日本の会社を辞めて中国上海で働くまでの経緯。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年の年末、一緒に住んでいた女に僕は言った。
「上海で働く。今の会社辞める。」
考えてというよりも、僕自身、突然自分の口から言葉が出た、そんな感じだった。
その後、年末実家に帰省して、地元の仲間にも言った。
「上海で働く。今の会社辞める。」
退路を断つようにコミットした。
それでもまだ親には言えなかった。
ただ自分の中で、完全に覚悟できていた。
あとはどうすれば実現できるか。
それを考えて行動するだけ。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

頑張りましたね。頭で考えることより行動です。上海は僕にとっても第二の故郷。たまに帰りたくなる時がある、今は横浜住まい。

亀貝 康明

请多关照!中国人ではありません。でも上海に住んでいます。できる限りバランスの取れた思考で物事を考え見るようにしています。その上での発信。

亀貝 康明さんが次に書こうと思っていること

|

亀貝 康明

请多关照!中国人ではありません。でも上海に住んでいます。できる限りバランスの取れた思考で物事を考え見るようにしています。その上での発信。

亀貝 康明

请多关照!中国人ではありません。でも上海に住んでいます。できる限りバランスの取れた思考で物事を考え見るようにしています。その上での発信。

亀貝 康明さんの他のストーリー

  • 第7回 日本の会社辞めて中国上海で働くまでの経緯。 【完】

  • 亀貝 康明さんの読んでよかったストーリー

  • 30代でアメリカの音楽大学に留学したときのはなし(3)