世界一過酷なサハラ砂漠240kmマラソンで、5km走って息切れするモヤシ男を完走に導いた、心が震えるたった一言の応援メッセージ

僕はサハラ砂漠をひとりで歩いていました。


4月10日深夜2時、僕はサハラ砂漠の深い闇の中にいました。

今日はレース4日目。

スタートから17時間も歩き続けています。


でも、不思議と痛みや疲れはなく、とても穏やかな気持ちで、心は笑っていました。


辺りは光のない闇の中。

でも、僕のまわりだけ、スポットライトが当たっているように明るく感じました。


極度の疲労で幻覚を見ているのかもしれません。


僕は、この不思議な体験を通じて、かけがえのないものを手に入れることができました。


* * * * *     


とんでもない場所に来てしまった・・・。



4日6日、サハラマラソン、レース初日。

それが、目の前に広がる大砂丘を目にした時の僕の第一印象でした。


サハラマラソンは、最高気温50℃のサハラ砂漠を、水・食料・寝袋など約13kgの荷物を背負って、7日間で240kmを走るマラソンレース。


こんなヘンタイ的なレースに出る人の気が知れない。


レースに出る1年前、僕はそう思っていました。


僕がレースに出るきっかけになったのは、サハラマラソンに出たことのある友だち数人と旅行に行った時に放たれた一言です。


「Kさん(←僕のことです)は、サハラマラソンに出ることになってるから。」


こうして半強制的に、流されるままに出場することになってしまいました。


ちなみに僕は、


・身長167cm、体重48kg。ガリガリ体型の31歳。

・5km走ると息切れしてしまうほど体力がない。


という、こんな過酷なレースに出るようなタイプとは言えない軟弱な男です。

にもかかわらず、僕は、ろくにトレーニングもせずレース当日を迎えてしまいました。


どんな人がサハラマラソンに出るのか?


2014年で第29回目を迎えたサハラマラソンには、日本から42名の選手が参加していました。


その中には例えばこんな人がいます。


・月に2,000km走り、ギネス記録を持ち、還暦を迎えたワタナベさん

・世界放浪の旅の途中でスリランカからレースに駆けつけ、終わったらヨーロッパの方へ旅立つという27歳のマサトくん

・レースの魅力に取り憑かれ、今年で15回目のレース出場となる看護士のジュンコさん


42人には、それぞれ異なるバックボーンや参加動機がありますが、ひとつ共通して言えることは、みんなフツーじゃないということです。


こんな人たちのスゴい話を聞いて、あー僕ってなんて平凡なオトコなんだろー。

としみじみ思ってしまいましたw


コースマップは宝の地図


しかし、もうここまで来たらやるしかない!


僕は気持ちを引き締め、配られたコースマップを開きました。





手書きじゃないですか・・・w


それはまるで宝の地図。

コース説明が英語とフランス語に書かれているものの、


「ここから10kmほど砂丘が続きます」とか、

「谷を2つ越えます」とか、

「30%の勾配の斜面を登ります」とか、


コースの情景が全く想像つかない説明書きばかりで、もう笑うしかありませんでした。



レース初日から遭難・・・。



レース初日、僕は、日本から一緒に参加した友だちのオトシさんと一緒に走っていました。





僕とオトシさんの前に立ちはだかる大砂丘。


砂に足をとられて思うように進めません。

13kgの荷物が肩に重くのしかかり、とても痛いです。

気温は容赦なく上昇し、45℃に達していました。

越えても越えても、延々と続く砂の山。

息は切れ、口からよだれが垂れ、ひどい状態です。


この時僕は、レース前に主催者から送られたアドバイス集に書いてあった一文を思い出しました。


===

心理学的な面から言うと、サハラマラソンのようなレースには動機付けが絶対に必要です。

このようなコンディションで長時間のレースは、途中ギブアップしたいと思わずには走れません。

よくある動機に 「自分の限界に挑戦し、それを越えてみたい」というものがありますが、

このような動機は少々危険です。

というのも、サハラマラソンでは自分の限界にすぐに達してしまうからです。

引用元:サハラマラソンに挑戦するためのアドバイス(2014 年大会用) 

