自分だけの「幸せ」を見つける方法【第2章】

1 / 3 ページ

前編: 自分だけの「幸せ」を見つける方法【第1章】

第2章「イドと仲良くなる!」

自分の価値観、分かったー?

もうちょい深堀して、「イド」に会いに行こう。

「イド」ってなにって?

「イド」は内面に隠れたもう一人の自分だよ。

衝動とか、欲望とか、感情そのものだね。

例えばさっきの場合、

頑張ったのを認めてほしい。テストは100点取って当たり前。友達より頭悪いとか嫌だ。

言い換えると、こういう事にならない?

→他人に認めてほしい

→完璧じゃないと嫌だ

→友達より優れていないと嫌だ

ブラックー!

そいつはわがままな「イド」だからさ。

でも「イド」も結局自分の一部だから、認めてあげなきゃいけない。

「イド」はすごく強力。だって「無意識」の支配者だからね。

それに対して、「エゴ」は「今、この瞬間、意識している自分」

つまり「意識」の支配者で。

今これを意識的に読んでるのが「エゴ」の方だよ。

「イド」は何しているかって言うと、「この文章面白くないなー。」とか「部屋暑いなー」とか

「かき氷食べたいなー」とか後ろの方でくすぶっている自分。

「エゴ」は「イド」が何を感じているか注意深く観察しないと、認識できないかもしれない。

取りあえず、どんなに「エゴ」で頑張っても「イド」と上手く付き合っていかないとダメなんだ。

目指さなきゃいけないのは、「イド」と「エゴ・スーパーエゴ」が仲良くなること。

私の解釈だと

「イド」=内面の自分。感情と無意識を支配している超強力な自分。

「エゴ」=意識できる自分。全体のたった5%だけど、「イド」と仲良くなることができる理性的な自分。体を動かして、行動を起こすことで「イド」の力を引き出せる。「イド」と「スーパーエゴ」の調整役。

「スーパーエゴ」=理想の自分(別にエゴとスーパーエゴは結構近いので、区別しなくてもいいかも。)

例えばこんな感じ。

みんなの読んで良かった!