STORYS.JP

木村 喜生

木村 喜生の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

木村 喜生の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Ishinawa Siori
11

ソーシャルゲームで借金300万作った話

わたしは34歳の、地方で歯科助手をしている女です。 正社員ではありますが、手取りは15万ほど。独身の実家暮らし、彼氏もいません。父親は中学生の時に他界し、母が女手一つで育ててくれました。今も、育ててくれています。わたしは一切の生活費を家に入れていません。 働き始めた頃、家にお金を入れようとしました。しかし、母はいらないと言いました。「お前の年代は、きっと将来大変になるから、その分貯金に回しなさい」と
安藤 菜々子
895
37

パパが仕事を頑張れる理由

私のお父さんは今単身赴任中です。 今は単身赴任中ですが、元々は家族で 転勤族 をしていました。 私が生まれた時は香川県にいて、高知に移って、また香川に戻って、横浜にきました。 私は幼稚園に3つ行きましたが、それが普通のことだと思っていました。小学校も途中で1度転校していますが、それが普通だと思っていました。 途中でみんなには「幼なじみ」というものがいると知って、びっくりしたくらいでした。 パパは(お
白井 真一
32

脱サラをして30歳で製造業からゲーム業界に進んだ話〜挑戦・1〜

まずは自分のできそうなことから挑戦 『ゲーム業界を目指す君へ』に参加したことで、僕の中に次の選択肢が浮かんでいた。 「アプリ開発ってどんなことやるのだろうか?」と、そういう思いをがあるときは他の何かを呼び寄せるらしく、企業説明会にてアプリ開発セミナーの無料受講をするスクールの情報を得ることができた。  説明会ではアプリ開発が出来る人は企業からも求められていて、就職するにも結構有利になるという話をされ
Yamano Shun
1540
2

ヤリチンが人生の岐路に立って自らの半生を振り返り、本当に大切な物に気づく話

はじめに 初めまして、私は都内の大学に通う3年生です。 これは同じ大学に通う女好きで有名な友達に、自身の半生を文章にしてどこかに残したいが自分はネットに疎いので是非手伝って欲しいと頼まれ、おもしろそうだと思った私が彼の独白を文章に書き起こしたものです。 この話を聞いて友達の私ですら色々と思うところがありますから、いわんや皆さんもそうであると思います。でもまずは、最後まで読んでやって欲しいです。 初め
嶋津 桂子
5214
40

飲んだ帰りに紛失したパスケースを警察に届けてくれた人がお礼を要求してきたので会いに行ったら恐ろしいことが起きた

結論から言うと、 遺失物法 (落とし主と拾い主とのやり取りなどを、警察を介して行う法律。素人解釈)は、 遺失物 (落とし物)の 拾得者 (拾って警察に届けてくれた人)によって、 所有物の紛失以上のトラブルを招きかねない、 とても危険な法律 である。 ……もっとも、上記は今回の事件を受けたうえでの筆者個人の感想であり、「物を落とす方が悪い!」といった意見は正論であるが受け付けない。 ―――――――――
宮川 耕
341
4

起業家がスタートアップウィークエンド東京に参加して実感したことを本音ベースで話します

スタートアップウィークエンドとは? スタートアップウィークエンドは全世界の主要都市で行われている3日間がっつり「スタート アップをやってみよう!っていうNPO運営のイベントです。参加費は7食付いて9000円。 今回は2013年5月10日(金)~12日(日)に行われました。 会場は@渋谷のサイバーエージェントの13F会議室。 今回、100名以上収容できるスペースを無償で解放してくれました。intely
武田 龍馬
2560
28

東大生がネトゲで出会った女性と結婚し、「生きる理由」を教わって人生が変わった話

こんにちは! ノマドWEBディレクターの武田といいます。 ロンドン生まれ、ニューヨーク育ち、筑駒(筑波大学附属駒場高校)を卒業、一浪するも東京大学に入学、と社会的に見たら順風満帆に見えますが、 自分のやりたいこと・人生を見失い、ネトゲ(ネットゲーム)にどっぷりハマっていた時期があります。 そのころ、ネトゲのギルドで一緒に幹部をしていた「Yさん」という方にお世話になり、 「生きる理由」とは何か、と言う
Sasaki Shin
2806
27

就活生へ捧ぐ、ベンチャー企業に入ろうしていた私が大企業に入った理由

最近は就職活動が本格的になってきているようですね。私はリクルートという会社に勤めているのですが、ビル内でもリクルートスーツを身にまとった学生さんをたくさん見かけるようになりました。 そして同時に、学生さんから「リクルートについて話を聞かせてください!」とOB訪問のようなものを受けることが多くなりました。しかし、私はまだ26歳の新米ビジネスマンです。そう多く語れることもありませんし、良いアドバイスもし
三田 サンジ
222
6

大事な事はすべてパチスロから教わった(第10回ラスト)人に与え続ければいつかは返ってくる

僕が師匠と一緒にスロットを始めてから、はや2年が経った。 僕は、そろそろパチプロは引退しようと思っていた。 その理由は2つある。 1つは、やりたい事を見つけた事だ。 ある程度、お金も貯まり、やりたい事が出来るほどの資金が出来た。 “地元を離れ、自分のやりたい事をやろう" と最近、思うようになったからだ。 別にパチプロをしている事が嫌になったわけじゃない。 毎日師匠と一緒に面白おかしくパチプロをするこ
竹村 博徳
159

社会人1年目で営業にとって大切なことはキャバクラで学んだ

社会人1週間未満で、夜の街にデビューした。 教育係 タケ!今日の夜空いてる? 広島に来たばっかりで、友達もいないこと知ってるでしょ・・・。空いてますよ。 教育係 よし!今日飲みに行くぞ! 編集 と言われて、新社会人になって一週間経たないうちに、夜の街にデビューした3年前・・・。今振り返ると、自分の営業スタイルで意識していることは、あのキャバクラで経験したこと、見てきたことがもとになっているなーと今更

書きかけのストーリー

木村 喜生さんにもっと聞きたい話リクエストする

|