徒然なるままに (5) 製造業起業の困難性/ Writings with idle ramblings (5) Difficulties in Starting Manufacturing Business

前話: 徒然なるままに (4) 私の仕事の仕方 / Writings with idle ramblings (4) My Way of Working
次話: 徒然なるままに (6) 親離れ、子離れ/ Writings with idle ramblings (6) Independence from parents and children

“安くて良いものを大量に供給する”という故松下幸之助氏が唱えた水道哲学はすばらしい考え方のようで、発展途上の過去の日本には必要だったかもしれない。日本人の生活水準が向上した理由の一つはこの考えの実践だったのかもしれない。しかし、資源、環境を長期的にかつグローバルに考えればこれは良い発想ではない。良いものはそれだけ付加価値が高いのだから、相応に高く売るビジネスモデルが可能で、それで従業員を幸せすることができる。

資源の大量使用と大量消費を安価に可能にすると以下の弊害が出てきます。

   物、商品が貴重な原料資源から作られていることを忘れる。

   商品が完成するまでに関わってきた人々の努力、苦労を正当に評価していないことにもなる。

   お金の価値を見失う。

   衝動買いの率が高くなり、ゴミが増える。

   安価な商品は、現在では先進開発国が労働力の国別格差を利用して他者の利益や資源を搾取して実現していますが、それはフェアトレードの精神に反し罪です。

これらの理由から、これからの製造業の起業には「適正価格で良いものを必要数供給する」姿勢が必要です。この考えに従って、製造業ビジネスの起業は容易ではありません。

参考意見

 「お金を払えば手に入るもの(設備、アルバイト労働力など)で勝負をかけるな!!お金で手に入るものはいずれ誰かが追ってくる。」

 「東南アジアとの「時差」で救われて、あるいはその時差で稼いできた企業にとってはたいへんに辛い時間帯になってきました。」 

このシリーズは火曜日に連載します。写真や参考資料は以下のサイトを参照下さい。

https://www.facebook.com/kamamototsuguru

 The late Konosuke Matsushita's philosophy of supplying large quantities of cheap, good quality products sounds like a wonderful idea, and it may have been necessary in Japan's developing past. One of the reasons for the improvement of the Japanese people's standard of living may have been the implementation of this philosophy. However, this is not a good idea if we think about resources and the environment on a long-term, global basis. If the products are good and have high added value, it is possible to create a business model that sells them at a commensurately high price and keeps the employees happy.

 Enabling mass use and mass consumption of resources at low cost has the following adverse effects.
* Forgetting that goods and products are made from precious raw material resources.
* We do not value the effort and hard work of the people involved in the completion of the product.
* Losing sight of the value of money.
* The rate of impulse purchases increases, and the amount of waste increases.
* Cheap goods are now realized by developed countries taking advantage of national disparities in labor to exploit the profits and resources of others, which is against the spirit of fair trade and a sin.
 For these reasons, future entrepreneurship in the manufacturing industry requires an attitude of "supplying the necessary number of good products at a fair price. Following this idea, starting a manufacturing business will not be easy.
 Reference Opinion
 Don't compete on what you can get for your money (equipment, part-time labor, etc.)! What you can get for your money, someone will eventually come after you."
 It's getting to be a very difficult time for companies that have been saved by, or have made money from, the time difference with Southeast Asia."

Serially posted in Japanese and English on Tuesdays.

Please refer to the following site for the pictures and/or references.

https://www.facebook.com/kamamototsuguru

ストーリーをお読みいただき、ありがとうございます。ご覧いただいているサイト「STORYS.JP」は、誰もが自分らしいストーリーを歩めるきっかけ作りを目指しています。もし今のあなたが人生でうまくいかないことがあれば、STORYS.JP編集部に相談してみませんか? 次のバナーから人生相談を無料でお申し込みいただけます。

続きのストーリーはこちら!

徒然なるままに (6) 親離れ、子離れ/ Writings with idle ramblings (6) Independence from parents and children

著者のKarl Kamamotoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。