大手財務コンサルティングの内定を取り消して、年収やキャリア採用を捨てた理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
188

このストーリーは、

大手財務コンサルティングの内定を勝ち取ったにも関わらず、



年収やキャリア採用を捨てて、

在学中にビジネスで独立する決意をした慶應生の話である。




第一部 <友人との再会>


就職の内定、取り消そうかな。。。。。。




大手財務コンサルティングから内定を勝ち取り、

時間と心にも余裕ができたから、

社会人2年目の友人と久しぶりに会うことになった。



僕は浪人と交換留学でニューヨークにも行ってたから

同級生と比べて2年間進学が遅れていたんだ。



また、その友人も業界最大手の一社で

コンサルタントとして働いてたから、



実際に社会人になる前に、

コンサルタントという職業が一体どんなものか

聞いておいて損はないだろうと思ってた。




友人は都心の駅から程近いマンションに住んでて、

友人宅で宅飲みすることになった。



いい感じの企業から内定をもらえたこともあって、

『久しぶりにお酒を飲んでテンション上げまくるぜ!!』と

僕は意気揚々と待ち合わせ場所にダッシュしていた。




その一方で、

久しぶりに会った友人は、



就活直後の有頂天になっていた頃とは

比べ物にならないほど生気を失ってた。。。



というのも、彼が内定したばかりの頃は、

それはもうリア充を絵に描いたような生活をしていたからね。





僕が実際に参加したことはなかったけど、

商社や投資銀行、テレビ局などに内定を決めた就活エリートたちは



彼ら限定のLINEグループを作って

就活での勝利をお互いに称え合っているらしい。。。(T~T)



一流企業からの内定を得た友人も例に漏れず、



就職活動が終わると同時に、

一流企業内定者限定グループに所属して、

勉強会という名の「恋活」に明け暮れていたんだ。


友人
かわゆいバンビーナと
毎晩居酒屋パーリナイだぜ!
守淳史
マジかよぉ〜!!!
それって飲み放題??
友人
あ、悪りぃ。
今から姫ピッピたちと勉強会してくるわぁ〜。
守淳史
もしよかったら、隣の席で
”Lineふるふる”してもいいですか??


リア充なグループの話を聞いて、

こんな感じにテンションを上げていたのを覚えてる。。。(^^;)



でもその頃と比べると、

その友人はなんだかまるで、



”日本版ムンクの叫び”に見えるほど疲れ切っていた。。。。



仕事のし過ぎで疲弊したためか、

以前のような目の輝きは失われていた。



また、ムンクほどハゲてはいなかったが、

なんやかんや、頬もこけていたような印象だった。



守淳史
まさか、、、、
ゼロカロリーのコーラに代えた??
友人
え、何のこと???ww


こんな感じで会話が始まったが、

その声からも仕事で疲れきっていることが伝わってきた。


彼の就職先の仕事環境は驚くほど過酷だった。



彼の1日の仕事は、

カフェでのコーヒーの注文から始まる。



というのも、

上司の好きなトッピングを盛り付けたコーヒーを

持っていくことが新入社員の役目だったからなんだそうな。



毎朝 勤務時間にはオフィスに着くように、

早めに起きて 10人分ほどのコーヒーをトッピング込みで注文する。



朝のコーヒー配りが終わったら、

終電がなくなる朝方まで ずぅーっとパソコン作業をしていた。



仕事の息抜きは 昼休みの1時間だけ



昼休みには、

先輩社員と一緒に外食に出かけるんだけど、



会社が都内のオフィス街にあるから、

ランチするだけでも2000円以上かかってしまうらしい。。。(*~*)



さらに、

1日の仕事が終わって帰る頃には、



すでに電車の終電時刻を過ぎているから、

毎晩タクシーで自宅まで帰っているそうだった。



こんな話を聞いて、

彼の働き方になんだか違和感を感じたんだ。。。



僕にとっては彼が、

毎日高級な昼食を先輩と食べたり、

毎晩夜遅くにタクシーで帰宅するために

一流企業で朝から晩まで働いているようにしか思えなかった。



そんな風に感じた僕は

友人に仕事で働く理由について聞いてみた。


守淳史
そもそも、
なんのために働いてんの?
友人
え、あんまり考えてなかったな。。。
キャリアのためかな?
友人
あと3年くらい働いたら、
他の会社に転職してキャリアアップしたい。。。
守淳史
じゃあ、
給料上げたあとに何したいの??
友人
え、なんだろ。。。
あんまり考えてなかったかな。。。


『なぜ働く必要があるのか?』


友人と久しぶりに話した結果、

働く理由について明確化しておくことがとても大切だとわかった。


友人は、働く目的を定めないまま、

ただ黙々と仕事をこなしていた。


その結果、


高額な昼食を食べたり、タクシーで帰宅するために

働いているという現実に気づけなかった。。。



だから、僕は大学卒業後の人生を

もう一度ゼロから考え直すことにしたんだ。




第二部 <働く理由>


〜なぜ働いてお金を稼ぐ必要があるのか?〜


日々働いてお金を稼ぐ理由について考えるようになった。

就職活動をしていた頃は、


守淳史
どんな職業なら給料高いんだろう?
どの企業ならエリートっぽいかな?


