普通の主婦の普通じゃなかった半生 14 (実話自伝)登校拒否〜身障者〜鬱病からダイバーへ

前編: 普通の主婦の普通じゃなかった半生 13 (実話自伝)登校拒否〜身障者〜鬱病からダイバーへ
後編: 普通の主婦の普通じゃなかった半生 15 (実話自伝)登校拒否〜身障者〜鬱病からダイバーへ

夢だったダイバーへ。





写真 私くらいあるでっかいアオウミガメさんと。


写真 ギンガメアジの群れと私。




私が鬱病になってから、夫と私は行けるだけ、お金を貯めては夫が長期休暇を取れるごとに海外のリゾート地に行きました。

夫はホテルのプールで読書しながらビールを飲んでまったりするのが好きでしたが、その度に私は一人で体験ダイビングに出かけるようになりました。

夫は当初、いくら誘っても「恐いから。」と言って拒否ってました。

体験ダイビングというのはライセンスを持っていなくてもガイドさんにみてもらいながらスクーバダイビングを浅瀬で「体験」するものです。

でも、あくまでも体験で深場にも行けないし自由に自分で泳ぎ回ったりはできません。

ちょこっと潜って海の中をちょこっと見物させてもらう、そんな感じです。

だけど、体験ダイビングでスクーバダイビングが膝の悪い私でもできるという自信を得た私は、だんだん欲が出てきました。

それでバリ島で一人でライセンスを取得しに行きました。

18mまで潜れる最初の段階、オープンウォーターコース3日間のコースでした。

それは予備知識が全く無かった私が思っていたよりもとても大変なものでした。

1日目、学科。

1cm以上もある分厚いでかい教本を渡され、先生と一緒にそれを読んでいきます。

読んだだけでも難しい!なんのことやら?

潜水に関する物理、水中での生理現象(水中ではモノが実際よりも大きく見えることや音がなっていても方角が特定できない等々)トラブルがあった時の対応、一番難しかったのは減圧理論でした。

潜水すると体内に窒素が溜まっていくため、それを排出するための表計算です。

大事なところにはマーカーでラインを引きます。

一章すむごとにミニテストがあって、その間は先生は休んでおられるけども、「早く終わりたかったら休憩無しでやりましょう。」そう言われた私は無我夢中でお昼以外休みをとらずに、みっちり8時間勉強しました。

最後に本番のテスト、これに76点以上で合格しなければテストのやり直しです。

私は76点ギリギリセーフで合格しました。

2日目3日目、プール講習と海洋実習。

実技、フィン&マスク無しで60mスイムやラッコみたいな状態で浮いていること15分。

タンクに器材をセッティングする方法や、トラブルがあった時の実際の対応、口にくわえるレギュレーターが外れた時にくわえ直すレギュレーターリカバリーやマスクが外れた時にもう一度はめ直すマスクの脱着、マスクに水が入った時に水を外に出すマスククリアなど。

それまで体験ダイビングでガイドさんにすべておまかせだった私には大変だったけど、これを全部クリアしていけばライセンスが取れる!そう思うと楽しかったです。

水中では落ち着いていると褒められました。

そうだと思います。だって私は体験ダイビングを5年もやっていたのだから、体験ダイビングのベテランでした。

3日間の講習を終え、私は無事ライセンスを取得できました。

やったぁ!これで私もダイバーの仲間入りだ!!

夢への一歩はそこから始まりました。


私がオープンウォーターライセンスを取ってすぐでした。

あれだけ断固としてダイビングするのを嫌がっていた夫がいきなり自分も取ると言い出しました。

ダイビングの教本が面白かったからだと言っていますが、私が思うにヘタレの私が自分一人でそこまでしてでもやりたいダイビングというものに興味を持ったからだと私は思っています。

夫は体験ダイビングも経験せずに一人でグアムでオープンウォーターライセンスを取りました。

夫婦揃ってダイバーになった訳です。

そこから、グアムでアドバンス(30mまで潜れるライセンス)を取り、セブ島でレスキュー(ダイビングにおける緊急時の手順を取得するライセンス)を取り、セブ島でマスタースクーバダイバー(素人で一番上のライセンス略してMSD)まで夫と二人で取りました。

私は膝が悪いのでそこまでで、プロになるのは諦めましたが、夫はそこからセブ島でダイブマスターを取りトータルで一ヶ月もかけてインストラクターの資格まで取ったプロダイバーです。

仕事にはしていませんが、今もまたテックダイビングという違う資格に挑戦しています。

まるでライセンスコレクターのようにライセンスを取ったのは、世界のいろんな海で安全に潜りたかったからです。

それほど、ハマっていくほどに海の中の世界は私たちを魅了し、重力の無い浮遊感はどこまでも自由で身体も心も解放されるものでした。

ストレスなんか全部、海が流してくれました。

風の谷のナウシカに出てくるような不思議な生き物たちやカラフルな珊瑚、海の中にはいつも初めて体験することがあります。

それは大人になった私が日常では体験できない初体験の連続です。

ダイビング中毒になる人たちはみんな同じだと思います。

未知の世界への冒険と憧れです。



写真 私が撮った水中風景。


写真 私が撮ったホヤ(植物のようですが動物です。)