    翻訳、監修 国境なきランナーズ©

===


はい、もう僕は今限界に達してます。すいませんでしたw


ついにチェックポイント発見!・・・しかし・・・。


そして、遥か遠くに黒いテントのようなものが目に入りました。


「チェックポイントが見えた!」


やっと休憩できると嬉しくなり、砂丘を登る足取りも軽くなりました。

しかし、次の瞬間、絶望が僕とオトシさんを襲うことになりました。


なんと、チェックポイントと思っていた場所は、現地民族の住処だったのです。


コースマップに書かれている距離からすると、もう到着してもよい頃だったのですが、どうやら方角を間違えてしまったようです。

しかも二人のペースはとても遅いので、前にも後ろにも人がいない状況でした。


普通のマラソンと違って砂漠には道がありません。

だから遭難する人もいるだろうと思っていましたが、まさか初日から僕が遭難してしまうとは夢にも思っていませんでした。


砂漠で水が無くなる恐怖


あげくの果てに、僕もオトシさんもメインタンクの水が尽きてしまいました。

残りはウエストバッグに入っているわずかな水のみ。

恐怖が二人を襲いました。


とりあえず、元来た道を戻すことにしました。

すでに疲労は限界を越えていましたが、一刻も早く安心したいという気持ちから、身体は焦って小走りで進みました。


砂漠が道を教えてくれた!


しばらく来た道を戻ると、遠くに女性らしき人影が見えました。

大声で呼びかけても聞こえなかったので、

レースの必須装備品として持参していた笛を吹いて自分たちの存在を知らせました。


すると女性は笛の音に気づいて立ち止まり、

持っていたストックで進むべき道を指し示してくれました。

女性の元へ走り、ストックの先を見ると、そこには先を進んだ約1,000人の選手たちの足跡が刻まれていました。


彼女はこの足跡から、正しい道がここだと判断したのです。


「助かったーーー!!!!!!」


しばらく進むと、ついに本当のチェックポイントに辿り着きました。


「これを乗り切ったんだから、もう完走できたも同然だなw」


絶体絶命のピンチを乗り越えた僕とオトシさんは、ちょっとテンションが上がっていました。


調子に乗ってすいませんでした。


ほっと安心したのもつかの間、僕は時計を見て今の状況を整理しました。

今日のレースは、全長34kmで、制限時間は10時間。

僕が今いるのは、15km地点ですでに5時間半が経過している。



「・・・・うん、やばいね、これは。」



僕とオトシさんは、急いで水を補給して、チェックポイントを飛び出しました。


制限時間30分前に衝撃の事実が伝えられる




太陽は地平線に隠れ始め、空はだんだん暗くなっていきました。

進んでも進んでもゴール地点はまだ現れません。

そして、コースの途中にいた大会スタッフが、信じられない事実を伝えてきました。

なんと、制限時間が1時間延長され、20時がタイムリミットになったとのこと。


それを聞いた時、僕は少し気持ちが軽くなりました。


しかし、オトシさんは信用できない可能性があると、ひとりペースをあげて進んでいきました。

息切れしていた僕は、追いていくことができず、ここでオトシさんと別れて、独りで進むことになりました。


不安な気持ちでどれくらい一人で砂漠を進んだだろう?

もうヘッドライト使わないと前が見えづらいくらい、空は暗くなっていました。


そして、タイムアップ・・・


レーススタッフが立っているのが見えたので、僕は急いで走り寄りました。


今何時ですか?
スタッフ
(ポケットから携帯電話を出して時間を確認し)「19時59分だよ。」
・・・え?ウソですよね?本当ですか?
スタッフ
ほら。これを見てごらん。(携帯の画面を見せてくれる。そこには「19:59」とはっきり書かれている。)
つまり・・・残りあと1分ということですか?
スタッフ
そうだよ。
・・・わかりました。ありがとうございます。



「終わった・・・。」



僕の頭は真っ白になりました。

先に行ったオトシさんは無事ゴールできただろうか?

