キング牧師の名言によって見つけた自分の生きる道

このエントリーをはてなブックマークに追加
210

キング牧師 

歴史の授業などで名前は聞いたこともある方も多いと思います。

若い世代の方や歴史に詳しくない方は、よく知らないという人もいると思います。

アメリカの黒人への人種差別をなくし、権利を得るために活動した人物です。

1863年にリンカーン大統領によって黒人の奴隷解放宣言が出されましたが、

黒人は白人から差別を受けつづけ、トイレやレストラン、学校なども白人専用、黒人用と隔離され、

バスの座席すら黒人と白人専用席で分けられていたり、黒人の人権はない状況で貧困な生活でした。

キング牧師は非暴力主義の精神で、黒人の権利を得るための啓発活動やデモ行進やボイコットなどの運動を行いました。しかし、黒人は白人の警官などから暴力を受けたり、差別主義者に殺されてしまう人もいました。それでもキング牧師は非暴力を貫き、差別をしていた白人もその様子に心を動かされて、

1963年に行われたワシントン大行進は参加者が20万人を超える大規模なものとなり、黒人だけでなく白人も参加して、首都ワシントンのリンカーン記念堂の前で歴史に残る“I Have a Dream”(私には夢がある)の演説を行いました。

世論を動かすことになり、翌年、ジョンソン大統領政権時に黒人に権利を認める「公民権法」が成立しました。

そして、その活動が認められ1964年ノーベル平和賞を受賞しました。

ノーベル平和賞は世界で認められなければ受賞できない権威ある賞です。

公民権法が成立されてもすぐに差別はなくならず、社会風土は変わらない部分もあり、黒人の選挙権獲得のための運動などを行いました。

しかし、彼は39歳という若さで暗殺されてしまいました。

キング牧師の活動は歴史に残るものです。

黒人初のアメリカの大統領。オバマ大統領も演説でキング牧師の言葉を引用しました。

また、アメリカではキング牧師の栄誉を称え、キング牧師の誕生日(1月15日)に近い毎年1月第3月曜日を「マーティン・ルーサー・キング、ジュニア・デー」(Martin Luther King, Jr. Day)として祝日としています。

これだけ読むと、私はアメリカが素晴らしい国だと思いこんでいると誤解されるかもしれませんが、

アメリカも問題が色々とあると考えています。また、キリスト教の信者でもありません。

ただ、社会問題に対して勇敢に立ち向かった、キング牧師の活動を尊敬しています。


キング牧師の活動や名言によって、私は自分の生きていく道を見つけることができました。

私は、社会不安障害(SAD)という精神疾患を小学生で発症して、

病気の症状や精神疾患への偏見や差別により、ずっと苦しい思いをしています。

精神疾患患者に対する差別や偏見は日本だけでなく世界中にある問題で、体験者でないと理解が難しいかもしれませんが、精神疾患というだけで、偏見や差別を受ける社会風土があり、ある意味人種差別と似ている部分があります。


社会不安障害(SAD)という病気は多くの方が知らないと思います。

日本国内で推定患者数300万人以上という研究者もおり、世界中に苦しんでいる人がいる病気です。

社会不安障害は2008年に日本で社交不安障害と病名が変更されましたが同じ病気です。

 

下記が病気の説明です。

ウィキペディア引用

人から注目を集める場面において、誰しも不安を感じることがあり、それをあがり症と呼んだり、特にあがりやすい人をシャイと呼んだりする。しかし、それが原因で日常生活に支障をきたすようなことはなく、通常はそういった場面に慣れるうちにあがりにくくなるものであり、身体的な症状はあまり発現しない。

これに対して社交不安障害は、対人場面で過剰な不安や緊張が誘発されるあまり、動悸・震え・吐き気・赤面・発汗などの身体症状が強く発現し、そういった場面にはなかなか慣れないため、対人関係がうまく築けず集団の中で孤立してしまったり、たとえしなければならないことであっても、対人場面を次第に避けるようになり、日常生活に多大な影響を及ぼす点が異なる。

