震災が私にもたらした能力《第1話》ー衝動ー

1 / 2 ページ

後編: 震災が私にもたらした能力《第2話》ー祖母からの伝言ー

きっかけ

ある日、ふと、

占い師に観てもらいたい・・・


という衝動に駆られて、インターネットで占い師を探した。誰でもいいという訳ではなかった。本当のことが分かりそうな人。真実だけを伝えてくれそうな人。そんな人を捜していた。


なにを観てもらえばいいのかは自分でも分からなかった。でも、とにかく観てもらわなければという思いだけがどんどん膨らんでいき、そのえも言われぬ焦燥感を自分でどうにかすることは出来なかった。


いくつもいくつもホームページを観ているうちに、ふと「スピリチュアルマーケット」という文字が目に飛び込んできた。どうやらいろいろな占い師やヒーラーが集まるイベントのようなものらしい。


ここならばいるかもしれない!!


ほぼ直感でそこに行くことに決めた。


当時、2歳と3歳の息子は夫に預けて一人で東京の自宅から1時間半ほどの会場まで足を運んだ。

会場に到着するとそこは貸しホールのようなところで、広いスペースに所狭しと様々なブースが並べられていた。



手相鑑定士、ヒーラー、タロット占い、オーラを映す機械やパワーストーンショップ、何をする人なのかよくわからないけれども料金だけはべらぼうに高い外国人。スピリチュアル初心者の私にとっては、とにかく怪しさ満点の場所である。


出来るだけ誰にもここに入るところを見られたくなかった。私まで怪しい人だと思わるのがごめんだったのである。実は夫にも行き先は内緒にしてあった。この会場に行くことは私にとってそれほどまで勇気のいる決断であった。


最初は勧誘されるのが怖くて、ブースに近寄らないように遠巻きに眺めながら会場を一周回ってみた。どれもいまいちピンこない。会場のパンフレットをもう一度じっくり眺めて、ここかもしれないと思う場所にもう一度行ってみるけれど、やはりピンと来ない。


仕方がないので、なんとなく気になったヒーリング的なものを受けてみた。なんという名前だったか全く覚えていないのだけれど、やってもらっている最中にまぶたの裏に紫の光がいくつも浮かんでは消えたので、そのことを伝えると


ヒーラー
それはきっと、第3の目が開いたんですよ!


と嬉しそうに言われた。その瞬間、

それはあなたがそう思いたいだけなんじゃ・・・

と思ったけれど、それはあえて口には出さなかった。

だって、自分としては全く何も変わっていないのだもの。

ああ、いらんもんにお金を使っちゃったな、そう思いながらも他にも2つ、3つ観てもらって、ワークショップにまで参加した。けれども、なんとなくそこに求めていたものはないように感じられた。


がっかりしながら会場を出て外の休憩コーナーに腰を下ろし、お茶を飲んでいると、背後に座った若い女の子の2人組が興奮気味に話す声が聞こえてきた。


女子A
いまさー、パワーストーン買ってきたんだけど、そこの人が“台所にある白い茶箪笥の2段目の奥に青い石があるからそれを出しなさい”っていうの。なんで、うちの茶箪笥の色まで知ってるの?あの人、絶対に見えてるよね。
女子B
そうなんだ!で、その青い石っていうのはあるの?
女子A
それがさー、全然覚えがないんだけど、その石が死んだ彼からのメッセージだっていうの。私の彼が死んだなんて、その人には言ってないのにって思ってびっくりしたよ。


その会話を聞きながら、

いまどきの若い女の子でも茶箪笥って言う言葉を使うんだなー

とか

やっぱり本当にちゃんと見える人はいるのかな・・

とか思ったけれど、その日はもやもやした気持ちを抱えたまま帰宅。

特別なことはなにも起こらなかった。

しかし、いま考えればこの会話はある意味で私に対するメッセージだったのである。


占いふたたび


自宅に戻ると、夫がどこに行ってきたのか聞きたいようなそぶりをみせていた。気が進まなかったけれど、その日のあらましを話してみることにした。

なんとなく話した方が良いように感じたからだ。すると、夫から意外な返事が返ってきた。



俺も行ってみたかったな
ヘッ!?



