高校の同級生のさっちゃんとぼく

1 / 6 ページ

今日はぼくが高校のころ同級生だったさっちゃんとの話しをしたいと思います。
入学して間もないころ、ぼくはさっちゃんと知り合いました。ぼくにはたくまという中学の同級生がいましたが、彼とは別のクラスでした。たくまは明るくみんなの人気者というかんじでした。そんな中、たくまを介してたくまと同じクラスのさっちゃんと知り合いました。
彼は小柄で、外国人のような風貌でした。
茶髪で、瞳の色は明るいブラウンでした。
聞いてみたら母がアメリカ人 父が日本人のハーフでした。


ぼくはたくまのとなりにいるさっちゃんに話しかけました。


たくまと同じクラスなんだ、名前なんていうの?


あ、おれ さち!さっちゃんて呼んで!
おっけ!おれ まさだからよろしく!
家の電車の方角が一緒だったため、その日から、登校中などでちょいちょい話すようになりました。


ぼくはサッカー部に入ろうと思っていて、さっちゃんもサッカーをやっていたこと。サッカーのポジションの話し。
小さいころはアメリカに住んでいたこと。担任の先生の話し。たくまの話し。
そんなような日々を送ってた夜、さっちゃんからメールが来ました。

「あのさ、まだ言ってなかったんだけど、おれ心は男だけど身体は女なんだよね、まさにそれ知っておいてほしいと思ってさ!」
さっちゃんは男子の制服を着てました。


ぼくは、そんなこと言われた経験なかったので少し驚きましたが、だからといって友達をやめるわけではないので、


「そうなんだ、別にだからといってさっちゃんはさっちゃんだから関係ないべ!てか、わざわざ言ってくれてありがとうね!^_^」


と、気持ちを伝えました。
数分するとブーっとまた携帯が鳴り、
「おお、そんなふうに言ってくれると思わなかったから まさ ありがとうな!これからもよろしく!」
と返事がきました。
その後 ぼくはさっちゃんが女子サッカー部に入ったことを知りました。


しかし、さっちゃんは 明るく 社交的で友達想いで、男子からも女子からも慕われてました。
ぼくも、さっちゃんとは、


みんなの読んで良かった!