日本の会社を辞めて中国上海で働くまでの経緯。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年の年末、一緒に住んでいた女に僕は言った。
「上海で働く。今の会社辞める。」
考えてというよりも、僕自身、突然自分の口から言葉が出た、そんな感じだった。
その後、年末実家に帰省して、地元の仲間にも言った。
「上海で働く。今の会社辞める。」
退路を断つようにコミットした。
それでもまだ親には言えなかった。
ただ自分の中で、完全に覚悟できていた。
あとはどうすれば実現できるか。
それを考えて行動するだけ。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

頑張りましたね。頭で考えることより行動です。上海は僕にとっても第二の故郷。たまに帰りたくなる時がある、今は横浜住まい。

亀貝 康明

请多关照!中国人ではありません。でも上海に住んでいます。できる限りバランスの取れた思考で物事を考え見るようにしています。その上での発信。

亀貝 康明さんが次に書こうと思っていること

|

キャリア・転職のタグがついたストーリー

得たものと失ったもの(33歳)

夜のホーチミンにて - 会社を辞めた23歳が真剣に将来について考える 〜前編〜

月収19万円だった私が、ある日突然、年収360万円の副収入の道を手に入れた話

東大生のリアルすぎる就活日記【第一話】

今の現状について ni

第13話「アメリカの洗礼 続き そしていよいよ授業を選択する時」⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第12話「アメリカの洗礼」⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第11話『バークリー音楽院?バークリー音楽大学?』⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

「東京のお父さん」って、何だろう?

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(1)

第10話『バークリー音楽大学へ行った事』⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第8話『諦める、という決断』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第7話『〜奨学金オーディション 後日 VSアメリカ〜』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

亀貝 康明

请多关照!中国人ではありません。でも上海に住んでいます。できる限りバランスの取れた思考で物事を考え見るようにしています。その上での発信。

亀貝 康明

请多关照!中国人ではありません。でも上海に住んでいます。できる限りバランスの取れた思考で物事を考え見るようにしています。その上での発信。

亀貝 康明さんの他のストーリー

  • 第6回 日本の会社辞めて中国上海で働くまでの経緯。

  • 亀貝 康明さんの読んでよかったストーリー

  • 医者になれなきゃ死んだ方が良いと本気で思っていた高校時代のお話