「あなたがお金と時間をかけてきたもの」…その4能力開発編

  こんばんは~

  前回は、時間を使った事として、
中学の時の受験勉強の為の「道具」
開発のお話をしました。


 今回は、その受験勉強の合間に、
「自分の能力」開発の話を
思い出してみたいと思います。


 当時、雑誌などで、ぷちブームとも
言えたのが、ピラミッドパワー。
ご存知の方もいるかも知れません。

 四角錐(最近の話では四角錐では
無いらしいです…だから効果が
無かったの?(笑))

の枠組みの中に切れなくなった
カミソリを入れておいたら、
キレるようになったとか、


バナナを入れたら、長持ちしたとか…。

 そんなピラミッド・パワーの
恩恵に預かろうと、当時は、本屋さんや
図書館で、情報を集めまくりました。

 確か「ムー」という雑誌を初めて
読んだのはこの頃です。

「ムー」は今も読んでいます
(立ち読みで…(汗))

 ある日、TVでピラミッドパワーの
放映があり、その効果に刺激され、
実際に、四角錐のモデルを作って
みました。


 一辺の棒の長さを精密に測って切断。

 ピラミッドパワーのモデルを構成する
棒の長さの比率が異なれば、パワーは
出ないような気がして、かなり気を
使いながら(まさに減りすらして)
作りました。


 棒と棒の接合方法は、どのようにした
のか記憶がありません。


 何とか組んで完成した後、その中に
カミソリをいれたり、食べ物を入れたり
しましたが、残念ながら、TVで言っていた
効果は感じれず…。


 それでも勿体無いので、勉強机の椅子の
真上に吊るして、頭をいれて勉強したりも…。
(笑)


 その他、睡眠学習にも興味がありましたが、
機器が高価で手を出せませんでした。

(しかし、インチキ商法だったという噂も
あり、手を出さなくてよかったのかも)


 能力開発とは別に、勉強の効率化にも
取り組んでいました。

 効率良く学習するために、学校から帰ると、
一度、仮眠して、風呂に入って目を覚まして
させて夜中に勉強し、朝方にまた仮眠して
学校にいくような実験もしていた。

 このやり方は、勉強自体は集中力が高まり、
効率が上がる反面、学校で凄く眠くなり、
授業は殆どぼや~とするという、デメリットが
ありました。


 習慣化するために、毎日同じようにして
いたので、テストの時も殆ど、このペースで
やって、

…頭がぼ~とする時間帯の教科の成績は散々
だった記憶があります。

 テスト前数週間前から、睡眠時間を
元の生活に戻して、テストに集中
できるようにしました。

 受験自体、受け身にならず、自分主体で
進められたのが良かったのかなと思う反面、


受け身にならなかった理由として、周りを
信じれなかったので自己責任で全てを
進めるという問題をこの頃から抱えていた
のかも知れません。


 …後、受験勉強で培ったノートや教材を、
家庭教師や塾の講師のアルバイトの時に
生徒さんにも作ってもらいました。


 相性もあったと思いますが、幸い、全員
合格できたという実績は残りました。


 次回は、バイトで買ったパソコン編です。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。