20歳でニュージーランドにワーホリに行ったら、渡航2週間で貯金が底をついた件

1 / 4 ページ

2008年3月16日。

平田は大学3年生を休学しニュジーランドにワーキングホリデーとして単身、降り立った。


そもそも、ニュージーランドに渡航しようと思ったキッカケがあった。

2006年に関西学院大学に進学をし、入学をした学部は「神学部」。牧師を養成する学部だった。平田は望んで神学部に入学をしたもの、学部コンプレックスだった。大学で出来た友だちからは「神学部って何勉強してるん〜?ケラケラ」「毎日お祈りとかしてるの〜?笑 ゲラゲラ」などと言われ、笑われた。

今となっては「んなことないわ!」と笑って跳ね返すことが出来るが、当時の平田は傷ついた。

それが嫌だった。シクシク

(卒業した今は、とても良い大学だと思うし、神学部を卒業したことは誇りに思う)


新歓などで自己紹介をする時は大学の名前しか言わずに終わらせることも多々あった。

しかし、それが逆に現実を見させてくれた。


「すっげー嫌やけど、確かにな。このまま学生生活を送り就活を迎えても面接官からも認知されないかもしれない。ってことは、何か人と違う学生生活を送らないとな」と思った。


「大学では留学に行きたいなー」と高校生の時に思っていたので「留学でもいきゃーいいか」なんて考えていた。が、1回生の春学期の必修科目である英語の単位を落とした。留学制度に申し込みを出来るそもそもの権利をなくした。

ちーん。

大学をナメテマシタ。スイヤセン。

(学生のみなさん、授業はマジメに出席をし単位はちゃんと取得しましょう。特に必修は!)


平田は「自力で行くしか方法がなくなったいま、どけんとせないかん!」と思いニュージーランドにリベンジにいくことにした!リベンジというのも高校生の3年生の時に親戚(南島の街、クライストチャーチ)が住んでいたことがキッカケで親の金で1ヶ月滞在し遊び倒していた。(たくさんのお兄さん、お姉さんに深夜まで仲良く遊んでもらいました。初めてのタクシー帰りを経験する)


「次行くからには親、親戚の力(資金・宿泊場所)を借りずに独力でいこう!」なので、自称リベンジ。

自分の生きる力がどこまで通用するか試してみよう!なんてそんなにかっこいいことを思ったかどうかは忘れたがとにかく行くことを決めた1年生の夏休み。


そこから度重なる友達、先輩からの遊びの誘いを断りまくりバイトにバイトを重ねた。

1、2年生の間で貯めたお金はなんと50万円。


(少ないと笑わないで!!)


ワーホリの準備を着々とすすめ、2008年3月16日早朝。

両親と友人に見送られながら「ありがとう!いってきます!」と短く挨拶をし期待と不安に胸を膨らませながら颯爽と関西国際空港の出国ゲートを潜り抜けた。

覚悟を決めた背中を日本に向けて飛び立った。


飛行機代10万円と旅行者保険代10万円を支払い残金30万円。

その時の写真。(右はしが平田)


(途中、韓国に2泊立ち寄り様々な経験をするがそれは後日)


長旅を終え、ニュージーランドに降り立つ。

みんなの読んで良かった!