天国へ旅立っていった馬鹿な友人へ

1 / 2 ページ

後編: 天国へ旅立っていった馬鹿な友人へ2

 空に旅立った俺の馬鹿な友人に捧ぐ


貴方にとって大切な人はいますか?

もしもいたら大切にしてください。

大切なものを無くして気づく馬鹿な俺のような真似にならないように…。


第一章 招かれざる客は訃報を持ってやってくる



それは2009年の冬衆議院選挙投票前の出来事だった。

民主党の大勝でまさに日本中に革命の風が巻き起こる中

俺にも風が吹いていた

俺は望む方向とはむしろ逆のほうに…

おかん
あんたお客さんよ
はぁ?客
おかん
うん知らない人。でも向こうはあんたを知ってるみたいよ
何だそれ?ん、わーった行くよ。

普段の会話

普通の生活

俺の日常はこれまでどおりクソつまらない

代わり映えのない日常のはずだった

だけどそいつは持ってきた

超ど級の案件を持って…


見知らぬ男性
やぁ久しぶり
おっ…おう(誰だこいつ)
見知らぬ男性
今回相談にあがったのは今回の選挙の件でさ
あーそうゆうことね。もう事前済ませたからよ。力になれねぇぜ。(うんやっぱわからん)
見知らぬ男性
あーそうなんだ。
すまねぇな。


そもそも変な話と思うかもしれないが

俺は人の名前と顔があまり一致しない。

そしてこいつに会ったのは、5年前の一度きり

粉だらけになりながらクリスマスケーキを野郎4人で作った仲だ

こいつと俺の友人二人はつながっており

俺はそのつながりでこいつとであった。

よくわからないと思うので人脈を整理すると

俺>>>>友人A>>>>友人B>>>>>>>>>>>C

親密度でいえばこんな感じになる。

実は俺はこいつの名前を知らない

それぐらいの仲だと思ってくれていい

まぁここまでは普通だった

極まれにある選挙活動を持ってきた招かれざる客

そんなもんだ

問題はここからだ。


C
いや・・・今日来たのはもうひとつあってさ
(茶を勧めながら)まだ何かあるのか?
C
Bが亡くなったんだ。
おま・・・用件と追伸が逆!!!!
今すぐ行くぞ!!Bの家案内しろ!!!

俺は車に飛び乗り、車を走らせた

深夜帯?ご迷惑?知ったことか!!

みんなの読んで良かった!