3万ちょっとだし別に財布は痛くなかったですわい。気持ち以外はね・・・

2 / 3 ページ


と、電気を消してウトウトしかけていると。


「!!」



なんと家出少女の顔が僕のすぐ近くに!!!



家出少女

「あの。起きてますか?

初対面で色々と助けてくれて…

今お金もないし何もできないし・・・、

体で払うんで好きにしてください・・・」


リュウ坂口

「おいおい。馬鹿じゃねーの。

俺はロリコンじゃないつーの!

しょーもないこと言ってないで今日はもう寝なさい~〜………」




家出少女

「…」




リュウ坂口

「…(ゴ、ゴクリ)」




家出少女

「…」




リュウ坂口

「…」





家出少女

「…ほんと、ありがとうございます。…」



リュウ坂口

「………」




そう言うと家出少女はゆっくりとソファーに戻っていきました。






(…ち、ちょっと格好つけすぎたなぁ・・・

あ〜あ。長澤ま◎みと!!!…あ〜あ〜あ〜………)







次の日。








目を覚ますと彼女すでに居ませんでした。


散らかっていた室内が綺麗に掃除されていました。






・・・あと。


出しっぱにしておいた光熱費を入れた封筒が無くなっていました。





うーん。

そんなもんかなやっぱり・・・。


3万ちょっとだし別に財布は痛くなかったですわい。


気持ち以外はね・・・










と、


そんな事も忘れかけていた一週間後。









帰ってくると、会社の扉の下に封筒が。




中には現金五万円。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の坂口 隆さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。