馬鹿にされると思って身構えていたので、この言葉にはかなり驚きだった。

そこで、同じイベントが別の会場で2週間後に行われることを思い出し、今度は家族全員で行くことに決めた。


2週間後。


向かった先はKFCホールという貸しホール。てっきり、ケンタッキーフライドチキン系列のビルだと思っていたら、国際ファッションセンターの略であった。


今回の会場も前回と同様、ありとあらゆるスピリチュアルな人たちが所狭しとブースを並べていた。

ふと見た先に、「心のブロックを解除します」という看板が見えて気になったのだけれど、今回の目的はそこじゃないと感じて、また4人で歩き出した。



会場を半周ほどしたところで、女性に声をかけられて足を止めた。

女性
すいませ〜ん。岡山で有名な霊媒師なんですけど〜次に来るのは半年後だし、いまなら1枠だけ空いているので見ていきませんか?ね?ね?

かなり強引な勧誘である。


あと1枠というのもこちらの気持ちを煽るためのお決まり文句だろうと思い、予約表をのぞいてみたら本当に5分後の30分間だけぽっかりと予約が空いていた。


有名な霊媒師という言葉と、待たなくて済むという言葉にあっさりとつられてこの人に観てもらうことにした。夫は私が何を言われるかをみてから、自分も観てもらうかどうかを決めるつもりらしい。


5分後、言われた席に座ると、目の前にいたのは先ほどの女性ではなく、彼女より少し年上の感じの細身の女性であった。どうも先ほどの女性は、この霊媒師のマネージャーであるらしい。


座ったはいいけれど、まだ何を観てもらうのか決まっていない。

この人は手相占いが専門であるらしいから、手相からなにか観てもらおうかと思いメニュー表を覗き込んだ。するとメニューの端に小さく


「守護霊観ます」


と書かれているのが目が止まった。誘われるように

守護霊をみてください

という言葉が口をついて出た。

霊媒師
分かりました

そう告げると、霊媒師が私の左肩の上の方をじっと凝視し始めた。

10秒

・20秒

・・30秒

・・・1分


待てど暮らせど、霊媒師はなにも言わない。


「この人、実は見えないんじゃ・・・」


不安に思い始めた時、ようやく霊媒師が口を開いた。


霊媒師
あんな・・・
はい・・・
霊媒師
見えへんねん
はい?(やっぱり・・)
霊媒師
なんかな、白いボヤ〜としたおばあさんみたいな人が、邪魔しとってな。守護霊さんが出てこられへんねん。

こんな岡山弁だったかどうかはさておき、とにかく西の方の方言で霊媒師は私にそう告げた。

白いぼや〜っとしたおばあさんですか・・・
霊媒師
そう、髪型がこんな風でな、白髪頭やな

たいがいのおばあさんが白髪頭である。紫メッシュのおばあさんは霊や守護霊になっても紫メッシュのままなのだろうか???

私がそんなくだらないことを考えている間にもなお霊媒師は話を続けながら、その邪魔しているというおばあさんの絵を描き始めた。

お世辞にも上手とは言えないその人物像は、あまりにも抽象的すぎてどうとでもとれるような絵であった。

ただ1つだけ、気になる点があった。


それは、霊媒師が告げたこの言葉である。

霊媒師
あんな、こんな風に腰がきゅ〜って曲がってんねん。こんなおばあさん、知っとる?

知っとるも何も、こんなに腰がきゅ〜っと曲がっているおばあさんなんて、私の周りでは一人しか思い当たらない。


2011年3月11日に東日本大震災で亡くなった気仙沼に住む母方の祖母である。



故郷を襲った津波と火災


思わぬ展開に胸が高鳴った。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。