エレベーターのクソみたいな話

「お前らはエレベーターのボタンとか『そんなのUX改善で一発じゃん』とか思ってるだろうけど昭和ではエレベーター一機一機に若い女性が乗っていて音声対応してくれていたんだよ。俺達は幸せ者だったよ」とかいうクソみたいな話を一生してやろうと思ってます。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の阿部 高明さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。