せめてオトシさんだけでもゴールに間に合っていて欲しい。


時間切れでも何でも、とにかくゴール地点まで行くしか選択肢はない。

前に進むしか道はない。

僕は気持ちを切り替え、ヘッドライトをつけて再び夜の砂丘を進みました。


ついにゴール地点へ


そして10分後、ついにゴール地点に辿り着きました。

そこには、日本人の仲間達が笑顔で待っていてくれていました。

僕はもう明日からのレースには参加することはできない・・。


僕は彼らの顔をまともに見ることができませんでした。

しかし、うつむいている僕に、なんと制限時間内にゴールしていることを仲間のひとりが教えてくれました。

先ほど時間を教えてくれたスタッフの時計はどうやら間違っていたようです。


僕は、間に合ったんだ・・・・、ステージ1をクリアしたんだ・・・。

呆然と立ち尽くす僕の前に、先にゴールしていたオトシさんが現れて言いました。


「間に合って本当によかったよ。俺たちは、ふたりでひとりだからね。」


僕は帽子で顔を隠して、心の中で泣きました。



その後も過酷なレースは続く


2日目以降も過酷なレースは続きました。


ロープをつたって山を登ったり


岩壁を登ったり

僕が想像していたよりはるかに過酷なレースは続きました。


口からよだれを垂らしながら砂丘を登る

レース3日目。

コースの大半が砂丘や起伏の大きい地形でとても過酷なコースでした。

息が切れ、口からよだれを垂らしながら砂丘を登りました。


レース初日でタイムアップの恐怖を味わったことから、

1日のレースのうち前半はペースを上げて、心に余裕を持たせるようにしました。

チェックポイントでも、水の補給をしたらすぐに出発して時間を稼ぐようにしました。


昼のなると気温が上がり、めまいがして、ふらふらするようになりました。

さらに眠気が遅い、自分のいびきで起きるということが何度が続きました。

その度に、自分の顔をストックで殴り、大幅にペースを落としながらも止まらないよう進みました。


空に打ち上げられた発煙筒


息を切らして進む中、突然「プシューーー!!」という大きな音がしました。

そして、雲ひとつない青い空に、一筋の白い煙と赤い閃光が現れました。


「誰かが発煙筒をあげたんだ。」


それは、誰かがリタイアしたことを意味しています。

僕たちは、発煙筒を必須装備として持たされていて、緊急時にはこれを空に打ち上げれば、ヘリコプターに救助されようになっています。


発煙筒をあげた時点で、即失格を意味します。


僕はいつでも発煙筒をあげることができる。

いつでも足を止めて楽になる事ができる。


「リタイアするか、しないか。」


肺が張り裂けそうな状況で一歩一歩進む度に、

そのことが僕の頭の中をかけめぐりました。



一歩前へ足を出す、やることはそれだけ。


レース中は明日も走れるだろうかなんて考える余裕はありません。

次の日どころか、次のチェックポイントのことも考えるだけで諦めてしまいそうになります。


なぜなら、砂漠には障害物がないため、もうすぐゴールと思ってもそこからの道のりが長く、1時間とか2時間とかかかります。途中で心が折れてしまうからです。


だから、僕は、一歩前へ足を出すことだけに集中しました。


一歩一歩、前へ前へ。


そうすればいつかはゴールに着くと信じて。


そしてレース3日目も何とかギリギリでゴールしました。

足はマメや爪がうっ血してはがれ、左足はサイボーグ状態になってしまいました。


明日は、最大の難関のオーバーナイトステージ。


その夜、時間がなくてきちんと読む事が出来なかった、応援メッセージに目を通しました。

WEBサイトを通して選手にメッセージを送ることができ、そのメッセージは、レーススタッフの手によってプリントアウトされてテントまで届けられます。


そこには、たくさんの応援メッセージが書かれていました。

そして、レースの模様がリアルタイムでWEBサイトで実況中継されており、日本にいる友だちがレースの経過を見守っていてくれていることがわかり、とても嬉しく思いました。


