皆さん初めまして。映画監督をしております古新(コニイ)と言います。

現在、初の長編映画「ノー・ヴォイス」が劇場公開され、この映画の監督と脚本を務めております。(*)「ノー・ヴォイス」…日本では年間17万頭の犬猫が《殺処分》をされている中、犬猫との共生のあり方を追いかけたドラマ&ドキュメンタリーの2本立ての映画です。

映画監督と言っても、40代で若手と言われるほど、下積みや経験が大変重んじられる世界です。私は映画監督として、まだまだ駆け出しというわけです。

なぜ、STORYS.JPに投稿をしようと思ったかというと、映画の公開をきっかけに様々なラジオに出演させて頂いているのですが、その中で決まって訊かれる質問が、

パーソナリティ
どうして映画監督になったの?

でした。その回答として、

実は映画監督を目指していたわけではなかった

と答えています。

私は小さい頃から虐められっこで、幼稚園〜小学校〜中学校〜高校〜大学と年季の入った虐められっこだったわけです。日本の学校教育に馴染めず、教育熱心な家庭のため家に帰っても終止窮屈に暮らしていました。そんな生活が続いたため、大学に入った18歳の春にダウンしてしまい、入学間もなく学校を休学することになったのです。

生きることが辛かった。もう生きたいと思えなくなった。

当日はそんな感覚だったのを覚えています。何をやっても息苦しく、身体の病気と共に精神的にも他者が全て怖くなってしまったため、絶望に浸っていたのです。

ただ、誰かと繋がりたいという気持ちは、小さい頃からとても強かったため、中学生の時から憧れていたインターネットのチャットの世界に藁にもすがるつもりでのめり込んでいきました。

インターネットの世界が人生を救ってくれた

と言っても過言ではないほど、インターネットの世界の仲間たちが私を救ってくれました。そこから様々な紆余曲折があり、映画の業界に入り、監督をするようになりました。

これから何回かに分けて、自分が映画監督になった経緯を投稿していきたいと思います。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

僕も同じ道を志す人間として是非、続きも読ませて頂きます!!

下山さん
コメントありがとうございます。

古新 舜

映画監督・コミュニケーションデザイナー 映画×教育をテーマに、世の中の当たり前を疑う姿勢、決められたレールから外れることの大切さ、2つの違ったものを融合させる姿勢をテーマに、作品創りを行っている。アクティブラーニング社羽根拓也氏に師事。社会人基礎力を養うワークショップを展開する。

古新 舜さんが次に書こうと思っていること

|

ひとコレのタグがついたストーリー

わたしの仕事は「たったひとりの人事」〜企業は採用が全て〜

【8話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで③女子高生が大学生の彼氏の家で1ヶ月ニート生活

【7話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで②1科目の受験だけで、高校の卒業を認定してくれる制度を見つける

【6話】高校を中退した女子が上智大学法学部に入学して卒業するまで①ある子の言葉がきっかけで、高校をやめるまでに追い詰められた

【後編・リアルベンチャーの衝撃と今】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【前編・目指した理由】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【中編・迷走と出会い】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の五・模擬試験】

アフィリエイトをやってみたら正社員で働くよりも稼げた話

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の四・予備校】

これがおれの2年だ!! 偏差値40高校出身のぼくがスタンフォードとUCバークレー大生限定のハッカソンに無理矢理参加して2位に入賞した話

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の三・記念受験】

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其の一・赤本】

「赤本」を知らなかった高3の夏。でも生き方は色々あります【其のニ・読書】

作曲知識0だったわたしがシンガーソングライターになり、全国のカラオケにも配信され世界をマーケットに【日本】を表現したPVを作った話

古新 舜

映画監督・コミュニケーションデザイナー 映画×教育をテーマに、世の中の当たり前を疑う姿勢、決められたレールから外れることの大切さ、2つの違ったものを融合させる姿勢をテーマに、作品創りを行っている。アクティブラーニング社羽根拓也氏に師事。社会人基礎力を養うワークショップを展開する。

古新 舜

映画監督・コミュニケーションデザイナー 映画×教育をテーマに、世の中の当たり前を疑う姿勢、決められたレールから外れることの大切さ、2つの違ったものを融合させる姿勢をテーマに、作品創りを行っている。アクティブラーニング社羽根拓也氏に師事。社会人基礎力を養うワークショップを展開する。

古新 舜さんの他のストーリー

  • いじめとひきこもりから映画監督に

  • 古新 舜さんの読んでよかったストーリー

  • 到底無理と思えた「Tシャツ99円」完成までのエピソード!物の価格の正体とは…?