ダラダラするなら「リバ邸渋谷」に行け。リバ邸で得た、9つの刺激・気づき。

(このストーリーは、僕のブログ「わたぽんWorld@UK」で書いたものを、再編集したものです。)


リバ邸


最近よく聞くんじゃないですか?英語で自由を意味する"Liverty"と掛け合わせてるんでしょうね。なかなかうまいネーミングだと思っています。



リバ邸って何?

もしそんな人がいるなら、こちらの記事をどうぞ。

リバ邸の解説、何ができるか、書いてあります。


BASEなどサービスが続々と生み出されるクリエイティブなシェアハウス「リバ邸」に住み始めてからBMLリリースまで


簡単に言うと、誰でも自由に来ていい、シェアハウス。何かをしたい人が集まってます。

そんな、リバ邸について書く前に、訪問前のことから書き出したいと思います。



渋谷でさまよい、着いたのは夜中の0時

渋谷といえば、言わずと知れた大都市。

一応事前に、Twitterを通してリバ邸渋谷に連絡しておいて、夜10時に渋谷のとある待ち合わせ場所のコンビニへ。

イルミネーションを潜り抜けてきた僕は、「ついにリバ邸に行ける!」と興奮気味。



しかしおかしい。



たしか1時間ほど、そこで待っていました。

周りにはタバコを吸う若者や、飲み終えたサラリーマン。


その中で、でかいボストンバッグを抱えた僕は、立ち尽くしていました。
そう、僕は京都から東京まで来ていたのでした。


最も大きな問題は、僕はスマホを持ってないってこと。笑

それまでTwitterで連絡をとっていた僕は、連絡しようにもできず、ただ待っていました。

電話番号は教えておいたので、いつか連絡くるだろうと。


結局1時間、コンビニの明かりを使って本を読みながら、大都市・渋谷で独りぼっち。
僕のガラケーが活躍することはありませんでした。


その日の夜は、2時半から恵比寿のRacers CafeというところでF1観戦予定だったので、待ちきれず、待ち合わせ場所を去ることに。


たまたま見つけたWi-Fiでツイート


レース観戦までは、あと3時間以上。

なにもすることがない僕は、見知らぬ東京のイルミネーションの中をさまよってました。

渋谷のマクドに入ってみてWi-Fiを探すも見つからず、街中にあふれる若者がはしゃぐ姿を見て、ため息をつく。

渋谷にはもはや、用はない。そう思って恵比寿に移動し、ネカフェを探すことにしました。


ちょうど良い感じのネカフェが、駅を降りてすぐのところにあったので、ビルの前で入ろうか、どうしようかと思案。というのも、僕はネカフェに入ったことがなかったので、ちょっと怖かったんです。

看板とにらめっこし、数分後、入ることを決意。


ガラケーが震えたのは、その時でした。


正直、少し迷いはありました。

だって恵比寿までわざわざ電車で来たのに、またお金を払って渋谷に行くのか、と。

リバ邸に行ったって、1時間ちょいしかいれないだろう、と。

今から行ってなんの意味がある?

リバ邸渋谷
今から来てもいいけど、どうする?


時刻は夜11時45分頃、僕は恵比寿から再び、渋谷の待ち合わせを目指すことに。

なんのために今、東京にいるのか。それはネカフェでダラダラするためじゃない。

少し揺れていた僕の心は、この質問に対して素直な答えを導きました。

行きます。今すぐ向かいます!


着いたときには0時は過ぎてました(笑)


リバ邸渋谷に訪れる際は、ちゃんと連絡を取りましょう!あと、スマホ買うべき。



元世界チャンピオンとの出会い

案内されてお邪魔した、リバ邸渋谷。

中には10人くらい?いました。


まずは軽く自己紹介。


「この人も今日、リバ邸に泊まるよ」

「何人かはもうすぐ帰っちゃうかなー」

「あ、この人、スマブラ世界チャンピオン」

「元チャンピオンね。」


……えっ、えええええ!!???


