STORYS.JP

Azuma Y

Azumaの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Azuma Yの人生のストーリー

就活中、運命は必ずしも実らないことを知った。けれど、幸運の掴み方を1つ知れた。

この記事は、自分のブログに転載いたしました。 この記事は魂を込めて書いた記事なので、是非読んでみてください。 「Be Excited」 記事はこちら

(面接編のみ)就活中、運命は必ずしも実らないことを知った。けれど、幸運の掴み方を1つ知れた。

地味な奴が悪魔に見えてくる 就活のグループディスカッションを通して学んだことがある。 その人の全てを知るまで、その人を馬鹿にしてはいけないというものだ。 この記事は、自分のブログに転載いたしました。 下記リンクがその記事になります。 この記事は魂を込めて書いた記事なので、是非読んでみてください。 「Be Excited」 人が面白がってくれるコンテンツを発信していきたい。 記事はこちら

どうしたら、ビバリーヒルズに住めるのか?ビバリーヒルズの住民にインタビューした。

気付いたら、ビバリーヒルズに住む富豪のメルセデス・ベンツに座っていた。 この記事は、自分のブログに転載いたしました。 下記リンクがその記事になります。 よろしければ、下記から読んでみてください。 「Be Excited」 人が面白がってくれるコンテンツを発信していきたい。 記事はこちら

読んでよかったストーリー

Azuma Y
950
13

どうしたら、ビバリーヒルズに住めるのか?ビバリーヒルズの住民にインタビューした。

気付いたら、ビバリーヒルズに住む富豪のメルセデス・ベンツに座っていた。 この記事は、自分のブログに転載いたしました。 下記リンクがその記事になります。 よろしければ、下記から読んでみてください。 「Be Excited」 人が面白がってくれるコンテンツを発信していきたい。 記事はこちら
進撃 の外人
37

2014年の抱負 20年前の夢を叶いましょう!

株式会社GOPAのマと申します。 会社といっても私一人でコンテンツ企画とゲーム制作として動いています。 考えるのが好きで、とくに別の角度を考えるのが面白いです。 すごく面白いとおもったら、自ら検証と実行をするタイプです。 よって、いろんな職場で「アイディアマン」とよく評価されました。 2年前に、ある事がきっかけになり、人生の短さを感じました。 そこで、「自分らしい」人生を過ごすように、学生時代で諦め
内藤 涼子
540
36

生粋のハマッコが瀬戸内海の小さい限界集落の離島に移り住んで10数年言えなかったことを書いてみた

「住めば都」はウソである いくら長く住んだところで、嫌なもんは嫌である。不便なのも危険なのも嫌である。だから、この言葉、自分は「住 ま ば都」と脳内変換している・・・ 信号ない・医者ない・法律通じない・ブロードバンドもちろん無い まず、今いる島には信号機がありません。警察いません。人の家の物を勝手に持って行く人もいます。ナンバーの無い車も普通に走っていまして、運転手は両手に杖を持った90代のおじい
清瀬 史
14

アメリカという国に日本人が行くべき理由 【part1】

大学4年の時、私は1年休学してアメリカに留学した。 (先にお伝えしますと、留学と言っても、親が子供たちにあててくれた教育費を使った留学、要は親のすねかじり留学だったので、何も大したことはありません。大学4年の私はガキンチョみたいでした。22歳でまだ子供のような私。それでもそんな私の意志と将来を想い、太平洋の向こうへと背中を押して送り出してくれた両親にはただ感謝です。) アメリカでの生活は、私の考え方
Tommy 1031
209
7

デザイナー修行物語その2:社長に「豚」と呼ばれても、右腕としてやり通した後で得たものは、かけがえのないものでした。(再就職〜独立)

皆様、ご機嫌麗しゅうございます。 寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか? さて、皆様は人生の中で、 「豚」 と呼ばれたご経験はありますか? ・・・私はあります♪ あれはまだ夏の香りの残る、9月頃のことでした。 私は、当時の会社社長(42)と、クライアントのお姉様方と、 総勢10人程で、おしゃれな表参道のフレンチ・カフェ&レストラン 「アニヴェルセル」にて、宵闇の楽しい時間
Miyamoto Kazuaki
89
2

vol 2 : 自宅でのテレアポは初めの一歩が遠かった。

28歳になるちょっと前。 きっかけ があって独立する事になった。 全くの一人での独立。全くゼロの独立。 WEB業界を選んだものの 半年しか業界を経験していない自分は、 ホームページすら作れなく、 出来る事はやはり営業しかなかった。 費用を最低限にするため、 開業場所に選んだのは自宅。 都営大江戸線の 落合南長崎 から歩いて5分。 目白大学や哲学堂公園が近いエリアの 家賃6万8千円の1K のマンション
高原 千晴
395
16

休学中の大学生が、縁もゆかりもない地方都市でバーテンダーをしてみた話 - 3 -

「話題のストーリー」になりました。 はじめに。 休学中の大学生が、縁もゆかりもない地方都市でバーテンダーをしてみた話 - 1 - が「話題のストーリー」仲間入りしました!ありがとうございます。 最後の更新です。かっこ悪いラストで大変申し訳ないのですが(笑)、ぜひ。 ひとりが好きな人がなる職業 働いていたお店には、常連さんがたくさんいました。 Mさんに言われていたのは、「僕やYを気に入ってお客さんは来
Kato Yuki
4718
107

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが
Kato Yuki
19813
33

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート1

僕は、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、政治社会科学部(Social and Political Sciences) 出身です。 18歳で日本の高校を卒業するまで、海外に行ったことはおろか、英語を一言すら喋ったことがありません。 受験には失敗し、浪人。その後渡英し、様々な道のりを経て念願のケンブリッジ大学に合格。 その後は大学を卒業し、帰国。それから2年間塾講師として勤務し、現在は海外の大学院進

書きかけのストーリー

Azuma Yさんの書きかけのストーリーはありません

Azuma Yさんにもっと聞きたい話リクエストする

|