Logo

ストーリーの著者は、読者でもあります

今が一番悪いなら、これからは良くなっていくしかない!(1)