「夢」か「安定」か?〜超就職氷河期に二度内定を捨てた話し PART2〜

1 / 3 ページ

前回のあらすじ


 

リーマンショック後に僕は就活を始めることになった。


誰よりも早く就活を始めてやる!と意気込んだものの、友達のよっちゃんは僕よりもずっと早く就活を始めていた。


その影響で僕は初めてインターンシップの説明に参加するため、わざわざ京都まで出向いた。


そこで初めて「就活」という空気に触れることができたのである。



大阪、夏のインターンシップ説明会!



京都のインターンシップ説明会に参加するものの、そこでは京都の大学に通う学生限定で企業の紹介がされていた。(よくよく考えてみればそりゃそうだ…)


しかし、京都に就活支援センターがあるということは大阪にもあるということ…


そして実際に大阪でも同じように就活支援センターがあり、そこでもインターンシップの説明会が予定されているではないか!


僕はさっそく申し込みを済ませて、今度は大阪で行っているインターンシップの説明会に参加することを決めたのであった。


前回の説明会では私服だったが、今回はちゃんとリクルートスーツ姿で向かった。


既に6月ということもありスーツ姿だとあまりに暑く、途中何度もスーツを脱ぎ捨ててやろうかと思った。


会場に近づくにつれて僕と同じようなスーツ姿の学生を見かけて、「おそらくこの人たちもインターンシップを受けるんだろうな」と思った。


会場に着くとそこにはもう何人かの学生が待機していて、僕もロビーのイスに座って説明会が始まるのを待っていた。

 

周りには色んな大学の就活生が集まっていたので、僕は興味津々に観察していた。


まだ茶髪の残った学生もいれば、ばっちり黒髪ショートでいかにも「就活生」という感じの人も。ちなみに僕は髪は黒くしていたが、ボサボサに伸びていたのでおそらくアウトだった。笑


そして予定時刻がくると受付にいた女性が「みなさんこちらです!」と言って僕らを広い教室に案内してくれたのであった。


小林先生、現る!


そこは200人くらいは入るであろう大きな教室だった。


僕は前のほうの席に座ると、続々と他の就活生も順に座っていった。

みんなの読んで良かった!