実録 訪問販売会社潜入記 浄水器を売りつけろ! 7 誘惑する奥さんとオカマの同僚編

1 / 11 ページ

前編: 実録 訪問販売会社潜入記 浄水器を売りつけろ! 6 月の給料の額と社内の雰囲気ってどうなの?

誘惑する奥さん

午後2 本目

その日は既に午前の1 本目で契約を取っていたので、

午後は適当にさぼろうと思っていました。

適当にサンプル渡して、帰ろうと思っていたのですが、

奥さんからアプローチ。

「今、ちょうどお昼を作っていたところなの。スパゲティだけど、

食べていかない? 」

時間は13 時過ぎ

コンビニでおにぎりしか食べていなかったので、お腹は空いている

でもなあ~

「いえ、悪いので・・・」

と断ってもしつこい。

「今、私一人しかいないし、一人で食べるより二人で食べたほうが

美味しいでしょ? 」

「はあ・・・・・」

どうにも断りきれず、お邪魔することに。

しかし、凄いボロアパートである。

さっき躊躇した理由はコレだ。

奥さんは大体20 後半から30 前半くらい。

でも、風貌がどうもおかしい。

化粧をほとんどしていないのだ。

大体、訪問されるのがわかっていると、どの奥さんも化粧をしているものだ。

しかし、この奥さんは化粧をしていない。

う~ む・・・・


部屋に入ると、いまパスタを茹でているところなのでちょっと待ってね

と奥さん。

本当にパスタを作っていたところのようだ。

そして程なくして、パスタが出来上がった。

「! ? 」

おい~ ~ ! ! ! !

なんだコレは? ?

かなりビックリした。

なんと、パスタには塩だけしかかかっていないのだ。

塩パスタ?

「うちね、貧乏でお金がないから、お昼は具のないパスタ食べてるの。

具は塩だけだけど、いいよね? 」

先に言え~ !

つっーか、塩は具じゃないだろ?

もう皿にこんもり盛られているし、いらないとは言えない。

頑張って食べました。

ええ、本当に美味しくないです。

みんなの読んで良かった!