Logo

今日が、残りの人生の最初の1日。

野口英世(1)