地獄の債務整理体験談 "第一章 始まり パチンコ悪夢"

次話: 地獄の債務整理体験談 "第2章 借金地獄の始まり"

この体験談は事実です。


「ラララむじんくん」のC M が全盛期だった頃。

僕は2 0 歳だった。


ラララ無人君って何って人はググって下さい。


その頃。

僕は大手修理メーカーに勤めており、月収1 5 万、手取り1 2万だった。

日々の生活費や、ローンなどを差し引くと残りは約4 万位。

その金を増やすべく、無謀な金の無駄遣い、パチンコをやっていた。

その頃は、黄門ちゃま全盛期。

3 回ワンセットの爆裂機が業界を席巻していた。


会社は大手だけあり、残業はなし。

17 時には退社出来る。

帰社後はパチンコへ。

これがが毎日の日課になってくる。

しかし、金は減るばかり、4 万の小遣いは瞬く間に無くなって行く。


そして・・・・。

給料日前の週末。

近所で新規開店の店がO P E Nすることになった。

新装開店ではなく、新たに新しいパチンコ店がOPENするというのだ。

世間一般的の常識として、新規開店の店は必ずといっていいほど高確率で勝てる!と言われていた。


当然僕も「新装開店。必ずでる!」

そう考えたが、資金が無い。

全く無い。


そこで考えた。

親からは借りれない。友達から借りるのも恥ずかしい。

そういえばTVで簡単にお金を借りれるというCMを見たことがあったな?


そして、初借金をしてしまった。

記念すべき1 件目。

そう! 「ラララ無人くん」で有名なアコムで借金をしたのだ。


無人の審査機は少し大きめの駅の駅前のビルには必ずといっていいほど設置してあった。

人と対面せずに、レンタル屋の会員申込み用紙のような書類に、

住所や氏名、家族構成、勤務先などを詳しく書いて行く。

書き終わると、モニターの前のFAX?送信機のようなもににその書類を流し込む。

ゆっくりとした動きで、機械が動き出し・・・・・

その後、オペレーターとの会話などがあったが、30分前後でカードが発行された。

クレジットカードのようなカードで、無人機の外にある専用ATMでお金が引き出せるという。

早速3 万円を借り入れる。銀行カードみたいだ。


その金を軍資金にしてパチンコ屋へ向かう。

新規開店だけあって朝から6 時間近く並んだ。

もちろん会社は休んだ。

そして、1 0 0 0 円投資1 4 0 0 0 円回収。

まあまあの結果だ。

次の日、早速借りていた3 万円を返し、借り入れ金は0 に戻った。


しかし、借金はこのあと始まるのだ。

パチンコは日々の日課になっていた。

当然、今までは4万円の生活費がなくなるとパチンコ屋にはいけなかったのだが、アコムのATMへ行けばまるで銀行のATMのようにお金が出てくる。

次の給料日に返せばいいや。

勝ったら返せばいいや。

と軽く考え、アコムからの借入は徐々に多くなっていった。


2へ


サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

地獄の債務整理体験談 "第2章 借金地獄の始まり"

著者のYamamoto Yuriさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。