STORYS.JP

ぎょうだ なをし

Webサービスのクリエイティブディレクション、システム開発のPMなどやっています〜。

twitter:@7ao4

ストーリーをリクエストする

ぎょうだ なをしの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

西垣 拓治
374
13

到底無理と思えた「Tシャツ99円」完成までのエピソード!物の価格の正体とは…?

たまたま行った場所で、ある体験がきっかけで それが記憶に残っている事ってありますか? 今回の99円Tシャツプロジェクトが生まれたのも、 記憶に残って離れない体験をしたことがきっかけでした。 日本からフィリピンへ。 今年の初めに99円プロジェクトのメンバーでフィリピンへ研修に行くことになりました。 日本からフィリピンへはたくさんの航空便が飛んでいるのですが、 最近では、セブパシフィックなどのLCCがキ
松井 貴宏
142
3

「受験はお祭りだ!」僕が京大受験当日にやったこと

※前回のお話は こちら 秋の模試は全てにおいてA判定。 というか5位以内。 いわば 落ちるはずの無いレース。 だが、 「センター試験でコケる」 制服の学生達に圧倒され、力が出せなかった。 ※浪人したら分かるけど、制服の破壊力はやばい。 状況的に追い込まれ、 大学2次試験当日には、もう気持ちは固まっていた。 「楽しむしかない」 ということで、受験当日に色々仕掛けてみました。 1) 多くの場合、受験生は
ぎょうだ なをし
747
2

親父がテレビ業界のディレクターだったので、そのブラックっぷりを伝承して反面教師にしていこうと思った件

先日のフジテレビ27時間テレビ、「 テレビの時代はもう終わり!? 」というキャッチフレーズで物議を醸したようですが、テレビの時代真っただ中はどんなだったんだろう…というお話です。 自分の親父は絵に描いたようなTVディレクター 多分、イラストレーターとかに「TVディレクターさんのイラスト描いてください〜」といったらそのまんま同じのが出てきそうな風貌。 ・グラサン ・上着を肩にかけるスタイル ・痩せ型で
濱出 研道
17

【本当に疲れたビザ取得@コンゴ大使館】3

パスポートを持たれたまま大使館を後にした係員、大使館長はパスポートを係員が 持って行っていることよりも私の態度に怒りをぶつける。もう何なの? 普通に私、今ザンビアにいてて自分の身分を証明するものがないまま一日過ごさないと いけないのですが。。。 次の日の朝,雨がしとしと降る中をホテルまでスプリンターで迎えに来てくれたKKと大使館へ向かっていた。私は「今日今回また何か問題が起こったら,もう今回絶対に
ねこ ねこ
212

モデルで食べていく気はない?と猫目のカメラマンに声をかけられ最終的にはフルヌードモデルの写真集を出してしまい10,000部くらい売れてしまい、更にとんでもない事に新宿二丁目でヒーローになってしまった話。①

 昨日書いた①が完全に消えた(涙) 仕方がないので①を簡単に書き直しますね。 僕が大学二年生の時に友人とスケボーで遊んで疲れて息を切らしてたときに、いきなりカメラを持った26歳位の美人の猫目のカメラマンが声をかけてきたんだよね。 猫目のカメラマン美月 ねえ君!!カメラの被写体になってくれない? 俺 別に良いですよ。でも立ち上がる元気がないので、座ったままでも良いですか? 猫目のカメラマン美月 もちろ
坂元 由貴
279
15

アートを習うことが人を育てるという話

           高校時代、美術科だった。理由は、兄が通っていておもしろそうだったこと、普通科なんてまた同じ勉強のくりかえしでつまらないと思っていたこと、だった。 この頃から、普通のことや、繰り返しなにかをすることがあまり好きではなくて、新しいことに挑戦したいタイプだったと思う。 振り返ると中3で少々不登校になっていたので、成績が悪かった。普通科に入ることを選んでいたら、ヤンキーになり、人生は変
八桁 圭佑
183
13

ただの音楽家が成田空港で爆弾魔と間違われる話。

僕はウクレレ歌手をしています。 お呼びいただければ日本の、いや、世界のどこだって行きます。 相手と自分の交通費の負担を減らすために、普段の移動はヒッチハイクで行きます。 ただ、今回の依頼先は沖縄です。      そう、飛行機に乗らなければいけません。 マイクとアンプとウクレレをいつも持ち運びます。 先週はそのセットを持って北海道へ行きました。 時間に余裕をもってのチェックイン。 これから始まる沖縄の
ほー りぃ
1472
9

僕の名前も忘れ、100万人に1人の難病を患った妻と僕の物語

  「全生活史健忘(解離性症候群)」 これが妻に告げられた病名である。 ------------------- 発症以前の出生以来すべての自分に関する記憶が思い出せない(逆向性・全健忘)状態。自分の名前さえもわからず、「ここはどこ?私は誰?」という一般的に記憶喪失と呼ばれる状態である。「記憶喪失」と同視されている。障害されるのは主に自分に関する記憶であり、社会的なエピソードは覚えていることもある。
Tommy 1031
947
21

霊視で前世は〇〇な人と言われ、ネットで探してみたら実在しててギョっとした話

もし、あなたの前世がわかると誰かに言われたら、あなたはどう思うだろうか。 大抵の人は知りたい、と思うのではないだろうか。 本当かどうか、もちろん確かめようはないけど、でもちょっと聞いてみたい、って。 そんな軽い気持ちで聞いた自分の前世と言われた人物が、まさか Wikiに載ってる なんて、誰も予想できなかったに違いない(笑)。 そしてまさか、前世の魂と共鳴する体験をすることになるなんて、思ってもみなか
佐藤 裕介
1326
4

経営における「クソジーコ問題」とは

会社を 3 年半ほど運営していて、めちゃくちゃアタマを悩ませたことのひとつを「クソジーコ問題」と名づけてみました。もちろん由来は元日本代表監督のジーコ氏ですね。 ジーコが優秀な監督かどうかはサッカーに詳しくないので判断がつかないのですが、(優秀な) プレイヤーが監督 = マネジャーになった時に発生する問題について今日は書いてみたいと思います。 ◆ ありがちなミドルマネジメント不足 1 年半ほど前、僕

書きかけのストーリー

ぎょうだ なをしさんにもっと聞きたい話リクエストする

|