STORYS.JP

芳賀 和行

芳賀 和行の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

芳賀 和行の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

田辺 由紀夫
70

親と同じ職業に就くということ

 まだ都内の某私立大学病院眼科に勤めていた頃、当時の教授と旧知の仲であるアメリカ人医師が来日し、講演を行ったときのことである。私たち教室員は講演を聴きに行き、そのあとの懇親会までお伴することになった。その懇親会でのこと、その場にいた私を含む教室員にアメリカ人医師が質問したいことがあると切り出した。その質問とは、「皆さんの親は眼科医ですか?」その場にいて質問を受けた数名の答は全員 ‘YES' であった
Sasaki Shin
2272
40

医者になれなきゃ死んだ方が良いと本気で思っていた高校時代のお話

◆落ちこぼれだった高校時代 高校時代、私はおちこぼれでした。どれくらいおちこぼれだったかと言うと、全国模試で数学の偏差値が38、おまけに足首を捻挫しているのがクセになっているので運動もまともにできない、彼女はいない、青春の思い出はゲーセンでのメダルゲームだけという素晴らしい灰色オレンジ・デイズを送っていたわけです。 とはいえ、最初から落ちこぼれだったわけではありません。高校受験をしていた時は第一志
只石 昌幸
1418
25

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

嫌がる僕に、彼女は無理やり・・・ 「いやだよ!ぜってー、イヤ!!」 「お願い!書くのは、タダでしょ。好きなこと書いていいんだから、書きなよ〜」 「イヤ!! 俺は、絶対に、書かないぞ!!!!!!!」 もうすぐ、7月7日の七夕近くの、ある日、 彼女と僕は、短冊に願い事を書くか、どうかで、言いあっていた。 ただ、、、短冊に“夢”を書くだけなのに・・・ でも、 僕には、短冊に夢を書けない理由があった。 僕の
遠藤 敦
44

薬学部にきた理由

高校卒業後、付属校だった理工学部の機械工学科に進学した。 正直毎日がそれほど面白いとは思えなかった。 バイクに狂っていた高校の頃に自分で勉強していた基礎の復習。付属校だった故の、代わり映えのしない友人たち。見えない未来。 いま、その時の自分に会えれば、直接研究室いけよって言えるのだが、そんなアドバイスをくれる人もいなかった。 その頃、祖父が入院した。 多分、帰ってこれないと知っていた。 祖父のことは
あっきー あっき~
18

第1話❀学資資金の貯める方法が学資保険でなく投資運用だったことで身についた「資産形成脳」

「私立医学部は6000万円かかるのよ・・・」 こう聴いたことで考えるきっかけになった「学資資金」 それから「投資」「運用」「資産形成」のいざこざが始まり 何となく上手くいき、その後失敗・試行錯誤を経て・・・ 今「資産形成脳」にはなった・・・が その原点はすべての「保険」の解約だった そして結果して保険を解約したことで その支払っただろう保険料が積み重なり学資資金が貯まり 「不動産投資」をすることにな
Kato Yuki
19981
33

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート1

僕は、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、政治社会科学部(Social and Political Sciences) 出身です。 18歳で日本の高校を卒業するまで、海外に行ったことはおろか、英語を一言すら喋ったことがありません。 受験には失敗し、浪人。その後渡英し、様々な道のりを経て念願のケンブリッジ大学に合格。 その後は大学を卒業し、帰国。それから2年間塾講師として勤務し、現在は海外の大学院進

書きかけのストーリー

芳賀 和行さんの書きかけのストーリーはありません

芳賀 和行さんにもっと聞きたい話リクエストする

|