主な症状

社交不安障害患者が強い不安を感じる場面として、最も多いのが「見知らぬ人や、少し顔見知りの人との会話」と「人前での発言・スピーチ」、次いで、「権威がある人(社会的立場が上の人)との面談・会話」、「会社で電話をとる」、「受付で手続きをする」、「人前で文字を書く」、「人前でご飯を食べる」、「会食やパーティに参加する」などである。

このような場面で社交不安障害患者には、さまざまな症状が身体に現れる。強い不安を感じる、強い緊張を感じる、頭が真っ白になり何も答えられない、声が震える、声が出ない(選択緘黙)、手足の震え、めまい動悸、口が渇く、赤面する、汗が出る、吐き気がする、胃のむかつき等の症状がある。

こうした強い不安を避けるため、また人に知られたくないと考えるあまり、社交不安障害患者は周囲の人々との接触や、人前での活動を避けるようになり、日常生活に支障を及ぼす事になる。また、症状が慢性化すると、うつ病パニック障害なども併発する危険性があるので、早期の治療を要する。

「自殺を考えたことがある」人の割合はうつ病の人よりも多く、実際周囲の人が思っている以上に患者達は悩んでいるといわれる。

生涯有病率は3 - 13%と言われており決して稀な病気ではない。5歳以下など世代を問わず発症するが、特に15歳頃の思春期に多く、不安障害の中で最も発病年齢の低い病気と言われている。その一方、30 - 40代あたりに管理職につき、人前で話す機会が多くなり発症するといったケースもめずらしくない。

なお、症状はパニック障害と似ているが、パニック障害が「死」や「精神的におかしくなってしまうこと」に対する強い不安であり発作的に症状が発現するのに対し、社交不安障害では「人」や「社交場面」に対する強い不安であるところなどが異なっている。

以上ウィキペディア引用

※恐らく読むだけでは理解が難しいと思います。私自身も社会不安障害について人にわかりやすく、説明して下さいと言われても、説明が非常に難しく、同じ患者でも症状が違います。社会不安障害は日本国内に推定で約300万人以上の患者がいると言われていますが、それは診断を受けて治療を受けている患者数ではありません。社会不安障害の世間での認知度があまりにもない点と、症状が人によって異なり、性格の問題だろうと思ってしまうことが大半で、病気になっていて苦しんでいても、それを病気だと認識できずに暮らしている人を含めた数です。

私はこの病気の影響もあり小学生からずっと辛い思いをしてきました。

中学校は病状が悪く不登校、自殺未遂。高校、大学と病気の症状で苦しみ、さらに偏見や差別を受けて孤立した生活。

病気のことを相談できる人も誰もいませんでした。

精神科やメンタルクリニックに行っても、薬を処方されるだけだったり

カウンセリングも受けましたが、精神疾患はカウンセラーと話すだけで治る簡単なものではありません

病気の症状で就職も上手くいかず、ブラック企業で勤務をしていて、うつ病を併発したり、

転職をしても過酷な労働環境の企業で勤務して、病状が悪化したりと生きる希望を失っていました。


会社には病気をオープンには話せませんでした。精神疾患への偏見もありますし、

精神疾患は様々ものがありますが、仕事に支障が出る部分もあるので企業はリスクを負った社員を正社員で雇い続けるほど甘くありません。

私は病気の影響で就職活動が満足にできずに、大学新卒で就職していません。

面接は社会不安障害の患者が対応するのはかなりハードルが高いです。

中途採用で入社した会社は3年程働きましたが、ブラック企業でうつ病を併発してしまい、

医師の診断書を出したら自主退職に追い込まれてしまいました。

仮に休職をさせてもらっても、うつ病になってしまえば過酷な勤務に復帰は無理です。

その治療で2年のブランク期間ができてしまい。ブランクが出来れば再就職も困難なご時世です。



転職回数やブランク期間は中途採用で一番採用担当者が最初に目を付ける部分です。


きれいな経歴でなければ書類選考すら通過困難です。

そのような経歴で正社員採用されるのはブラック企業でした。

病気が悪化すると思い転職をしようとしましたが、仕事を探すにも経歴を重視されます。

そのような経歴だと書類選考にもほとんど通りません。

面接でもそのような経歴の理由を聞かれます

なぜ大学新卒で就職していないんですか?このブランク期間は何をしていたんですか?