こんな適当な基準で

条件の合う企業を探し回っていた。



内定を獲得したコンサルティングファームも

『高収入でエリートっぽい』という理由だけで選考を受けていた。



しかし、

『一流企業に勤めて、高給をもらえれば幸せに暮らせる』
すでにそんな妄想は打ち砕かれていた。




一流企業に就職して、

同期の就活エリートたちと合コンを楽しみまくっていた

友人のいま現在の生活ぶりを見て 同じ生活をしたいとは思えなかったからだ。



だから、『他の人にどう思われるか』という基準ではなくて、

『自分ならどんな人生を送れれば幸せか?』という基準で

働く理由について再び考えてみることにした。



その結果、

海外旅行を好きなだけ楽しめるだけのお金が必要だから


という結論になった。



僕は海外旅行中毒と言われても仕方がないほど、

一時期は時間さえあれば様々な国へ旅行していた。



というのも、ニューヨークで交換留学する際に、

交換留学生対象の返済不要奨学金を150万円ほど支給されていて、



そのお金を元手に海外旅行をしまくって、

なんと1年間の留学の間に、気づいたら11カ国もの国を旅行していたんだ。



そんなわけで、

1カ月に1カ国は海外旅行するような習慣がついてしまい、

とても身近な趣味のように感じるようになってた。



しかしそれと同時に、

大学を卒業して社会人になれば



これほど海外旅行に没頭できることなんて

もう死ぬまで一生ないんだろうな。。。



そんなことを時々考えては、

次の海外旅行の目的地を探していた。



だからこそ、もし大学卒業後も

好きなときに海外旅行できるのであれば、

それほど自分にとって幸せな人生はない!!


って確信したんだ。



第三部 <お金と時間のバランス>


〜僕にとって最適な働き方とは?〜




次に考えたことは、

好きなだけ海外旅行するにはどのくらい稼ぐ必要があるか


ということだった。



そこで、1月に1回滞在先を変えるという条件で

1月あたり必要な金額を簡単に計算してみたところ、

・航空券 …10万円程度

・生活費 …10万円程度

多めに考えてもこの程度だった。



つまり、金額的には月収20万円ほど稼ぐことができれば、

僕が幸せを感じるために必要十分だった。



だけど、

内定した財務コンサルティング会社で働くとなると、



初任給が600万円程度と

金銭的には申し分ない条件だったけど、



その一方で、

時間的・場所的に拘束されてしまうという決定的なデメリットがあった。



いくら月収50万円ほど稼げても、

朝から晩まで会社に拘束されてちゃ

海外旅行になんてなかなか行くことができない。



これじゃあ本末転倒じゃないか!!



そして、

『お金と時間のバランス』を考えることが必要不可欠!!

っていうことに気づくことができた。



僕が幸せに人生を送るためには、

朝から晩まで働いて 年収1000万円を超えることじゃなくて、



稼ぐ金額はある程度に抑えてでも、

時間的・場所的な自由が得られることが重要だった。




第四部 <新たなる挑戦>


お金を稼ぐ目的を明確にして、

『お金と時間のバランスを取る』ことの重要性に気づいた僕には、



すでに財務コンサルティングファームに

就職するという選択肢はなかった。





今の内定先に就職したら、

朝から晩まで働き通しなのは目に見えているし、



そんな状態でお金がガッツリ稼げたところで、

自由に海外旅行ができる自由な時間がなきゃ意味ないからね (^^)



そこで、大学卒業までに

時間や場所に縛られない働き方を見つけ出すことに決めた!



でもこの決断を下すまでには、かなりの葛藤を感じてた。



せっかく中学校の頃から真面目に勉強に励んで、

私立の名門である慶應義塾大学に入学して、

大手コンサル会社から内定をもらうこともできた。



これこそが、

まさに中学生の頃から夢見ていた結果じゃなかったのか??

高給取りになりたくて勉強を頑張っていたんじゃないのか??



こんな迷いがある一方で、

どうしても海外旅行を好きなだけ楽しめる生活を諦めきれない自分がいた。



悩みに悩んだ挙句、

もう一度生まれ変われたら

どちらの生き方を選択するか考えてみた。



今まで勉強に投資してきた10年余りのせいで

自分の気持ちに素直な判断ができていないと感じたからだ。



そしたら、なんの迷いもなく

好きなだけ海外旅行ができる生活を選んでいる自分がいた。





この瞬間に、僕の気持ちは固まった。



今まで築き上げてきた勉強や学歴の全てを捨ててもいい、

その代わりに時間的・金銭的自由を何としてでも手に入れてやるって。




大学卒業というタイムリミット。

失敗すれば、ニート街道真っ逆さま。



20代前半で社会人経験のない大学生が

在学中にビジネスで独立するという



人生をかけた挑戦が始まった!!



