ワインを作りたくて世界を旅してみる話 第六回

次話: ワインを作りたくて世界を旅してみる話 第七回

ピンチはチャンス

Napaから帰った後も普通に働いた。

でも、気持ちだけはNapaにあった。

どうしても、Napaに行きたい。

Santa Barbaraでも、Montereyでもない、Napaに行きたい。

そんな時、あるお知らせが目に入った。

「ワインメーカーズ ディナーin Napa Valley wine train」

ワインメーカーは、日本人。


行くしかないと思った。この人から何か仕事の情報をもらうしかないと思った。

ついでに履歴書も用意した。

そして、深夜バスに飛び乗った。


その一週間後、まさか会社を辞めることになるとは知らずに。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

ワインを作りたくて世界を旅してみる話 第七回

著者のYoshinaga Kaoriさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。