しかし精神疾患だとはオープンに話せません。

精神疾患への偏見もありますし、健康な応募者がたくさんいます。病気をオープンに話せば不採用です。仕事を探すのにも病気を隠して探す。しかし、そのような経歴では正社員になるのも大変です。

ブラック企業か非正規雇用の仕事しか採用されませんでした。

職場でも症状で辛くてもそれを隠して働いていました。

ただ病気の辛さと仕事に追われる日々で疲れ果てていました。

うつ病はみなさんも聞いたことがあると思います。

ブラック企業を渡り歩いて仕事をしていたので、過労でうつ病を発症して働いている同僚がいました。

上司や同僚は同情するわけでもなく、精神が弱いんだろ。甘えてるじゃないか。

うつ病だから体調が悪いと言って休むなよ。冷たい偏見や差別を持った言葉も聞きました。


精神疾患への偏見が多すぎるとつくづく感じました。

心ある人もいるでしょうが、うつ病や精神疾患というとネガティブなイメージがどうしても付きまとうものです。また、自分には関係ないことだと思ってしまうでしょうが、ストレスの多い日本社会や労働環境では、誰にでも発症する可能性があります。

コンプライアンス等のしっかりしている大手企業などでは、

理解をしてくれるかもしれませんが、現代の日本ではそんな企業はほぼないです。

精神疾患の患者に対する行政の支援も、政治家や厚生労働省の官僚や有識者が考えているのでしょうが、患者の現実がわかっておらず機能しているとは言えない状況です。


私は、大学時代に本で読んだキング牧師の活動、名言を思い出しました。

歴史に残る「私には夢がある」(I Have a Dream)の演説や

I have a dream
私には夢がある。

that one day
いつの日か

this nation will rise up
この国が 立ち上がり、

and live out the true meaning of it’screed,
わが国の信条である次の言葉の真の意味を,現実のものとする夢だ。

“We hold these truths to beself-evident, that all men are created equal”.
『私たちはこれらの真理を自明のことと考える。すなわち,全ての人間は平等に造られている』
(アメリカ独立宣言の一節)

I have a dream
私には夢がある。

that one day
いつの日か

on the red hills of Georgia,
ジョージア州の赤土の丘の上で,

the sons of former slaves
かつての奴隷の子孫たちと

and the sons of former slave owners
かつての奴隷主の子孫たちとが,

will be able to sit down together attable of the brotherhood.
共に兄弟愛のテーブルに着くことができるようになるだろうという夢だ。

I have a dream
私には夢がある。

※実際にはもっと長い演説です

「問題になっていることに沈黙するようになったとき、我々の命は終わりに向かい始める」
Our lives begin to end the day we decide to become silent about things thatmatter.

このままでいいのか?

小学生から闘病しているが社会不安障害で苦しんでいる患者は推定300万人以上いる。

うつ病などの他の精神疾患で苦しんでいる人も数百万人いる。

しかし、偏見、差別は多く。福祉政策、日本の精神科医療のシステムは変わらない。

このような問題は長年指摘されていることです。

ツイッターやネットなどを見ていると、これからの日本の将来を担っていく学生や若者、年代を問わず、社会不安障害やうつ病や他の精神疾患で悩んで、病気によって日常生活に支障をきたしていたり、貧困になっていたり、病気を隠して働いていたり、自殺を考えている人の多さを痛感しました。

