日本人留学生が通学バスで出会った大麻の売人に考えさせられた話。~人種とアメリカの貧困~ 【1】

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ留学にも少し慣れたある日のこと。


その日もいつも通り、大学へのバスへ乗った。


いかにもガラの悪そうな怪しい黒人のおっさんが目に入ったので、少し怖かったので避けて座った。


すると、突然そのおっさんが立ちだして近づいてくるではないか。




おっさん
What’s up, dude? (よっ、調子どない?)
…Nothing bad. (普通やで、普通!)

ぎこちなく返事をしたあとに、おっさんは俺の前に座り、身を乗り出して話を続けた。

おっさん
Do you wanna have some weed? (もしあれやったら、ウィード買わへん?)
…What is that? (ウィードってなんなん?初めて聞くわ。)
おっさん
Don’t you know what it is? (お前ほんまに知らんの?)
…No. (え、知らん知らん)
おっさん
It is a kind of DRUG which makes you feel super exited!! (ウィードって言うのは大麻のことで、ドラッグの一種なんよ。吸ったらめっちゃ気持よーなるで!!!!)


俺今ドラッグを売られようとしてるのね?通学途中のバスで。

そうかドラッグか。そうか、ここはアメリカか。そうか、、、


あっけにとられて、何も言えなかった。


もちろん、僕は買っていない。しかしながら、大麻所持、使用はアメリカでワシントン州と、コロラド州に関しては21歳、個人使用目的であれば合法らしい。公共の場で使用、州外への持ち出し、ライセンスを持っていない人の販売は犯罪だそうだ。(僕の予想だが、おっさんはOUT。)



日本で育った自分にしてみれば、大麻などの薬物なんて何かの「警察24時!」的なドキュメンタリー番組や、学校での授業、ニュースでしか聞いたことがない。


おっさんは「一回吸ってみ?」と、割としつこく売ろうとしてきたものの、僕は断固拒否した。すると、諦めたと同時に少し悲しそうな顔をして話をつづけた。

ドラッグなんてやめておいたほうがいい。ただ、俺にはこれしかないんだ、まともに働こうったって学校すら行ってないし、なんせ俺は黒人だ。お前は恵まれてる、裕福な国と家庭に生まれ学校にだって行けている。それが分かるか?

僕は深く考え込んでしまった。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

ダメ。ゼッタイ。

どの国でどんな人種の親から生まれてくるのかは選べないが、それでその子の一生がだいたい決まってしまうという現実。豊かな国日本で生まれたというだけでも、かなりラッキーだという事に気付きますね。しかし、なぜ日本は豊かになったのだろうと考えると、先人の血と汗によってこの国は築かれてきた訳で、その国を大切に守り、子孫に残して行こうという気持ちになります。

そうですね、本当に日々自分自身が幸せに生活出来ていることに感謝しなければならないと思います。まだこのストーリーは途中なので、書きあがったらまた読んでいただければ嬉しく思います!

世界でもっとも裕福な人が住む国アメリカで、「お前やお前の国は恵まれている」と言う者がいるこの矛盾。これこそアメリカ。日本は貧富の差が少ないほうだと思いました。

Takaiさん コメントありがとうございます。問題は一部の裕福な人達を見ることで、国全体が"裕福に見える"ことにあるのかも知れません。

だからって黒人を優遇した大学は逆差別や!って裁判沙汰になりましたよね。差別は人の一生まで変えてしまうと考えさせられました。解決するにはどうしたらいいんでしょうか。

田島さん
コメントありがとうございます。個人的には特定の人種に対する大学の優遇は逆差別だとは思いません、それよりももっと現状の差別が緩和されることの方が優先だと思うからです。解決に特効薬はないのかもしれませんが、僕はとにかく触れ合うことが大切だと思います。触れ合うというと、少し曖昧かもしれませんが、ほんの会話や友達になることから固定概念をなくすことは始まるのでないでしょうか。

記事読みました
やはりアメリカは図々しい性格ですね

川村 純志

1993年12月30日生まれ。 Fringe81 同志社大学経済学部新関ゼミ卒。 2014年3月末より1年間アメリカワシントン州ベルビューに留学。 Facebook: https://www.facebook.com/atsushi1230.sdi

川村 純志さんが次に書こうと思っていること

|

川村 純志

1993年12月30日生まれ。 Fringe81 同志社大学経済学部新関ゼミ卒。 2014年3月末より1年間アメリカワシントン州ベルビューに留学。 Facebook: https://www.facebook.com/atsushi1230.sdi

川村 純志

1993年12月30日生まれ。 Fringe81 同志社大学経済学部新関ゼミ卒。 2014年3月末より1年間アメリカワシントン州ベルビューに留学。 Facebook: https://www.facebook.com/atsushi1230.sdi

川村 純志さんの他のストーリー

  • 5人の大学生がシェアリングエコノミー(共有経済)について株式論文を執筆し、敢闘賞を受賞した話。

  • 川村 純志さんの読んでよかったストーリー

  • 就活失敗して内定がもらえなかったからMBAにいったらスゴイことになった話