ダラダラするなら「リバ邸渋谷」に行け。リバ邸で得た、9つの刺激・気づき。

1 / 4 ページ

(このストーリーは、僕のブログ「わたぽんWorld@UK」で書いたものを、再編集したものです。)


リバ邸


最近よく聞くんじゃないですか?英語で自由を意味する"Liverty"と掛け合わせてるんでしょうね。なかなかうまいネーミングだと思っています。



リバ邸って何?

もしそんな人がいるなら、こちらの記事をどうぞ。

リバ邸の解説、何ができるか、書いてあります。


BASEなどサービスが続々と生み出されるクリエイティブなシェアハウス「リバ邸」に住み始めてからBMLリリースまで


簡単に言うと、誰でも自由に来ていい、シェアハウス。何かをしたい人が集まってます。

そんな、リバ邸について書く前に、訪問前のことから書き出したいと思います。



渋谷でさまよい、着いたのは夜中の0時

渋谷といえば、言わずと知れた大都市。

一応事前に、Twitterを通してリバ邸渋谷に連絡しておいて、夜10時に渋谷のとある待ち合わせ場所のコンビニへ。

イルミネーションを潜り抜けてきた僕は、「ついにリバ邸に行ける!」と興奮気味。



しかしおかしい。



たしか1時間ほど、そこで待っていました。

周りにはタバコを吸う若者や、飲み終えたサラリーマン。


その中で、でかいボストンバッグを抱えた僕は、立ち尽くしていました。
そう、僕は京都から東京まで来ていたのでした。


最も大きな問題は、僕はスマホを持ってないってこと。笑

それまでTwitterで連絡をとっていた僕は、連絡しようにもできず、ただ待っていました。

電話番号は教えておいたので、いつか連絡くるだろうと。


結局1時間、コンビニの明かりを使って本を読みながら、大都市・渋谷で独りぼっち。
僕のガラケーが活躍することはありませんでした。


その日の夜は、2時半から恵比寿のRacers CafeというところでF1観戦予定だったので、待ちきれず、待ち合わせ場所を去ることに。


たまたま見つけたWi-Fiでツイート


みんなの読んで良かった!