普通の主婦の普通じゃなかった半生 7 (実話自伝)登校拒否〜身障者〜鬱病からダイバーへ

1 / 3 ページ

前編: 普通の主婦の普通じゃなかった半生 6 (実話自伝)登校拒否〜身障者〜鬱病からダイバーへ
後編: 普通の主婦の普通じゃなかった半生 8 (実話自伝)登校拒否〜身障者〜鬱病からダイバーへ

6からの続き。



写真 高校からの彼氏と私。





高校時代の恋愛と自立。



行きたくはなかった中の中の中の私立の普通科の高校時代の話しを少し書きます。

高校に通ったのは高1の春から冬まで9ヶ月か10ヶ月だけでした。

行きたくなかった高校生活は案の定、面白くないものでした。

でも、その短期間で私は運命的な出会いをしました。

入学したすぐにあった部活の見学会で、私は放送部を見に行きました。

唯一真面目に学校に行った中3の時、私は放送部でお昼の放送を担当していて、それが楽しかったからです。

そこでものすごくかっこいい男の子を見かけました。

彼は一個上の先輩でぱっと見ただけでとても目を引く男前さんでした。

長身のスラッとした身体に甘い顔立ち。

今で言うと速水もこみちさんによく似ていました。

私は父親も男兄弟も居ない環境でずっと育ったせいか(祖父はいましたが)男男した人が苦手で細くて優しい感じの中性的な甘い顔立ちの男の子がタイプでした。

その男の子はドンピシャ私のタイプだったのです。

ひと目見た時から彼は私の憧れの存在になりました。

彼を遠くから見るのが楽しみでした。

彼を見たくて放送部に即決で入りました。

でも、ただ見るだけ。

何か話しができれば心臓はバクバクそんな感じでした。

だって生意気にも私には中学生からの彼氏が居たから。

彼氏は頭が良かったので岐阜市で一番いい高校に行って離ればなれになって、家も遠かったのでめったに会うことはなくなっていたけど、私はまだ彼氏のことが好きでした。

そっちはリアルな恋愛。

放送部の先輩はテレビの中のアイドルに憧れるみたいな遠い感情でした。

リアルな恋愛といっても高校生になったとはいえ、まだ幼かった私と彼氏は中学生の時と同じようなお付き合いをしていました。

せいぜい一緒に喫茶店に行って二人きりでお茶を飲んで話す。それが大冒険で。

映画も観に行ったけど二人は恥ずかしいので友達とみんなで、そんな感じでした。

手をつなぐことすらなかなかできないことだったです。

そんな幼い初恋が終わったのは高1の夏休みでした。

フラれちゃったのです。

彼氏の家の近所まで呼び出されて、気持ちが変わった訳じゃないけど別れよう、そう言われて。

バス停まで送ってもらってバスに乗った瞬間、我慢してた涙があふれて止まらなかったのを覚えています。

私は高校が離れて会えなくなっちゃったからかな?そう思っていたけど、後になって聞いた話しでは違う男の子と私が付き合っていると噂になってたからみたいです。

二股をかけられてるって彼氏は思っちゃって、私に確かめることもできず、私は私で何でフラれたのか?も聞く勇気がなくて、それでおしまいになりました。

みんなの読んで良かった!