最大の難関、オーバーナイトステージ


レース4日目は、最大の難関と言われているオーバーナイトステージ。

81.5kmの道のりを、夜を徹して34時間以内にゴールする必要があります。


最初のチェックポイントまではほぼ平坦な道だったため、僕は時間を稼ぐために、今までにない速いペースで進みました。


この時、けがをした足の指をかばったため、左太ももの筋肉が痛み出しました。

そして、スタートしてから4分の1ほど進んだあたりから、太ももの筋肉の痛みが激しくなり、足を引きずるようになっていました。


悪い状況になった時、悪いことは重なるもので、僕の目の前に大きな山が立ちはだかりました。

大幅にペースを落としつつも着実に一歩一歩、心を無にして登っていきました。


第三チェックポイント(スタートから32km地点)に到着する頃、陽は落ちて、空は暗くなっていきました。


足の裏には耐えきれない痛み。痛み止めを飲んでも効きませんでした。

進むペースはどんどん落ちていき、後から来る選手たちに次々と抜かれていきました。

そして、ついには、前も後ろも誰もいない状態となりました。


僕はヘッドライトの明かりを付け、真っ暗な砂漠を独りで進みました。

疲労と痛みが極限に達した頃、ようやく第4チェックポイント(45.3km地点)に到着しました。

この時、深夜11時を回った頃で、スタートから実に14時間が経過していました。


最も辛くなった時にすること


チェックポイントで、僕は倒れ込むようにテントに入りました。


ここで仮眠をとって明け方からまた進むか、このまま13km先のチェックポイントまで一気に進むか。


極度の疲労で頭が回らず、どちらにするかを決められませんでした。

その時、日本を出る直前に、何人かの人に録音してもらった応援メッセージのことをふと思い出しました。


内容は言わないでと言ってあるので、僕はここにどんなメッセージが入っているかは知りません。



そして、僕は応援メッセージを聞きました。



この音声は、本当に辛くなった時だけ聞くと事前に決めていました。

今がその時だと思い、イヤホンを耳に付け、深く深呼吸をして、音楽プレイヤーの再生ボタンを押しました。

いくつかの音声を聞いた後、最後に僕の奥さんが吹き込んでくれた音声を聞きました。


それは、ZARDの「負けないで」や爆走スランプの「Runner」を奥さんが歌った応援歌でした。


僕は日本から1万kmも離れた、このサハラ砂漠に独りぼっち。

日本はもう朝になって慌ただしく動き出している頃だ。家族や友だちは今頃何をしているんだろうか?


