弟の突然死から学んだこと 3

このエントリーをはてなブックマークに追加
168

弟の突然死のあと、

毎朝、目がさめることが、幸せなことだと感じ続けています。




そして、私にとって、今回の現実は、何を教えてくれてるのだろうと考え続けています。



弟の3人の息子たちは、社会に出る前に父の死を経験しました。


一番下の三男は、県立高校の受験の前日の夜に、父親が遺体で帰ってきました。


翌日、

お父さんが喜んでくれるから受験する。

そう言って、受験をしましたが、さすがに合格できませんでした。


弟の奥さんは、突然の夫の死を体験しました。


私の母親は、一番下の息子が、自分より早く旅立つという現実に直面しました。



そんな母親を素晴らしいと誇らしく感じたことがありました。




それは、告別式の時、


親族に向けてご挨拶をしてくださる

それぞれ全員に

声を出して、はっきりとこう言っていたことでした。


ありがとうございました。



弟にとっては姉になる、私の妹も、同じように、

ありがとうございます。と声に出していました。


3人兄弟が、ふたり兄妹になったね。


妹は、参列者の列が途絶えた瞬間にそう言って泣いていました。



私も、母と妹につられるように、ずっと、ありがとうございますといい続けました。



「ありがとうございます」と挨拶しながら、弟は、生きている間に、これだけの多くの人に情熱を伝えてきたんだなと感じました。


母は、納棺の前に、大きな声で、こう言いました。


こんなに多くの人に来て貰って。あなたは幸せだったね。








弟のやり残したことは、ものすごく沢山あると思います。


3人の息子は未だ社会人ではありません。全員学生です。


仕事に全力投球していましたので、責任者の自分が急死したことは残念でしょう。


18歳からお世話になった会社の心配もしたでしょう。




そう考えながら、

私は弟の分まで、私の仕事を深く深くやっていこうと決めました。



私の今の仕事は営業のコンサルタントです。


営業が不得意な人に教えます。

まだまだ、うまくなりたい人にも教えます。

一方で、営業の天才のような方がたにもアドバイスします。

その会社全体のコンサルをします。


徹底的にモチベーションを上げるコーチでもあります。

いろんなセミナーの講師としても活動しています。


また、「論理エンジン」という教材を活用して、

営業マンに「論理」を説き、

仕事に活用する方法を伝授しています。


数多くの動画をアップしています。


そんな活動をまとめて、

「感情営業プロデューサー」と称して活動しています。


これからは、

技術的なことを伝えるだけでなく、

いろいろな活動の前提となる

「情熱」を伝えることにも

全力を注ごうと思っています。



それは、

告別式で最後の納棺の前に、

弟の顔を触った時の冷たさと


ひとりひとりに

「ありがとうございました」と

お礼を続けていた時に

急に湧いてきた感情でした。



生きている私は、

生きている間に

「情熱」の重要性を伝えなければなりません。



もちろん、これまでの人生で得たことで、

相手の役に立つと確信していることは、

これまで以上に1回1回を丁寧に

しっかりと伝え続けなければなりません。



一番大事なことは、「情熱」の土台の上に、

多くの技術的なことがあること。



「情熱」があるから

いろいろなことが、学んだ技術と結びついて、

うまくいくのだと

あらためて伝え続けなくてはならないのです。



それに、

生きていること自体の

大切さも伝えなくてはなりません。




また 弟と

天国で会えるまで、

私は「情熱」を伝え続ける人間であり続けたいと思います。



そして、その時は、

旨い薩摩焼酎を酌み交わしながら

いろんな思い出話をしたいと思います。



                                  

 天野功一

 コーチ、コンサルタント

 感情営業プロデューサー


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

弟さんの死でより一層強くなった、天野さんの情熱のひとかけらを、おすそ分けしていただけたように思います。私も人に伝えていく活動をしていきたいです。深く考えさせられるお話を、どうもありがとうございました。

素晴らしいコメント。ありがとうございます。

天野 功一

天野功一(あまのこういち) 感情営業プロデューサー、 コーチ、コンサルタント。 鹿児島市出身。 大手損害保険会社に30年近く勤務。 50歳を超えて起業家として独立。 短い時間で人を惹きつけ成果につなげる『感情営業』を武器に感情営業プロデューサーとして活動中。ペットはうさぎ

天野 功一さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(1)

「元素の勉強」に驚きと感動を!!熱狂と興奮を!!とある塾長の実録奮闘記

私が今死んでない理由

最終話:11歳で母を自殺で亡くした若者が生きることを諦めなかった『からあげ』の話。

③『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その3(再婚とオンライン空間)

②『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その2(シングルから再婚へ)

①『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その1(シングルになった経緯)

50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。そのゼロ回

殺したいほど憎かった酒乱の親父が言っていた「〇〇になるなよ」という言葉が生きる力になっている話

23歳、社会人1年目の僕が“うつ”で死にそうになり、8コ上の萌え声お姉さんの「そっか、あなたは○○をしたかったんだね」というたった一言に泣き崩れ、生きる活力をもらった話。

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

就活生へ捧ぐ、ベンチャー企業に入ろうしていた私が大企業に入った理由

飲食業勤め最後の一年。

高校時代は日本の教育に疑問。今は教育業界で働くワーキングウーマンの話し。

天野 功一

天野功一(あまのこういち) 感情営業プロデューサー、 コーチ、コンサルタント。 鹿児島市出身。 大手損害保険会社に30年近く勤務。 50歳を超えて起業家として独立。 短い時間で人を惹きつけ成果につなげる『感情営業』を武器に感情営業プロデューサーとして活動中。ペットはうさぎ

天野 功一

天野功一(あまのこういち) 感情営業プロデューサー、 コーチ、コンサルタント。 鹿児島市出身。 大手損害保険会社に30年近く勤務。 50歳を超えて起業家として独立。 短い時間で人を惹きつけ成果につなげる『感情営業』を武器に感情営業プロデューサーとして活動中。ペットはうさぎ

天野 功一さんの他のストーリー

  • 第1話【自らがんとの闘いに勝ち抜いて、他のひとの向上と幸福を願う熱血魂・ 廿日出庸治(はつかでようじ)さんの生き方】

  • 天野 功一さんの読んでよかったストーリー

  • 天野功一@潜在意識との100個の約束 その3