たとえ上司のミスでも先にあやまるという選択ができた社会人一年目の経験

1 / 2 ページ



私が社会人一年目のときのこと

子どもたちの生活発表会準備に忙しい時だった

一緒に組んでいた大先輩の保育士は 

運動会・発表会では子どもに高いハードルを与える

おもらしや子ども同士の衝突が増えることも多々

なぜにそこまでさせるのか?反感を持っていた

しかし運動会当日の子どもたちはやりきった

思わず私も感動してしまった

可能性を信じてやり遂げることの意味を確認した

しかし、時代はゆとり教育全盛期 

根性世代の私は 何が正しいのか?自分はどう思うのか?

迷って 迷って迷いまくっていた


そんなこんなでむかえる生活発表会

もちろん毎日泣きながら練習す子が続出

練習中に加熱してきた上司のイライラは

私のピアノ演奏の下手さに

「わたしがやる!!」とピアノをひいたとたん

「あんた。わざとやってんのか??」

と怒りむき出しで私の方に向かってくる

殴られるかと思うほどの勢い

これには・・ さすがに・・私もプチン きれちゃって…



「はあ!!私がわざと?何をしたと?」

「もうやってられへん!!」

と言い捨て、部屋の扉を乱暴にしめた

子どもたちが凍り付く雰囲気を背後に感じながら

部屋に戻ると 淡々と給食の準備をし

言葉も発せず 業務をこなした

勤務を終えた時、園長に向かって

「すみません・・明日からこれません」

と一言だけ もちろんなだめすかされたが

どんな言葉も入ってこない

 

尋常でない雰囲気を感じた先輩と園長

私の帰宅後に 上司の切れた理由を確認

ピアノのペダルが弱音なっていたから

みんなの読んで良かった!