精神疾患は目にみえないですし、偏見も多く辛さを吐き出す場所が日本では整っていません。

精神科医やカウンセラーも長く話を聞いてくれません。



また、精神疾患は体験者でなくては、その辛さは理解が難しいので匿名のネットやツイッタ―などに気持ちを書き込んだりしている傾向が強いです。


私の発症した社会不安障害やうつ病は自殺したいと追い込まれてしまう精神状態になりやすいです。

世界中で命を絶っている人が大勢います。

このまま放置していても何も変わらない。

自分は小学生で病気を発症したからこそ、精神疾患の辛さや病気に対する偏見など実体験からわかることが沢山ある。

そして社会不安障害やうつ病だけでなく精神疾患への偏見や差別をなくさなくてはいけない。

私はそんな社会を変えたい。精神疾患で苦しんでいる人も暮らしやすい社会に。

そう思いました。

世間の大多数の方は、精神疾患に関してはうつ病という言葉を聞いたことがあるくらいで関心はないでしょう。メンタルを病むと人は本当に死にたくなってしまうんです。

精神疾患の患者は日本国内だけで何百万人もおり、病気の影響で自殺者が増加

している社会問題なのです。日本は先進国の中でも自殺者がトップクラスに多いです。

年間約3万人と発表されていますが、3万人でも異常な状況ですが、

実際にはもっと数が多いと言われています。

遺書がなかったりすると変死として扱われるので、自殺者数にはならないのです。

また、自殺未遂者も自殺者数にはカウントされませんが非常に多いです。

私は東京都内に在住ですが、電車の人身事故が毎日のように起きています。

電車に飛びこむ人の気持ちは、私も病気の症状が辛く自殺を考えたこともあるので非常にわかります。

自分のできることは何だろうか?

病気の症状で日々辛い生活で、対人交渉も苦手だし、勇気を出してスピーチをしようと思っても

社会的な影響力があるわけでもないから、キング牧師のように大勢の前で演説などもできない。

キング牧師のように勇敢に活動することはできないかもしれない。

ただ、文章を書くことはできる。

本になれば目にする人がいるかもしれない。

自分が死んでしまった後でも本は残り続ける。

なぜ私が本にしようと思ったかというと、自分が社会不安障害や精神疾患に関する本を目にして

そのことによって、知ることができた情報がとても役にたったからです。

マスコミも精神疾患などについては深く報道することもしません。

芸能人がうつ病を告白したということがネットニュースになったり、テレビ番組で放送されるような風潮です。認知の為にはよいかもしれませんが、一般人は病気をオープンには中々話せません。

今はネット上にも情報はたくさんあります。しかし情報が多すぎて、そこにたどり着くことができないことも多数あります。また病気を体験している患者の声を広く届けることで、精神疾患は社会問題であるという認識や世論が生まれ。患者に対する偏見や差別の問題。

そして福祉政策や治療の研究も進むと考えています。

私は社会不安障害とうつ病を併発しましたが、うつ病よりも社会不安障害は発症年齢も低い傾向があり、学生時代に発症する患者が多いです。自殺企図率も高いというデータもあり、うつ病と同じ以上にやっかいな精神疾患であり、患者は対人的なことに不安を感じることも多く集まることが難しく、社会に発信するということが難しいので認知度も低く、患者の置かれている状況の把握や治療の研究も進まないですし、自分自身の実体験から早期に病気だと認識することが大切であると考えていますが、発症してから医療機関に受診するまでの時間が長すぎるので、非常に問題があり、学生時代に発症すると貴重な学生時代や今後の人生を棒に振ってしまう可能性が高いので認知度を上げることが重要な精神疾患だと考えています。


社会不安障害に関しては様々な情報がインターネット上にありますが、

製薬会社が薬を売るために、社会不安障害という精神疾患の病名を作ったという方もいますが、

この精神疾患が注目されるようになったのは日本ではまだ年数が浅いです。

実際にそういった側面もあるかもしれませんが、この症状に苦しんでいる患者が世界中にいます。

治療法も世界中で研究中で確実に完治するという明確なものは、はっきりとしていません。

長年苦しんでいる患者が多数います。うつ病等の他のメンタルの病気も同様です。

多くの精神科医はこの病気の実態を本当には理解していません。

研究をしている精神科医も、病気の体験者ではないので理論は理解していても、
症状の苦しみや、日常生活で起きる問題、貧困、自殺にまで陥ってしまうということは理解が難しいと思います。

