STORYS.JP

Goseki Kenichi

Goseki Kenichiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Goseki Kenichiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

須田 仁之
1589
11

【2001年】孫さんとの思い出(YahooBB立ち上げ) 長編

僕の職場は「戦場」でした。 毎日毎日、朝から晩まで、社内は燃えたぎっていた。 その熱は元々一人の事業家の「情熱」から始まったものですが、現場としてはそんなに美しいものではなく、「混乱」「焦燥」「窮地」から滲み出る「人熱の集合」みたいなものでした。 現場は常にギリギリの戦いを強いられ、疲労困憊し、 「おい、この件、どうなってる?担当の●●どこいった?」 「さすがに倒れてしまって病院いってるみたいです。
Abe Masakazu
391
11

サッカー観戦ツアーでたまたま隣に座った人から聞いた、サッカー観戦で癌を克服した話。

日曜日にバスツアーで大宮に行ってきた。  アウェイの試合はバスツアーをよく使うわけだけど、僕はその際、隣の席の知らない人とよく話をする。  僕は知らない人の、特に年上の人の話を聴くのがすごく好きだ。  知らない人の話を聞けるというのがバスツアーの楽しみのひとつでもある(もちろん知り合いが隣の場合もある)  今回の隣席は五十代くらいのメガネのシュッとしたおじさんだった。身なりも綺麗だし、顔つきがいい。
角 雄崇
53

アニメーター生活と漫画家挫折

ボクらの子供時代は、ゲーム、マンガ、アニメが娯楽の中心で、それら自体が一番輝いていた時代でもある。友人はみんな170円をもって書店に走り、アレフガルドを旅し、大きな雲の向こうにラピュタを想像した。ボクらのヒーローは鳥山明であり、堀井雄二であり、そして宮崎駿だった。 そんな時代で育ったボクは、自然とアニメーターにあこがれを持ち、「夢は?」と聞かれると迷いもなくアニメーターと答える少年になっていった。
F A
66

インドネシアの金持ち

僕の友だちはインドネシアの華僑。 めちゃくちゃ金があるので、日本に来る度に、1週間から2週間で、数千万円から数億、使う。 僕は友だちなので、飯によく連れて行ってもらうんだけど、どこもミシュラン店。でも僕が払おうとすると怒る。 めちゃくちゃ金持ちで、イチローとかよりも何倍も金持ちなんだけど、一緒に歩いたり、トイレに行ったり、飯を食ったりすると、僕と彼との差は何なんだろうと思う。 とはいえ、いくらでも世

書きかけのストーリー

Goseki Kenichiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|