僕がフリーランスライターになるまでの沿革【所要時間3分】

1 / 3 ページ

前編: 「やれることはなんでもやる」人生から、「これしかできないことをやる」人生に切り替えてみた。

どうも、村田悠(Haruka Murata)です。


前回の記事【「やれることはなんでもやる」人生から、「これしかできないことをやる」人生に切り替えてみた。】を書いてから、自分の生い立ちや、家族のこと、仕事のことをもう少し詳しく書きたいなと思い、あれこれ下書きをしたりして、思案していたのですが。


まどろっこしいな、と。


偉人ならともかく、まだ何も成していない32歳独身フリーランスライターの人生なんて誰も時間かけて読まねーよ、というツッコミが僕の中でそこはかとなく発生したので、所要時間3分でご理解頂けるように、以下、箇条書きで、僕がフリーランスライターになるまでの沿革をまとめました。


誰の役に立つのかも不明ですが、まあ、時間のある方はカップ麺が出来上がるまでの間にでも、ぜひご覧ください。


はい、スタート!


●三重県に長男として生まれる、家族は父、母、妹の四人


●父が下半身不随になり、身体障がい者になる


●両親が不仲により離婚、父方で育つ


●母がハーレー乗りの旦那と再婚

→この辺りまでは自分の意思でコントロールできないエスカレーター式の人生、人生の不条理とか、闇的な部分を蓄える時期だったと思う


●三重県の某高校に入学して、バンド活動を開始、ギターがそこそこ弾けたのでエースという称号(あだ名)を襲名、初めての彼女もでき、ハードコアバンドに加入してスキンヘッドにし、粋がる


▼当時の僕



●高校の卒業式に出たい、という理由だけで京都の某大学の後期入試を受験、テストでナンバーズばりの奇跡を起こして入学

→毎日が楽しくて、人生楽勝、と思えたのはここまでで、以降、苦悩の日々が始まる


●京都の某大学にまったく馴染めず、7年間かけて卒業(4年+3留年)、大学で得たスキルは主にメタルギターの演奏と麻雀

→6回生の時、アルバイトで入った大阪グルメサイトの取材ディレクター業務がハイパーブラックで、心をバキバキに折られて卒業が1年遅れ、鬱々とブログを更新するうちに、「俺、書くことが好きかも」と思い始める


●某スパで働いていた友達の女の子が、東京にある某SEO会社の会長に土下座してお願いしてくれたおかげで、25歳にして新卒扱いで就職、上京


●エクセルのエの字もわからないような状態から、SEO、ウェブ業界の基礎知識を学ぶ


●村上春樹の「1Q84」の本の扉に書かれた言葉を読んで、体に電流が走り、「僕は小説を書かねばならない!」と慧眼


▼これですね

ここは見世物の世界

何から何までつくりもの

でも私を信じてくれたなら

みんなの読んで良かった!