STORYS.JP

岡田 龍也

岡田 龍也の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

岡田 龍也の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

野田 隼平
3653
20

電車に轢かれて脚を丸ごと一本切断したサラリーマンが、半年後義足で職場復帰した話

脚一本程度で人生は終わらない これが今の自分の姿。 左脚は丸ごと一本義足です。 股関節離断という症状で 「股義足(こぎそく)」 と言われる義足を履いています。 充実した生活を送っていた中、電車に轢かれ脚を失ったのは6年前。それから半年後、職場復帰するまでの体験を綴らせて頂きます。 生死の境目、片脚を失った人生のどん底からどうやって自分が立ち上がったのか。 その体験が読まれた方の何かのきっかけになれば
Handa Naoto
47986
126

「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~

「大事な話があるから、 電話に出られるようにしておいてね。」と、 妻のはなちゃんからLINEが入った。 昼休み。丁度、店内でチキンクリスプの包み紙を開けるところだった。 「そうかあ、本当にだめだったのか。」と心の中で深くため息をついた。 確かに、はなちゃんは病院に行く前から気にしていた。 「もうちょっとお腹大きくなってもいいころなのに。 ちゃんと育っているか心配。」 1か月くらい前から、何度かそう話
西垣 拓治
369
13

到底無理と思えた「Tシャツ99円」完成までのエピソード!物の価格の正体とは…?

たまたま行った場所で、ある体験がきっかけで それが記憶に残っている事ってありますか? 今回の99円Tシャツプロジェクトが生まれたのも、 記憶に残って離れない体験をしたことがきっかけでした。 日本からフィリピンへ。 今年の初めに99円プロジェクトのメンバーでフィリピンへ研修に行くことになりました。 日本からフィリピンへはたくさんの航空便が飛んでいるのですが、 最近では、セブパシフィックなどのLCCがキ
橋田 一秀
651
7

新卒で大手SIerに入った時の話

新卒でNTTデータに入社しました。 ■就活 就活中はこれがしたい!ってほど強い欲求はなかった気がしていたのですが、 理系で周りが大学院に進学しようとしている中、僕は「これ以上大学にいて遊んでいても仕方ない、就職しよう」という考えだったので、3年の1月に就活を始めました。 もともとITは好きだったので、調べていくうちにシステムが世の中を支えてるってことを知り、システム業界に興味を持ち始めました。 今は
遠藤 譲
2753
2

アウトドア初心者が、アフリカで中古車を買ってテントを張りながら100日間旅をしてみた話<3>「初日に失くしたもの」

旅の初日に失った(きっと)大事なもの いよいよ旅立ちの朝。 それまで住んでいた部屋のイタリア人大家さんがボクたちの旅立ちを見送ってくれた。 ボクと入れ替わりで住むことが決まっていた新しい居住者も、生活用品が詰まった段ボール箱の横で鍋を片手にボクがさっさと部屋を明け渡すのを待っていた。 二人に見守られながら車のイグニッションキーをゆっくりと回すとドアをカタカタと揺らしながらエンジンが掛り、サイドミラー
遠藤 譲
1311
1

アウトドア初心者が、アフリカで中古車を買ってテントを張りながら100日間旅をしてみた話<2>「完璧な準備」

まずは免許証を手に入れよう 日本の運転免許証を紛失した場合、日本であれば最寄りの免許センターに行って再発行してもらえば済む話かもしれないが、海外ともなるとそう簡単にはいかない。 再発行の為だけに南アフリカから日本まで帰国するか、南アフリカで新たに現地の免許証を取得するかの二択である。 免許証を酔っ払って失くすというバカさ加減を棚に上げれば、失くした免許証の再交付のためだけに遥か1万4000キロも離れ
遠藤 譲
1722
11

アウトドア初心者が、アフリカで中古車を買ってテントを張りながら100日間旅をしてみた話<1>「プロローグ」

26才 だったボクは、南アフリカで中古の4輪駆動車を手に入れて彼女と二人きりで無計画の旅に出た。 100日 にわたった旅を振り返ってみれば、ナミブ砂漠を縦断し、カラハリ砂漠を横断し、大陸を大西洋からインド洋まで横断し、毎日テントを張りながら アフリカ9カ国 を走破した。 そのほとんどが未舗装の凸凹道であったが総走行距離は 2万1000キロ に上り、地球を半周したくらいの距離を運転したことになる。 こ
家入 一真
1815
9

paperboy&co.創業記 VOL.3: 東京進出、そして変化。混乱。

福岡時代、僕はペパボはいわゆる”ベンチャー企業”では無いと思っていたし、スタッフにもそう言い聞かせていた。ITベンチャーで連想される、ヒルズ族といった様なギラギラとしたキーワードが嫌いだったというのもあるし、そもそもペパボ自体は起業した月から、ロリポップで順調に売り上げが伸びて経営は安定していたから、がつがつとする必要が無かった。家族経営スタイル。これが福岡時代のペパボだった。 GMOグループにジョ
m m
9015
133

5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・後篇

※ このストーリーは「5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・前篇」の続きになります。 前篇はこちら… http://storys.jp/story/7157 【後篇の全文字数:約11,000字】 15.2007年9月6日 16.6週間の休暇 17.職場復帰 18.腎臓の病気を発症 19.夫の浮気 20.入院の夜 21.心が離れた理由、そして離婚 22.再婚と出産
m m
80773
12

5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・前篇

 学生時代から、自分の周りや雑誌、ネットなどで、「中絶」の話を見たり聞いたりするたびに、不快な気持ちになっていた。  同じ女性として、軽蔑さえしていた。  まさか自分が 当事者 になるなんて、思いもよらなかった……。  この話は、 胎盤が1つにつながった三つ子 を自然妊娠し、 NICUが足りない こと等を理由に複数の病院から受入を拒否され、最終的に中絶を選んだ私が、その経緯、その後自分の身に起こった

書きかけのストーリー

岡田 龍也さんの書きかけのストーリーはありません

岡田 龍也さんにもっと聞きたい話リクエストする

|