医師は民間企業での勤務経験もないので、患者が社会生活でこんなにも困難な状況になっていると理解するのは困難だと思います。

精神科医も素晴らしい方もいますが、ただ5分の診療で薬の処方箋を事務的に出すというケースが多く

知識不足の精神科医もおり、誤診や適切な治療が行われていない現実があり社会問題です。

病院に行ったことがない方はわからないと思いますが、医師によって対応が全く違います。

歯科や内科等でも開業医によって対応が違うと思いますが、精神科医療は検査でわかるものではないので、医師のレベルとモラルが問われます。簡単な診察で病名を診断されて投薬治療が始まれば何も知識のない患者は誤診であろうが、薬が合わなくても通い続ける場合もあります。

患者は信頼できる医師に出会うまで病院を転々とするケースが多いです。

医師免許と多少の知識さえあれば、密室の空間での診察ですから医師の裁量で全てが決まります。

患者が自殺や自殺未遂をしても罪に問われることもよほどの誤診や異常な投薬でも行っていない限りないでしょう。

社会不安障害やうつ病等の治療では精神薬を処方されますが、精神薬の精神への影響、副作用、依存性、安全性などが保障されていないんです。

しかし製薬会社は薬の販売で収益をあげるために、献金や癒着がある場合もあります。

精神薬の薬害訴訟は海外でも起こされています。

精神薬は添付文書という薬の効能や副作用などを記載したものがあるのですが、リスクはあります。

しかし、症状を放置して置いて自然治癒するものでもないので、臨床現場の医師のレベルやモラルが問われる状況です。薬の多剤処方はするべきではないと私は思いますが、インフォームドコンセントを行い薬のリスクも説明の上で薬をある程度使用して症状を緩和させることと合わせて、カウンセリングなどを併用するべきだと私は思っています。

精神疾患は脳や神経、心理に関わるので、知識不足の医師が臨床現場で安易に診断や投薬治療を行う日本の精神科医療は改善するべきだと色々な病院に行って感じました。

私は専門家ではありませんが患者目線から見て、精神科医だけでなく精神科医療に関わるカウンセラーや薬剤師、精神保健福祉士などの教育をきちんと見直すことも必要だと考えています。


日本に何百万人といる精神疾患患者。そしてこれから発症する予備軍。色々な研究者の意見もあるでしょうが、現代医学では確実に治る治療方法は見つかっていません。

精神疾患患者を社会で偏見、差別していても何も生まれません。

ネットや精神科医ではわからない症状や、学生期、社会人になってどんな困難が待ち受けており、

なぜ患者が自殺や貧困に陥ってしまうか。

世間の精神疾患に対する偏見や差別。

日本の精神科医療の問題点。

精神疾患患者に対する行政の支援体制の問題点。

精神疾患患者の雇用問題。

自分は小学生で病気を発症したからこそ、わかることが多数あります。

精神科医が書いた本ではなく、病気の体験者の自分がわかる情報を伝える必要があると思いました。


また、本であれば学校の図書室や保健室、図書館などに置いてもらえることもあるかもしれません。

書店だけでなく、アマゾンなどの通販で買うこともできます。

社会不安障害は学生期に発症することが多いです。多くの患者と同じようにクラスで孤立していました。

学校に居場所がありませんでした。

そんな学生が学校で周りの目を気にすることができずにほっとできる場所。それは図書室です。

私も学生時代は孤立していたので、クラスにいるのが苦痛で休み時間は図書室で本を読んでいました。

これは私の考えですが、社会不安障害を発症する人は性格的に真面目な人が多いと思います。

そんな真面目な方は本を読む傾向が強いと自分自身の経験で考えています。


また、研究者や評論家やジャーナリストなどもネットでも情報を調べますが、本や文献、論文などをよく読んでいます。

私は社会不安障害や精神疾患について原稿と企画書を書き上げました。

そして何十社もの出版社へ送りました。

しかし、現実は厳しく採用はされません。

編集者に理由を聞くと

「企画書を読んだが、テーマが難しいし、出版もビジネスでやっているから売れるかわからない物は採用できない」と言われました。

ただの一般人の私のような存在は相手にはされず、原稿すら読んでもらえないことが当たり前です。

テーマは難しいですが、普段本を読まない人などにも読みやすい内容で原稿は書き上げました。

大学病院の医学部の学生や患者にも原稿を読んでもらい、とても勉強になったし、

マスコミが報道しないなら、本として出版してこの問題を発信するべきだと言われました。

しかし、原稿を読んでもらわないことには本の出版など夢の話です。

書店に行くと有名人や著名人の本がたくさん置いてあります。

中には世間を騒がせた犯罪者の手記が置いてあります。

出版不況といわれ本が売れない時代なので、出版業界もビジネスです。無名な一般人が本を出すのは芸能人のオーディションに受かる位の難関です。知名度のある人の本や話題性になるものを出版社が採用して販売するのは当然のことでしょう。

自費出版も考えましたが、多額の費用がかかるので、私にはできません。

売れる保証があるならなんでもいいのか?

