「やれることはなんでもやる」人生から、「これしかできないことをやる」人生に切り替えてみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
51

いよいよ、引っ越しも終わり。


僕はこれから、東京を離れて、故郷に戻り、文章を書く仕事をしながら、静かに暮らしていこうと思っています。


とはいえ、東京という街とのご縁がばっさり切れるというわけではなく、いくつかのお仕事を貰いつつ、東京と故郷を月一くらいで行き来する二重生活をすることになりそうです。


仕事については、最終的に選んだ、というか、それ以外に選択肢がないというところまで自分と向き合って考えた結果、フリーランスライターという職業を生涯の糧としていくことに決めました。


おそらく、このキャリア決定は、今後揺らぐことはないと感じています。僕自身、それほど器用な人間ではない(ということが東京での暮らしでとてもよくわかった)ので、たぶん死ぬまでにできることと言えば、文章を綴ることくらいかな、と。


今のところ、駆け出しの僕のような者に、いくつかのお仕事をくださる方々に恵まれ、フリーランスライターとしての実績を少しずつ積み重ねていくことができそうです。これは、とてもありがたく、幸運なことだと思っています。


まあ、食えなくなったら、その時はその時で考えればいい、という腹を括った思いもあります。死なないうちは生きていなければならないですし、仕事なんて、やろうと思えば星の数ほどあるわけで。


ただ、2016年夏に身体を壊して前職を退職して以来、体力は以前と比べて明らかに衰えています。時間を忘れて長時間働くようなことはできませんし、お酒をたくさん飲むこともできません。眠りは浅く、長くなり、辛い頭痛に悩まされることも多々あります。


ある意味で、僕に残されている時間、やれることは非常に限られている、という想いがあります。


なので今後は、仕事に関して「やれることはなんでもやる」というよりも、「これしかできないことをやる」というスタイルでいこうと思っています。


思えば、東京で過ごした今までの時間というのは、「やれることはなんでもやる」をモットーに、自分を出来るだけ社会に近づけ、手元に何が残るのかを知るための壮大な学びの時間だったような気がします。


しかし、東京に出てきて6年間、SEO、占いライター、新規事業企画、サイト運営と、やれることはなんでもやって、時間と稼いだ金を注ぎ込み、身体を壊して手元に残ったのは、傷だらけの心身と、「人生は有限」という研ぎ澄まされた確信のみ。


「これしかできないことをやる」というシンプルな答えに行き着くまでに、ずいぶん苦労をしたものだ、とも思います。


でも、この過程がなければ、僕は今でも「やれることはなんでもやる」ということに気を取られて、別の可能性を捨てきれずに紆余曲折を繰り返しただろうと思うのです。


会社を作ったり、出世したり、新しい事業を立ち上げたりするのも、恋愛をしたり、結婚をしたり、子供を作ったりするのも、音楽をやったり、絵を描いたり、小説を書いたりするのも、結局は世界のごく一部を担うだけです。


僕たちはどこまで行っても世界のごく一部を知ることしかできません。世界のすべてを知るためには、あまりにも人生は短く、時間が圧倒的に足りないからです。


だからこそ、重要なことは、自分がどの世界の一部を担い、やり切る自信を持てるか、ということに尽きるのではないでしょうか。


やれることは考えていけばたくさん思いつきますし、世の中には理想とされる人生のロールモデルが溢れています。可能性を追っていけばきりがないのですが、残念ながら何かをやり切るための時間は有限です。


これがやれたらいいな、ということにあれこれと手を伸ばしている時間は残されていないのです。


だから、僕はせめて残りの人生を、自分が自信を持ってやり切れることだけに使っていこうと思います。


村田悠(Haruka Murata)


▼村田悠の小説・音楽を無料公開しているポートフォリオはこちら

http://www.harukamurata.com/

▼Twitterアカウント

https://twitter.com/muratassu

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

狭井 悠(村田悠)

「やれることはなんでもやる」人生から、「これしかできないことをやる」人生に切り替えてみた。33歳フリーランスライター。

狭井 悠(村田悠)さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

私が「ストーリーカウンセリング」を立ち上げるまで 【あなたの人生も必ず何かに導かれている】

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(2)

ソフトバンクの孫社長に個別コンサルしてもらったら。気がついたら起業してた話。

【2001年】孫さんとの思い出(YahooBB立ち上げ) 長編

医療事務でのイジメで人間をやめようと思った日の記憶

「安定していけば、生涯年収2億円」僕は大学を辞めることを決めた。

〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜【第一話】『うつ病になった日…』

第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

〜出逢い前夜〜僕がひとりの女性と出逢い、それまでのドン底から、経営者になって代官山に住むまでの話。

共感覚から見た「 不安 」と「 希望 」の色

【地球の裏側で元ホストと旅をして学んだ魔法の言葉】

世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

典型的なコミュ障理系院生だった自分が某大手お菓子メーカーの飛び込み営業チームのリーダーとしてなんとか一年間務め上げた話 その①

狭井 悠(村田悠)

「やれることはなんでもやる」人生から、「これしかできないことをやる」人生に切り替えてみた。33歳フリーランスライター。

狭井 悠(村田悠)

「やれることはなんでもやる」人生から、「これしかできないことをやる」人生に切り替えてみた。33歳フリーランスライター。

狭井さんの他のストーリー

  • 僕がフリーランスライターになるまでの沿革【所要時間3分】

  • 狭井さんの読んでよかったストーリー

  • ちくわに母を殺されたハタチの大学生の話