Logo

ストーリーの著者は、読者でもあります

今日がダメでも明日がもっといい日になるように今日を精一杯生きる!(1)