社会問題や病気で苦しんでいる何百万人もの人を救うことになるかもしれない、

この原稿の価値はないのか?

今も企画書や原稿を書き直して出版社へ送ったり、なんとか社会に発信しようとテレビ局や新聞社やジャーナリストなどに精神科医ではなく、患者の私に取材をして欲しいとお願いをしたり、病気で苦しんでいる方や弱者を救おうと活動しているNPOや著名な方に協力を依頼したりしています。

しかし、無名な一般人の私は全く相手にもされません。

発達障害などの問題に取り組んでいる、南雲明彦氏、内閣府「障害者差別解消支援地域協議会の在り方検討会」委員に協力を頼んだところ、2015年7月14日にツイッタ―にこんな返信がきました。

「夜中にHPからも連絡頂きましたが、残念ながら共感する部分はありませんでした。丁寧な文面だけど、他力本願。本の先にいる人のことを考えている人は、こんな安直な戦術取らないですよ(^.^)」

私は病気の体験者です、その辛さは十分に理解していて、同じ病気で苦しんでいる方のことを思って

自分も辛いですが行動しているのに、大変ショックを受けて傷つきました。

内閣府「障害者差別解消支援地域協議会の在り方検討会」委員の方の言動として信じられませんでした

内閣府「障害者差別解消支援地域協議会の在り方検討会」は病気や障害者への偏見や差別をなくすための国や行政の政策を考える機関です。

同じ社会不安障害の患者の方がツイッターで上で意見を言ったところ、

自分の思想をツイートしていました。失礼な方から連絡をもらった。交渉の仕方がまちがっている等。

南雲氏のホームページを見ると障害をもった方の力になるような活動をしていて、

障害に対する啓発活動をしており、内閣府の委員になる方ですから、

講演なども行いすばらしい人格者だと誰でも思うと思います。私もそう思いました。

結局ホームページの情報なんてあてにならないんだなと失望しました。

忙しくて協力できないなら構いません。国の機関に関わる人物で活動などしているなら、言動に気を配り、メンタルの病気で苦しんでいる患者のを傷つけるような返信をしないで欲しいと思いました。


そのような状況なので、このようにネットに文章を書いたり

ツイッターで情報を発信したりしています。

私のツイッタ―をご覧になられる方もいるかもしれませんが、

趣味のことやニュースなどもツイートしています。

精神疾患のことばかりツイートしてもネガティブなイメージしか持たれないだろうと言う点と、

精神疾患に偏見を持っている方が多いので、

精神疾患でも異常者ではなく趣味などもあり、皆さんと変わりませんよと伝えるのと同時に、

ツイッタ―の特性上、一般の方が興味を持つような話題もツイートしていれば、

見た人が、何かの形で精神疾患について考えるきっかけになればと思うからです。

本当に厳しい道のりで、葛藤の日々です。

仲間もいないので孤独に一人で行動しています。

ただの一般人の孤独な活動です。心が折れそうになることの繰り返しです。


それでも私は諦めません。キング牧師のように。

「私には夢がある」I Have a Dreamだから


長文を読んで頂きありがとうございます。

面白い話でもありませんし、心の病気で苦しんでいる方以外には関心のないことかもしれません。

でも日本国内だけでも心の病気で苦しんでいる人は何百万人といます。

家族や友人や知人、恋人などあなたの大切な人が心の病気になってしまったらどうしますか?

自分自身が心の病気になってしまったらどうしますか?

