STORYS.JP

徳田 優華

こんばんみ。上原でございます。

ストーリーをリクエストする

徳田 優華の人生のストーリー

私には「身体を売る」しかない。

「お母さんだけだったら、よかったのに。」力なく言う彼女は16歳から、繁華街にある性風俗店で働いている。  家族は、両親と妹2人弟1人。父は、昔から厳しく周囲から虐待を疑われる程、暴力でしつけをする人だった。中学生の時、父が友人に「こいつは、将来ソープでしか働けないような女だから遊ばない方がいいぞ」とよく言っていた。凄く悔しかった。  中学卒業後、居酒屋のバイトを始めるも、父はギャンブルに狂い、母は酒

「お前たちみたいな女が子どもを殺す」を書いて

ちょっと聞いて欲しい裏話。 ウートピさんに掲載して頂いた「お前たちみたいな女が子どもを殺す」。 おかげさまで、月間ランキング1位を獲得しました。 今回、お話を聞かせて頂いた皆様、本当にありがとうございます。 協力して頂いたキャバクラ。 店長さんには、昔からお世話になっています。 20歳になってからは、キャバクラではなく37年の歴史を持つ「老舗クラブ」に勤めていたのですが、 快くインタビューに応じてく

時給1,000円の内職を創った女性社会起業家の話を聞いて刺激を受けた話

沖縄に社会起業家が居たなんて!!! まず、沖縄県には「社会起業家」という生き物が存在しないと思っていました。 そんな失礼な事をぼやーっと考え、つまらない日々を送っていたのですが。。。 なんと!!! ひょんな事から出会ってしまったのです。 ある調査のインタビューを受ける事になった僕。 内心は「また研究者かぁ。。。」くらいに思っていました。 (あ、以前は快くインタビュー受けてましたが最近は疲れているだけ

読んでよかったストーリー

徳田 優華さんが読んでよかったストーリーはありません

書きかけのストーリー

徳田 優華さんの書きかけのストーリーはありません

徳田 優華さんにもっと聞きたい話リクエストする

|