僕と彼女の遠距離物語~クローバー~①

次話: 僕と彼女の遠距離物語~クローバー~②告白

2006年12月16日午前11時頃、僕は岡山駅にいた。

これから2日間にわたる任務を遂行させるためだ。





その任務とは「彼女の実家最寄の駅で待ち合わせ、びっくりさせよう」ということである。




彼女の名前はほたる高校3年生だ。


母親が厳しく高校を出るまで異性との交際を禁止されている。

それが見つかれば即刻別れろということらしい。

言わば僕と彼女の関係はある意味では「禁断の関係」とでも言えるのではないだろうか。


彼女にとってみれば僕が初めての彼氏になる。

彼女の恋愛の中で巻き起こることはすべて初体験と言うわけだ。

ともなれば、決してあとあと尾を引くような恋愛はしたくない。


そう僕は思った。




彼女との出会いは現代社会らしくインターネットが原点だった。




断っておくが「出会い系サイト」での出会いではない。



僕は、ブログを書いていた。 つまりこのブログである。




「ゆずの陽はまた昇るのコード耳コピしました!!!

 知りたい方はプロフにあるメアドからメールください!!」 




そんな内容の記事を書き上げた。

僕の中では誰も送ってこないだろうなって思っていた。


しかし、数日後1通のメールが届く。




彼女からだった。

それが彼女との初めてのメールでのやりとりだった。


彼女のメールは、当時高校2年生とは思えないくらいしっかりとした文章だった。


僕としては、初めてのゆずっことの交流、ましてや女の子とあって、少々テンションが高かった。




「メッセンジャーとかで話しませんか?」




ごく当たり前にそう切り出した。そうやって僕らのストーリーが始まった。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

僕と彼女の遠距離物語~クローバー~②告白

著者の岡田 裕樹さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。