そうなってから慌てて行動をしても、現状の日本社会の構造では困るのは皆さんなんです。

 

少しの時間でも構いません。インターネットにも情報はあります。

心の病気や精神疾患について考えてみてくれる方がいることを願います。

 

キング牧師のこともネット上に活動内容なども出ています。

YouTubeで歴史に残る演説I Have ADream(私には夢がある)も見れるので、

興味のある方は聞いてみて下さい。

 

日本には色々な社会問題があります。ブラック企業、労働問題、少子化、被災地支援、原発、米軍基地問題など解決しなくてはいけない問題が沢山あります。

しかし、政治家に任せていても解決しない現状の日本です。

生きずらい日本社会に不満を持っていても、みなさん自分の生活も大変ですし、実際に何か行動しようという人は少ないかもしれません。

私は精神疾患の症状の辛さや精神疾患への偏見、差別などに関しては小学生から身を持って体験して現在も苦しんでいるので、

同じ病気で苦しんでいる方や精神疾患で苦しんでいる人の為にも声をあげなくてはと思っています。

 

心の病気は人の心をボロボロします。命まで奪われてしまうこともあります。けれども現在の日本では精神疾患というだけで偏見や差別をうけたり、精神科医も素晴らしい医師の方もいますが、残念ながらモラルのない心の病気の治療をビジネスとして行っている医師が大勢いるのが現状です。

何百万人といる精神疾患患者をただ病院に通わせて薬を飲む治療だけを行っても医師と製薬会社に皆さんの払っている健康保険料が使われるだけで、患者の社会復帰対策を考えなくては経済的にも多きな損失です。

 

日本国憲法の3大原則に基本的人権の尊重が明記されています。

※すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地(もんち)により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

※すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

と明記してあります。

心の病気で苦しんでいる何百万人の患者の基本的人権が尊重されているとは思えません。

 

私は何の社会的影響力もない、心の病気を患った世間から見れば偏見をうけるような立場です。

毎日苦しい生活です。仲間もいません。孤独な活動です。何も変わらないかもしれません。

でもこの問題に対して、訴え続けて行きたいと思っています。

私の活動にご協力いただける方、力を貸して下さい。

※フェイスブックにメッセージを頂いてもシステムの問題なのか、

メッセージが届きません

メッセージやご連絡はツイッタかメールにお願いします。

ツイッターはシステムの問題などで届かないことがあるので重要な場合はメールにお願い致します。

ツイッター ピースヤス@happy111_y

メール happy11yasu@yahoo.co.jp

ちなみに社会不安障害についての自分の体験談は下記に連載しています。

よろしければ読んで頂けると幸いです。


社会不安障害の引きこもり、自殺未遂の私が大学を卒業し、ブラック企業で営業として働いた体験談、そして精神科治療の問題点について1 社会不安障害(SAD)の説明及び小学校、中学校編

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

素晴らしい活動だと思います!!

那須様 ありがとうございます。
コメントに勇気づけられました。
しかし、出版業界もビジネスです。
今の日本人にキング牧師の活動を学んで欲しいと思います。

伊藤 正

社会不安障害(SAD)の本を出版希望 東京都在住。社会不安障害(SAD)という病気を患っています.大学卒業後、上場企業、メーカー、商社等で勤務 ツイッター、ピースヤス@happy111_y ※フェイスブックのメッセージはシステムの問題で届きません。

伊藤 正さんが次に書こうと思っていること

|

伊藤 正

社会不安障害(SAD)の本を出版希望 東京都在住。社会不安障害(SAD)という病気を患っています.大学卒業後、上場企業、メーカー、商社等で勤務 ツイッター、ピースヤス@happy111_y ※フェイスブックのメッセージはシステムの問題で届きません。

伊藤 正

社会不安障害(SAD)の本を出版希望 東京都在住。社会不安障害(SAD)という病気を患っています.大学卒業後、上場企業、メーカー、商社等で勤務 ツイッター、ピースヤス@happy111_y ※フェイスブックのメッセージはシステムの問題で届きません。

伊藤 正さんの他のストーリー

  • キング牧師の名言によって見つけた自分の生きる道

  • 伊藤 正さんの読んでよかったストーリー

  • ここが変だよ日本企業