それからダイビングのもう一つの魅力は同じ趣味を持つ老若男女いろんな人たちと気が合えばすぐに親しくなれることです。

たとえばボートで3本潜るとして、1本目と2本目の間には身体に溜まった窒素を抜くために約1時間のボート上での水面休憩があります。

2本目と3本目の間も同じく水面休憩をとらなくてはいけません。

その間、一緒に潜っているいろんな人たちと話しができます。

海外ダイビングや離島ダイビングではほとんどの人が何日間か続けて潜ります。

ゲストはボートに乗った朝からボートを降りる夕方までずっと一緒です。

ショップディナーがあるダイビングショップだと夕飯の飲み会まで一緒です。

つまり朝から晩までずーっと一緒です。

そしてその日のダイビングについて語り合ったり、自分が行ったいろんな海の話しをしたり、撮った写真を見せ合ったりしていれば、同じ趣味を持つダイバー同士すぐに親しくなれ短期間で濃い付き合いができます。

ダイバーになって世界観が広がったと同時に友人の幅もものすごく広がりました。

今、私の大切な友達の多くはダイビングで知り合った友達です。

日本中どころか他の国にも友達ができました。

夫が忙しい時はその友達たちと現地待ち合わせでいろんな国に潜りに行ったりするようになりました。

私の行動範囲も行動力もダイビングによって大きく広がっていったのです。



それらすべての経験と友達は私の財産になりました。



そして何よりも陸上では見た目ではわからないけど悪い膝をかばって生活していかなければいけない私が、海の中ではどこまでもどこまでも自由に動けること。

誰に劣ることなく他のベテランダイバーさんたちと肩を並べて潜水できるようになったこと。

それは私の大きな大きな自信になりました。



夫と私は現在、お金と時間があるかぎり世界中の海に潜りに出かけています。

旅する目的のほとんどがダイビングになりました。

綺麗な海があるところは当然、田舎のことが多いです。

ダイバーになるまで聞いたこともなかった場所に旅ができることもとても楽しいです。



ダイビングと出会ってダイバーになれて本当によかった。


子供の頃から憧れていた海に。

私を一人前のダイバーに成長させてくれたすべての人に。

何より夫に心から感謝しています。




ありがとうございます。





写真 自分でとった中でお気に入りの一枚。

クマノミさんとイワシの群れ。

私の2014年7月12日現在のダイビングログ(ダイビング記録)です。


PADI OW 取得・・・・・BALI

PADI AOW取得・・・・・GUAM

Fundiving・・・・・・・GUAM →DAYDREAM

Fundiving・・・・・・・PALAU→AQUAMAGIC

Fundiving・・・・・・・GBR→DeepSeaDiversDen

Fundiving・・・・・・・Saipan→005R

Fundiving・・・・・・・Bali→Bali Vieu Dive

Fundiving・・・・・・・Okinawa Tokashiki Is

Fundiving・・・・・・・Koh Tao→BIGBLUEDIVING

Fundiving・・・・・・・Japan Minami Echzen

Fundiving・・・・・・・Cebu Mactan→BLUE CORAL

Enriched Air Specialty・GUAM→AQA academy

Fundiving・・・・・・・Cebu Moalboal→Tikitikidivers

Fundiving・・・・・・・GUAM→Pauls Diving

Fundiving・・・・・・・Okinawa Kerama→SEASIR Naha

Fundiving・・・・・・・Japan Minami Echizen

Fundiving・・・・・・・GUAM→Pauls Diving

Rescue Diver Course・Cebe Mactan→BLUE CORAL

Fundiving・・・・・・・GUAM→Pauls Diving

Fundiving・・・・・・・Palau→AQUAMAGIC

Fundiving・・・・・・・Cebu Mactan→BLUE CORAL

Fundiving・・・・・・・Cebu Mactan→BLUE CORAL

Fundiving・・・・・・・Okinawa Kerama→SEASIR Naha

Fundiving・・・・・・・GUAM→Pauls Diving

Fundiving・・・・・・・Cebe Mactan→BLUE CORAL

Fundiving・・・・・・・GUAM→Pauls Diving

Fundiving・・・・・・・Bali→Bali Vieu Dive

Fundiving・・・・・・・Cebe Mactan→BLUE CORAL

Fundiving・・・・・・・GUAM→Gently Blue

Fundiving・・・・・・・Okinawa→ SEASIR Naha

Fundiving・・・・・・・Kanmurijima→Kyoto Marine Pocet

Fundiving・・・・・・・Okinawa→ SEASIR Naha

Fundiving・・・・・・・  Kumejima→Dive Estivant

Fundiving・・・・・・・・Nagaragawa→チームエアー

Fundiving・・・・・・・・Cebu Mactan→BLUE CORAL

Fundiving・・・・・・・・Palau→AQUAMAGIC

Fundiving・・・・・・・・Okinawa→Live Fish

Fundiving・・・・・・・・Cebu Mactan→BLUE CORAL

Fundiving・・・・・・・・Okinawa kerama→SEASIR Naha

Fundiving・・・・・・・・札幌→

Fundiving・・・・・・・・GUAM→Gently Blue

Fundiving・・・・・・・・Mactan→BLUE CORAL

Fundiving・・・・・・・・アニラオ→シーサー

Fundiving・・・・・・・・プエルトガレラ→フロンティアダイバーズ

Fundiving・・・・・・・・プエルトガレラ→フロンティアダイバーズ


PADI Master scuba diver

2014.6/20 360DIVE








15に続く。





続きのストーリーはこちら!

普通の主婦の普通じゃなかった半生 15 (実話自伝)登校拒否〜身障者〜鬱病からダイバーへ

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。