こうして、いきなり衝撃的な人との出会い。

遊びにこられていたそうで、僕が来てすぐ帰ってしまいましたが。


リバ邸、うわさ通り、おもしろそうなところ。



in English

ソファに座ってると、続いて住民の方が、色々話しかけてくれます。

驚いたのは、英語話せる人が多い。

僕がイギリスの大学に進学すると言うと、急に会話が英語に!

下手な会社よりすごいぞ、リバ邸。

話す内容も、大企業のような堅苦しさが全くなく、おもしろいですからね(笑)


楽しい会話と出迎えの後、シャワーを使わしてもらいました。


気になったのは、しゃべってる人もいれば、集中してPCいじって人も。

皆したいことしてるって感じです。


ちなみにですが、リバ邸に泊まったり、シャワー借りたりすることができます。

ヒッチハイクも使えば、食費のみで旅なんてことも。



リバ邸渋谷、9つの刺激・気づき

さて、ここからはリバ邸渋谷に行って気付いた、刺激を受けた9つのことを書いていきます。


①スピーディな行動

ウェブサイト作りしてるところを、見学させてもらいました。ようは彼らの仕事風景です。

PCを前に、ホワイトボードも使って、アイデアをどんどん出してく。そしてスパッと決める。

とにかく仕事が早い!

自分も何か動き出したくなってきます。


②幅広い知識

いろんな人が住んで、たくさんの人が訪れるからか、知ってることも幅広い。

洋楽も詳しかったし、スポーツについても話せる。なにより、起業やPCについても詳しい。

誰が行っても、話に退屈することはないでしょう。


③否定しない

例えば僕が、F1好きです!と言っても、誰もマイナスな反応をしません。

逆にどんどん、食いついてきます。まさにブラジルにいるビラニア。

他の方もそう言っていたので、「否定しない」というのは彼らの特徴の1つでしょう。

まさに人としてできてる感じ。


④自由

たぶん、荒らしや性的なことでもしない限り、何しても大丈夫でしょう。


⑤とりあえずMacを買え!

リバ邸の仕事スペースにあったPCはみんなMac。

僕も言われました。「とりあえずMacを買え!」


⑥ブログについてのアドバイス

僕がブログをやってることを言うと、なんとアドバイスもらえました。

今日から実践していこうと思います。


⑦英語話せる

先ほども書きましたが、彼らは英語ができます。

留学に行ったりしてたそう。


⑧頭が良い

通っていた大学や、みなさんの会話を聞いていると、頭が良いことが分かります。

自分の無知さに、腹が立ちます。


⑨メリハリ

ついさっきまで僕と雑談してたと思ったら、次の瞬間にはMacいじってたり。

PC触ってると思ったら、いきなり映画を見だしたり。

一つ一つの行動に、メリハリがありました。まさに「無駄に過ごす時間などない」と言わんばかりに。



僕が受けた刺激、気付いたことはこんな感じです。

人によって感じることは違いますし、僕とは違う発見があるでしょう。

でもとりあえず言えること、それは、


「リバ邸には受け身で行かず、何かを感じ取ろうとしに行け!」


ってことです。

受け身でいると、たぶん、30分もしないうちに、スピードと行動力と集中力に、圧倒されて終わっちゃうでしょう。少なくとも、リバ邸渋谷はそういうところ。

僕は夜中の1時間半しかいけませんでしたが、それでも数多くの学び、気付きがありました。

リバ邸渋谷に行けば、ほとんどの人が、「今のままじゃこいつらに置いてかれる」と思うはずです。

ここから日本を揺るがすビジネスが出てくるのも、そう遠い話ではないかもしれません。


行く時は連絡をきちっととって、何かを学ぶ意識を持って、あとついでにスマホを持って、楽しんできてください!


(ストーリー中にも出てきてましたが、僕自身はF1のエンジニアになるため、イギリスのサウサンプトン大学に進学します。そのブログもやってるので、一度見てもらえると嬉しいです。)

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。