値段。こうしました。ズッキューン。↓

(※ちなみに、日本語題名横の英題は、僕が勝手に付けた訳です。さらにちなみに、大文字小文字の自由度は、CD BabyもTuneCoreもまったく同じでした。あまり自由がない。例えば『トビラ / Door』は、『トビラ』というカタカナ表記に(なんとなく)対応するように『DOOR』と大文字で入れたかったんですが、できませんでした。また、『僭越ながら / Only If I May, But』と『生きてるフリ / Pretending I'm Alive』と『また会おう / I'll See You Again』は、ちょっと哀愁のある感じの題名に見せたかったので、それぞれ『Only if I may, but』、『Pretending I'm alive』、『I'll see you again』となるべく単語の先頭には小文字を使いたかったのですが、叶わず。


あ。ちなみに詩の英訳も基本的に僕がやってます。超悩みますが。クラウドコレクティング(?集団添削?)的な感じで、英語添削できる海外の人に手伝ってもらって、それでさらにファンになってくれないかなという淡い期待を込めてこんなFacebookグループをやってます。https://www.facebook.com/groups/1430990107168398/




脱線しました。




一曲一曲の値段ですが、12曲のうち、『コメディ』と『秋晴れの空』の2曲はタダにしました。Yellow Studsさんは、すでに『コメディ』と『秋晴れの空』っていう2曲をフルバージョンでYouTubeでアップしてます。そんなら曲もタダにする覚悟があると判断。(リーダーさんから『全部好きに決めていいよ』って言われてるので好きに決めてます。僕はけっこうビビリなのでこういうの決めるの悩むんですが。最低限の相談と報告はしてます。)


で、彼らも雑誌のインタビューで言ってましたが、売れ線の曲を作ろうって意識もある。じゃぁ売れ線な曲をちょっと安めにすることで、『アルバムまるごとは買うの躊躇うけど、数曲だけ買う』人たちによしんばYellow Studsさんをより好きになってもらうため、『トビラ』と『SNS』という、売れ線っぽい(僕個人の偏見たっぷりです)曲をほかの曲の半額にしてみました。でも今思うと、『SNS』よりも『脱線』だったかな、売れ線。どうでしょ。『脱線』が売れ線かぁ・・。なるほど。



ほかの理由もあったような気もしますが、思い出せないので、値段の話はここまでにします。こういうマーケティング(?)的なことは自分で考えたり決めたり相談したりしてて楽しいのですが、今まで音楽とかの仕事とかやったことない小童でございます。ぜひご指摘やご感想を頂戴したいです。



※ちなみに『トビラ』は、TVのCMで使われてる曲です。例のサントリーの松田翔太さんのチューハイのCMです。超かっこいいです。


http://www.youtube.com/watch?v=K8D67uIErQc





2.自分所有のサイトにも、Facebookページにすら(!)販売を設置できる。


まだ僕、ぼくの事業用のサイト作ってない(!!)んで、これ助かります。


※Yellow Studsさんのリーダー(?)はサイトも作れる人なんで頼んじゃうかも知れませんが、でも自分で一回作りあげてみたいんです。多分Wix使うかと。


↑関係ない。




3.登録してから販売開始までの時間が短い。


ネットで僕が8時間くらいで調べた限りですが、


『CD Baby』を含め、アメリカに身を置く配信業者だと、登録して楽曲データ入れたりしてから実際にiTunes配信が始まるまで(iTunes以外のところは分かりません)が、すべからく早い印象を持ちました。大体数時間~2日程度。運が悪いとiTunesの楽曲パトロールくらって数週間かかることもあると書いてる配信業者も一部ありましたし、本当だと思うんですが、基本的にはそんなに時間はかからないとのこと。


一方、ロンドンにある配信業者は『iTunesでも数週間はかかるんよ。でもそれはiTunesのせいであって、うちらじゃどうしようも無いんよ。だからリリースしたい日の最低4~6週間くらい前には楽曲アップデートを済ませてちょ』って言ってました。




( ´Д`)=3 フゥ 長く書きました。






まとめます。







Yellow Studs(イエロースタッズ)さんというバンドの新しいアルバムが


6月18日に出るようにがんばりました。


あと4日後?


ヮ(゚д゚)ォ!

著者のTanaka Junichiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。