僕は僕のために

自分が何をしたいか分かっていれば苦労はしない。51歳になった今でさえ、僕はどこへ行こうとしているのかハッキリ分かっているわけではないんだ。アマゾンで小説を書いてみたり、25年ぶりに絵を描いてみたり。僕はあるきっかけで、少なくともやり残しはないように生きていきたいと思っている。残り時間は少ないんだ、思っている以上に。だから思いついたことは片っ端から片付けている。やりたいことはやりなさい、とある人に言われた。だから、やるんだ。僕は僕のために。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の中田 孝一さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。