地獄の債務整理体験談 "第3章 闇金に手を出す"

前話: 地獄の債務整理体験談 "第2章 借金地獄の始まり"


借金総額が180万を超えても、パチンコと競馬を辞められない。


僕は、その場しのぎの金欲しさに目がくらみ、とうとう闇金に手を出してしまう。

というのも、大手の消費者金融からはすでに借入をしてしまっていたし、大手ではない2流のタウンページに掲載されているような消費者金融は、審査を依頼しても

「あなたには貸せない」と言われてしまう状況となっていたからだ。

それでも競馬をやりたい、パチンコをやりたい衝動を押さえることが出来ず、とうとう闇金から借りることを決意した。


闇金を探す方法は簡単だ。

120円の夕刊の新聞の3 行広告に掲載されているからだ。

120円の夕刊は駅のゴミ箱にいけばいつも落ちていたので、よく拾って読んでいたから内容もよく知っている。


闇金の噂は知っていた。

ヤクザまがいが運営しているということも当然理解している。

それでもお金が欲しかった。

競馬とパチンコの為に。


会社の昼休み、闇金に電話する。


現在の借り入れ状況、月の給与の額などを話す。

すると、審査があるから3 0 分後にもう一度電話をかけてくれ! とのこと。


3 0 分後、もう一度電話すると、審査は通ったが、1 0 万しか貸せない。

振込みは出来ないので会社まできて欲しいといわれ・・・・・


翌日、仕事を休み、東京の神田駅にある金融会社へ向かう。

雑居ビルの5F。店の看板もでていない。

扉を開けると、だだっ広い空間に机が1つと棚が1つだけ置かれている。


担当の男の人は、まあ普通な感じのおじさん、ヤクザには見えない。

ただ口調は柔らかいが、迫力がある。


「1 0 万貸すけど、うちは十一といって1 0 日で1 割の利息がつくよ。」


といって机から出した1 0 万から3 万円引かれる。

これは利息だからといわれ、1 0 日後には、1 3 万返してね。と。

きちんと返せば、怖い人もこないし、大丈夫だよ

あの頃は、それで納得して借りたが、とんでもない暴利だ。

7万円を借りて13万円返せというんだから。


結局、借りた7 万円は週末競馬ですべて消え、1 0 日後2 0 万のボーナスから1 3

万を 郵便局から振込みで払った。


当然、ボーナスで返済しようと思っていた他の消費者金融の借金180万はそのままだ。


そして・・・・・

とうとう、利息すら払えない状況になってきた。

とゆうのは、こんな借金があるのに、なぜか専門学校に通いだし、しかもジャックス で4 0 万( 月々3 万) のローンが通ってしまったのだ。


180万の消費者金融の借金に加えて、毎月3万円のジャックスのローン。

手取り12万では手に負えない額の返済を抱えてしまった僕は、相談所へ向かった。


4へ

著者のYamamoto Yuriさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。