そして応援メッセージは最後に、こんな言葉で締めくくられていました。



「一緒に頑張ろう。」



よだれと鼻水まみれになっていた僕のひどい顔は、さらに涙でぐちゃぐちゃになりました。


僕は今まで独りで走っていると思っていた。

だけど、僕には一緒に走ってくれている人がいるんだ。


僕は、たくさんの応援メッセージが書かれたリュックに目をやりました。

頭の中に、奥さん、家族、友だちの顔が思い浮かびました。



「一緒に走ってくれている人たちのために走ろう。」



すでに13時間以上歩き続けて疲労はかなり溜まっていました。

でも、「何か」が僕を闇の中へ飛び込ませました。



満天の星空の下で


午前0時、サハラ砂漠は静寂と闇に包まれていました。

空には美しい星と眩しいほどに輝く月。

そして、ヘッドライトの明かりと12.8km先のチェックポイントから夜空に発射されているレーザー光。それ以外は何もありません。


地球の上半分はすべて星空で覆われていて、言葉ではとても表現できないくらい美しい景色でした。


僕は、疲労と痛みを紛らわすために、音楽プレイヤーを取り出し、応援音声を何度も何度も繰り返し聞きました。すると自然と涙が出てきました。



僕たちはサハラ砂漠を歩いていました。


4月10日深夜2時、僕たちはサハラ砂漠の深い闇の中にいました。

スタートから17時間も歩き続けています。


でも、不思議と痛みや疲れはなく、とても穏やかな気持ちで、心は笑っていました。

辺りは光のない闇の中。


でも、僕たちのまわりだけ、スポットライトが当たっているように明るく感じました。


夜の砂漠は昼の暑さと打って変わって10℃近くまで下がります。

それでも寒さを感じることなく、ただ一歩足を前に出すことだけに集中し、”僕たち”は歩き続けました。


スタートから19時間後、ついにチェックポイントに到着


午前4時15分、僕はついに第5チェックポイント(58.1km地点)に到着しました。

ここで3時間ほど仮眠をとり、午前8時に再び歩き始めました。


日本にいる家族や友だちの顔を頭の中で想い浮かべながら、痛む足をサポートするためストックを力強く地面に突いて勢いをつけ進んでいきました。


最後の5kmはキツかったです。


目の前に見えているのに、進んでも進んでもゴールゲートが近づいてきません。

それでも足を止めることなく歩き続けました。


一歩一歩、前へ前へ。


そうつぶやきながら、歩き続けました。


そして、ついに・・・


レース開始から29時間42分後、ついに僕たちはついにゴールしました。


ゴール後に支給されるペットボトルの水が、自分で持つことができず、スタッフの方にサポートしてもらいながら自分のテントへ帰りました。


その途中、たくさんの選手達から「ブラボー!」と拍手をもらいました。

疲れて腕を上げることができない僕は、小さく親指を立てて応えました。


絶対に完走できる。


オーバーナイトステージから一夜明けて、いよいよレース最終日。

変わらず続く足の痛みに耐えながら、僕は一歩一歩進んでいきました。

次第に足の筋肉が固まっていく恐怖に襲われながらも、昨夜の出来事を体験した僕は、不思議と完走できるような気がしていました。


そして、制限時間1時間を切ったところで、ついにゴール地点が目に入りました。

昨夜まで毎日流した涙はもう枯れていました。

僕はただ無心で歩き続けました。


そして、ゴールゲートをくぐると、大会主催者が、私の首に金メダルをかけてくれました。

その時にはじめて、自分がゴールしたことに気づきました。



星空のオーケストラ



レース最終日の夜、表彰式が終わると、星空の下でオペラコンサートが開かれました。

僕は背中で演奏を聞きながら、自分のテントに戻ることにしました。


空を見上げると、オーバーナイトステージの時に見た同じ星が広がっていました。

そして、てっぺんには大きな月が輝いていました。




思えば、体力のない僕にとって、いつリタイアしてもおかしくない過酷なレースでした。


日本を出発する前、たくさんの人に励ましの言葉をもらいました。

レース中にもたくさんの応援メッセージがプリントアウトされてテントに届きました。


9時間の時差があるにも関わらず、インターネットで実況中継を見ながら明け方まで応援してくれた人たちがいました。


僕がもし自分のために走り続けたとしたら、ゴールに辿り着く事はできなかったと思います。


僕は空に向かって、「ありがとう」とつぶやきました。



* * * * * 

    


サハラマラソンから帰国して1週間後。

僕は、一緒にレースに出場した友だちや、日本で応援してくれた友だちと都内の公園に来ていました。

青空の下でシートを広げ、レースを走った時の思い出話をして盛り上がりました。


そしてサハラマラソンに導いてくれた友だちの1人が今度はこんな事を言いました。


「今度はアタカマ砂漠のレースに出ることになったから」


その中には、もちろん僕も含まれています。


そして、お台場の海沿いの道をみんなでランニングすることになりました。

茫然と立っていた僕をよそ目に、次々と走り出す友だち。


みんなの背中を見ながら、僕は心の中で呟きました。


「さあ、次の冒険に出かけよう。」


そして、僕も海に向かって走り出しました。



○おわりに1

ここまでご一読いただき、本当にありがとうございました。

このストーリーが、読んでいただいた方に良いインスピレーションを与えられるよう願っています。


もし今回のストーリーを読んで良かったと思っていただけましたら、下の「読んでよかった」のボタンをクリックいただけると嬉しいです。


○おわりに2

サハラマラソンを支えてくれた私の妻は、

その2ヶ月後に、3日間で715キロを下る、カナダの世界規模のカヌーレースに出場することになりました。


是非、こちらのストーリーも見ていただければと思います。

↓↓↓

うつ・不眠症・ひきこもりだった主婦が3日間で715キロを下る、カナダの世界規模のカヌーレースで世界3位になった話




読んでよかった
このストーリーをブログ等で紹介する

>Kimieさん
本当に人生そのものですね。読んでいただきありがとうございます^^

>Hiroさん
ありがとうございます^^

平凡だけど、心に響きました。

>徹さん
ありがとうございます^_^

面白い

>佐藤さん、ありがとうございます^^

笑える!・・・と同時に泣ける!
大した心構えもないままよく参加しまたよね!
走りながら成長していく過程が分かる!
何よりも得難い宝物をを手に入れたんじゃないですかね!

>田村さん
宝物手に入れました!

久しぶりに読んで。。。心が静かに震えました。

>ちはるさん
あれからもう1年、なつかしいです。

|

とんでもない体験のタグがついたストーリー

中卒鬱病引きこもりニートのダメ人間が子供10人の大家族の父親になってしまった話

私は日記

私は日記ープロローグー

ほんとうのこと~入院顛末記~(10)

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(17)

ほんとうのこと~入院顛末記~(9)

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(16)

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(15)

第155章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

ほんとうのこと~入院顛末記~(8)

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(14)

障害があっても好きな事で生きていけるって証明したい!画家本人がファンを募るという前代未聞のファンクラブを開設してみた

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(13)

ほんとうのこと~入院顛末記~(7)

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(12)

川和田 直之さんの他のストーリー

  • 世界一過酷なサハラ砂漠240kmマラソンで、5km走って息切れするモヤシ男を完走に導いた、心が震えるたった一言の応援メッセージ

  • 川和田 直之さんの読んでよかったストーリー

  • 共感覚から見た「 不安 」と「 希望 」の色