1年間のカナダ留学から帰る途中の話。「マニラエキサイティングすぎるぞおい」②

1 / 3 ページ

前編: 1年間のカナダ留学から帰る途中の話。「マニラエキサイティングすぎるぞおい」①

 1年間のカナダ留学から帰る途中のフィリピンの空港での話。


前回のあらすじ:Kはお金のない絶望的な状況の16歳の青年を助けようと青年と一緒にインフォメーションセンターに向かう。するとそこに、お金も持ちそうなフィリピン人のおじさんが日本語で話しかけてくる。

Kが発展途上国の空港での出来事に苦悩しながらも、いろいろなことを学んでいくストーリー。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カフェのwifiが100ペソかかるということで悩んでいたら、金持ちそうなおじさんから日本語で、「羽田から来たんですか?」と聞かれた。

そして俺は「いいえ、明日成田に帰ります。」と答えた。日本語で。

そのおじさんになぜかはわからないけど興味を惹かれた俺は、「逆になんでそんな質問をしたんですか?」と聞いて見た。

そしたら、「羽田から来る日本人を待っています。」と答えてきた。

さらに、そのおじさんは自分からタレント事務所を経営して、日本にフィリピンからタレントを送っていると言う。

正直字ズラだけ眺めていると、嘘くさいがそのおじさんの身なりや使いパシリを扱うそのそぶりから、そんな疑いを持つことはなかった。

俺自身もこのおじさんすげえってことで結構テンション高めでおだててたら、ここに来た理由を聞かれた。

それで彼の彼女と連絡を取るためにwifiを使うことができるというこのカフェまで来たという経緯を説明した。

でも俺金ないんだよなといってたらそのおじさんがおごってくれるという。

いきなり知らない人におごってもらうなんて、申し訳ないし、気まずいと思っていたんだが、フィリピン人の気質に負け、素直におごってもらうことにした

そこでさらに自分がバンクーバーから来たことや、今夜空港で泊まる予定だということを話していたら、めちゃくちゃ心配されて、

さらに2000ペソ俺にくれた。

「マジかよ」と思いつつ、実際それがどのくらいの価値かもわかってなかった。(※日本円で4400円くらい。フィリピン人の平均月収は約20500ペソなので現地の一般人からしたら1~2万円の価値はすると思われる。)

そこで俺は完全にそのおじさんはいい人だと信じ切っていた。

話しは盛り上がって、とりあえず空港で一夜を過ごすのは危ないと強く指摘された。

フィリピンについて全く基礎知識がない俺はそうなのかなとほぼ信じてそのおじさんの言うホテルに一泊しようか本気で考えるようになった。

その瞬間俺はそのおじさんを怪しいと思うよりただコーヒーをおごってもらい、2000ペソもらい、もうこれ以上おじさんに迷惑かけられないと言う理由から答えを渋っていた。

そんなこんなで迷っていたら、後ろにいた全く関係のない日本人が話しかけてきた。

そのおじさんはすごく優しそうで、ただ今はバンクーバーからマニラに直通便があるんですか?と聞いてきた。

「はいそうです」と答えて

その人とちょっと会話を始めた。

内容は今、フィリピン人のおじさんと話していたホテルのことに写って行く。

確かに空港は危ないと言われた。

職員も荷物盗む人だっているよと聞いて、その瞬間まじでそのフィリピン人のおじさんについて行こうかと思った。

けど、日本人のおじさんはさらに話を続けて、フィリピン人のおじさんが誰かと電話してるうちに、小さくこの人怪しいよ。
ついてかないほうがいいよ。ってのをジェスチャーと小さな声で教えてくれた。

そこでやっと俺はそのフィリピンおじさんを疑い始め、

話がよすぎるぞ、と。

そんで日本人のおじさんはバスを待っていたらしく、俺も街の中心に行くから一緒に来てもいいよ。そして、4,5000円払って安全なホテルに泊まったらいいよとアドバイスをくれた。(※その日本人も皆さんは信じてはいけません。もし彼が本当のことを言っていたとしても、外で話しかけてきた人を信用してはいけません。海外では日本人が日本人観光客を騙すことも日常茶飯事です。)

今度はその人について行くか迷い始め、かなり悩んだ。

もうその時はその彼のことなど忘れていた。

でもやっぱり今の俺に4,5000円は大金だし、彼を彼女に合わせる使命も果たせてないし、悩みに悩んだ挙句残ることに決めた。

その日本人おじさんはそのままバスに乗って消えた。

今度はまたそのフィリピンおじさんと相手しないといけない。

しかし、そのおじさんはもうちょっと待ってたら、タレントたちも飛行機から来るし、ホテルも紹介してあげるよと繰り返し繰り返し行ってくる。

すっかり化けの皮が剥がれたおじさんからいかに早く、ことを大きくせずに逃げられるかだけを考え出していた

俺はその状況から逃れるために彼の彼女が待っているからと行って速やかに且つ穏便に立ち去ろうと

最後のほうはおじさんも信じてないでしょ、と聞いてきた。終始いい人であることは変えなかった

フィリピンおじさんも俺らが怪しんでることに気づいてて少し諦めてるようだったのがチャンスでもあった。

みんなの読んで良かった!