自分とは何か。

GIDか?FtMか?と
疑い始めたのは二十歳の頃。
何せレディースに興味がなかった
服は全部母親に買ってもらってた
女性らしくしなさい!と
祖母の口癖が本当に嫌だった。
俺と兄貴の間には弟がいるはずだったが
会えることはなかった。
その母親の前に弟が現れて
『お母さん生まれ変わって帰ってきます』
…そう言って消えてったそう。

そして、俺が産まれた。
そんな話を聞かされて
え?弟の生まれ変わりなら
ほんまは男として生まれるはずじゃ?
中学時代、漠然と疑問だったが
頭おかしいんだと封印するに至る。
中学時代の将来の夢は
なぜか、ホスト。
カウンターレディも経験してみたが
チヤホヤのされ方に違和感。
女の子としてチヤホヤされたいわけじゃないと。
男性とも普通に付き合ったりしてたけど
自分の違和感というか変な感覚は
消えることはなく…

二十歳の夜、居酒屋で
母親を呼び出し

『もうレディース嫌やから
メンズ一本でいきます』

これが俺のカミングアウトの始まり…

著者の徳留 真さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。