この決断をしてたった半年後には、

ビジネスを軌道に乗せてパソコンとネット環境があれば

世界中のどこでだって稼げるように生まれ変わることができた。



今まで築き上げた学歴やキャリアで

働き方や生き方を無意識のうちに制限している人はとても多いと思う。



でも、そんな時には

お金を稼ぐ目的を明確にして、

お金と時間のバランスがうまく取れているか確認してみると

今とは全く違う世界が見えてくるかもしれないよ!(^^)




最後までお読みくださりありがとうございました!



ストーリーに共感して頂けたり、面白かったと感じて頂けましたら、

『読んでよかった!』ボタンを押していただけると大変ありがたいです。

また、ストーリーへの感想も大募集中です!!(^^)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

僕は2016年9月に大学を卒業しますが、

今現在はそれまでに自由な人生を実現させるための準備をしています。



ブログやFacebookもやっているので、

僕の生き方や価値観に共感してくださった方は、ぜひ繋がりましょう!(^^)

(ブログやFacebookのリンクはプロフィール欄から確認ください。)

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

エリート街道を捨て、大手企業を捨て、「自由に生きる」と決断することは並大抵の葛藤ではなかったと思います。でも、その意志を貫く生き方は本当に素敵だと思います。度々出てくる画像たちにも笑わせていただきました^^ありがとうございました。

山田さん
ご感想まで 誠にありがとうございます(^^)

Hitomiさん
ご感想誠にありがとうございます。
やはり、人生はスリル、ショック、サスペンスですね(^^)

『自分にとっての幸せ』を他人の尺度で考えてしまうとどこかで人生がおかしくなってしまいますよね。
自分が幸せになるためにはどういう生き方をすればいいのか、それを若いうちから真剣に考えられる人ってすごくすくないんじゃないかなと思います。

Nozzieさん
ご感想ありがとうございます (^^)
祖母の家族はもともと会社経営をしていたんですが、戦争で家諸共焼き払われて東京を追われて福島に逃げてきたんです。
その当時に馬小屋で寝泊まりしていたこともあったらしく、「それでも楽しかったよ」という祖母の言葉から衝撃を受けて「幸せってなんだろう?」と考えるようになりました(^^)

こんばんは
面白い話だなと思いました。ご友人は就職した後にしばらくの間はパーティー
で時間を使うなどの余裕のある生活をできたということですよね。
新卒チケットを捨てるということをされたのは残念だったなと思います。
さらに、プログラマー等の手に職があるわけでもない人がノマド生活を
するのは辛いかもしれないと自分なんか感じるのですが、そんなこと
言ってたら一歩を踏み出せませんよね。起業してそれがうまくいくよう
がんばってください。
 それから、どんな人がBCGやマッキンゼーに就職できるんでしょうね?
さらに、コンサルに就職するとどんなノウハウが身につくんでしょう?

山田さん こんばんは(^^)
就活エリートたちのパーティーは就職前に企画されているそうですよ。
また、自分にとっては大企業で安定した生活をすることよりも、より自由に生きることのほうが圧倒的に大切だったんですよね。多少の困難があっても、1日1日の行動を自分で決断していきたいっていう強い思いがあります。
それと、コンサル業界についてですが、就職していないので正直あまりわからないですね。(^^;) 私はボストンキャリアフォーラムという海外の就活イベントに参加したため、SATなどのテストも受ける必要がなかったんです。

守 淳史

慶應義塾大学に通う大学4年生です。 就職を諦めて、自由を追い求める! 『創職男子』として活動中!! ・メインブログ はコチラです! 【Affiliate Business Community】 http://perfectlifeproject.com ・Facebookでの友達申請は大歓迎で

守 淳史さんが次に書こうと思っていること

|

守 淳史

慶應義塾大学に通う大学4年生です。 就職を諦めて、自由を追い求める! 『創職男子』として活動中!! ・メインブログ はコチラです! 【Affiliate Business Community】 http://perfectlifeproject.com ・Facebookでの友達申請は大歓迎で

守 淳史

慶應義塾大学に通う大学4年生です。 就職を諦めて、自由を追い求める! 『創職男子』として活動中!! ・メインブログ はコチラです! 【Affiliate Business Community】 http://perfectlifeproject.com ・Facebookでの友達申請は大歓迎で

守 淳史さんの他のストーリー

  • 慶應生が『バイスジャンガル』で牛糞をかき集めた話

  • 守 淳史さんの読んでよかったストーリー

  • @SOHO創業者が語る、『順風満帆の人生を送っていると思われている私が、実は結構”失敗”と”挫折”を経験してきた話』