「夢」か「安定」か? 〜超就職氷河期に二度内定を捨てた話し PART11〜

1 / 5 ページ

前編: 「夢」か「安定」か? 〜超就職氷河期に二度内定を捨てた話し PART10〜

前回のあらすじ


まさかの展開になってしまった…


僕らのグループはクラス代表として、200人の前で発表をすることになったばかりか、小林先生に代わり研修をすることになってしまった。


その研修は、自分たちがどんな風に発表をするのかをクラスのみんなと考えるというものだったが、結果は惨敗。


発表できるどころか何も決まらないまま終わってしまい、まさに「当たる前から砕けろ!」状態になってしまったのである。


そんな状況の中で唯一の救いであった小林先生も僕らを見放してしまい、武器も作戦も無いまま僕らは「200人の前で発表」という戦場にかり出されることになったのである…


「チームワーク」


午前中の研修は衝撃的な形で終わってしまい、僕は唖然としたまま昼休憩を迎えることになった。もちろんのんきにご飯を食べている時間は無く、少しでもまともな発表ができるように班のみんなで話し合った。


クラスのみんなもあまりに中途半端な形で終わってしまったためか、僕らのテーブルに集まってくれてみんなで「どうやっていこうか?」と協力してくれたのである。誰一人、昼休憩には行かずに!


最初はテンパっていた僕もその状況を見て嬉しい気持ちになれた。まだ3回程度しか顔を合わせていないけど、こうやって一致団結して少しでも良い形で発表できるよう力を貸してくれる。知らず知らずの内に僕らのクラスの信頼関係は大きくなっていたのだ。


「なんとかして昼休憩の間にまとめれるようにしよう!」


みんなの協力してくれる姿を見て僕はもう一度頑張ろうと思えた。時間はわずかに1時間、その間にさっきの研修ではまとめることが出来なかった案を作り出さなければいけない。


「みんな何でも良いので意見はありませんか?」と大塚さんもいつの間にか気合いが入っていたのか、大きな声でみんなに質問してくれた。しかも今は昼休憩なので小林先生がいない。


さっきは黙っていた就活生たちもここぞとばかりに意見を言ってくれた。そしてその意見の一つひとつを奥村くんが一生懸命にホワイトボードに書いてくれた。


僕も何とか無い知恵を絞り出して良いアイデアはないかと考えていた。


ただし制限がある。さっき小林先生に言われたみたいに発表の形を大きく変え過ぎることはNG!基本は僕らの発表の仕方に色を加えるようにまとめていかないといけない。


それが難しいのだ!!みんなの意見を聞けば聞くほどやっぱり形は変わってしまう。最初は付け加える形で話していても、いつの間にかまったく違う形になってしまう。


これにはみんな頭を悩ませていた。小林先生からの指摘はクラスみんなが聞いていたので、誰もがその条件をクリアしないといけないことはわかってくれた。


切羽詰まった状況なだけに意見はたくさん生まれるものの、それを冷静にまとめるだけの余力が僕含めて大塚さんも奥村くんにも無かった。何度も何度もホワイトボードに書いては消してを繰り返しながら僕らは悩んでいた。


そうこうしている間に40分くらいが過ぎてしまい、もはや全員疲労のピークと空腹のピークに差しかかってしまった。そりゃそうだ、朝からずっと考え続けているばかりか、誰もお昼ご飯を食べに行ってないのだから。


僕も半分意識がぼ〜っとなりながら「どうしようか…」と悩んでいたが、その反面満たされる気持ちもあった。約40名近くの就活生が僕らの発表のために必死になって考えてくれる…もはやそれだけでじゅーぶんではないか?発表の場で失敗しようが恥をかこうが良いのではないかと。


それは諦めから言っているのでは無く、うまく発表できること以上に何か大切なことを学べたからだ。その時一瞬、なぜか僕はインターンのときに聞いた杉村さんの話しを思い出していた。

みんなの読んで良かった!