Logo

ストーリーの著者は、読者でもあります

過去や未来のコントロールできないことを切り離して、今日を本気で生きる!(7)